BOOK、CDなど

①BOOK、CDなどの購入メモ。②競馬、株式、コンサート、旅行などの予定と結果メモ。③個人的なメモ。スルーして・・・

net news <受動喫煙>医療費3231億円 14年度・厚労省推計(毎日新聞)~アルコール依存症の弊害も多い。私は、アルコールの製造、販売の禁止までは望まないが、制限を希望する。

2017年05月27日 | ニュース

net news <受動喫煙>医療費3231億円 14年度・厚労省推計(毎日新聞)~アルコール依存症の弊害も多い。私は、アルコールの製造、販売の禁止までは望まないが、制限を希望する。

 たばこを吸わない人が受動喫煙によって、肺がんなどになり余計にかかった医療費は2014年度の1年間で約3231億円にのぼることが、厚生労働省の研究班の推計で明らかになった。

 研究班は国の検討会が16年度に発表した「たばこ白書」で、受動喫煙と病気との因果関係が「十分ある」とされる肺がん、虚血性心疾患、脳卒中の3疾患について分析。職場や家庭での受動喫煙を考慮し、40歳以上の患者数や、喫煙の有無による病気のなりやすさなどを基に推計した。

 その結果、受動喫煙によって肺がんになるのは約1万1400人で約335億円、虚血性心疾患は約10万1400人で約955億円、脳卒中は約12万9600人で約1941億円だった。また受動喫煙による疾患で、患者が入院治療した場合、仕事の欠勤などによる生産性損失は年間約821億円だった。

 研究班は喫煙者の医療費も推計した。たばこを吸うことで胃がんや肺がん、虚血性心疾患などになって、かかる医療費は年間約1兆1700億円に上る。

 調査を実施した五十嵐中・東京大大学院特任准教授は「たばことの因果関係が確実な疾患に絞っても、これだけ大きな社会的損失があることが改めて示された。たばこに関しては経済損失だけでなく健康面への影響も大きいことを考慮して対策を検討することが必要だ」としている。【細川貴代】

喫煙の弊害ね。
喫煙率が低下しているのに肺ガンが増加。
統計、何か根拠かな?

受動喫煙についての研究がなされていない。
喫煙者が1番、受動喫煙。
喫煙者が減少、喫煙場所が制限、受動喫煙も減少。
それにもかかわらず、肺ガンが極端に増加。
統計上、何か異常。
タバコへのバッシングが異常。

アルコールの弊害。
アルコール依存症、肝臓疾患など。
私は、暑い時に冷たいビール、寒い時に焼酎のお湯割り。
継続して飲酒して、γ-GTPが上昇、肝臓には良くない。
現在は、時々しか飲酒しないし、月に2、3回、余り飲酒しないし、したくない。

アルコールのコマーシャルが多すぎる。
日本酒、ワイン、ビール。
ムカツクほど、多い。

ワインで町おこし、やめてほしい。
所詮、アルコール。
厚労省は、アルコール依存症について、熱心さに欠けている。
タバコへの攻撃は、簡単、たばこ産業JTの1社だけ。
タバコをバッシングするなら、アルコール飲料もバッシングしてよね。
 
アルコールへの攻撃は、危険。
アルコール業界からバッシング、反発が凄いだろう。

アルコール依存症の弊害も多い。
私は、アルコールの製造、販売の禁止までは望まないが、制限を希望する。
(2017/05/27)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« net 食べて応援 福島県産の... | トップ | net 平凡な内科医がストレー... »

ニュース」カテゴリの最新記事