BOOK、CDなど

BOOK、CDなど購入時の確認メモ。コンサート、旅行などスケジューメモ。多分、他人は見ても参考にならないと思う・・・

020-2016/10/12・水~北海道立旭川美術館~歌麿とその時代

2016年10月13日 | 美術展

2016/08/26・金~2016/10/16・日~北海道立旭川美術館~歌麿とその時代

期 間 2016/08/26・金~2016/10/16・日、休館日~10/11 09-17時 

場 所 北海道立旭川美術館

入館料 920円


喜多川 歌麿(きたがわ うたまろ、宝暦3年(1753年)頃? - 文化3年9月20日(1806年10 月31日))とは、江戸時代の日本で活躍した浮世絵師。


ネットオークションでゲットした歌麿の小町引き、2枚で約3万円、裏打ちあり、トリミング、汚れあり、虫食いあり、補修痕あり、よって安価、美品なら50万円する、紫外線を気にせずに飾って鑑賞している、マニアなら和紙に挟み込み桐箱に保管しないとならない、私が死んだらゴミとして処分か、再びネットオークションだね。


2016/09/30、釧路市立美術館の広重展は、先客は老夫婦2人だけで静寂、閑散でゆっくり鑑賞できて最高だった。

東京なら大混雑で鑑賞もままならない。

五十三次が2種類、53×2、106枚が展示、保永堂版は有名、丸清版は知らなかった。

北海道立旭川美術館の人出は、どうだろうかな?


北海道立旭川美術館の人出は、20名前後。

歌麿、英山、英泉、栄之、写楽、豊国、国芳など130点展示、ゆっくり鑑賞出来た、建物が立派、駐車場も完備。

館内のコーヒーショップで休憩する。

旭川は寒くて風邪気味になり体調は最悪。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« War movies best full length... | トップ | 2016/10/12・水-2016/10/13・... »

あわせて読む