BOOK、CDなど

①BOOK、CD等の購入メモ。②コンサート、旅行等の行事メモ。③株式、競馬等の損益メモ。④個人的メモです‥‥

net news “TPP法案”混乱の中の採決で国会審議は今後どうなる?~多数決を否定する民進党、マスコミ。

2016年11月07日 | ニュース

net news “TPP法案”混乱の中の採決で国会審議は今後どうなる? 

野党が猛反発する中、与党が採決に踏み切りましたが、今後の審議はどうなるのでしょうか。国会から報告です。

与党側は、TPP承認案などを来週8日にも衆議院を通過させたい考えです。一方、野党側は廃案を目指して徹底抗戦する構えです。

「安倍総理は強行採決なんて考えたこともないと言いましたけど、うそじゃないですか。今まで見た中で一番ひどい強行採決ですよ」(民進党 今井雅人 TPP特別委理事)

野党側は、山本大臣の自発的な辞任を今後も求めていく方針ですが、与党側はこれに応じない構えです。

野党4党は4日夕方、衆議院の大島議長に「不正常な中での状況で行なわれた採決であり、受け付けないでいただきたい」と申し入れました。

ところで、今回の混乱は、国会の別の審議にも影響を与えています。地球温暖化対策のための新たな国際的枠組み「パリ協定」について、4日の衆議院本会議で承認される見通しとなっていましたが、本会議が開けず、4日の承認は見送られる事態となっています。(2016/11/04)


自公民が多数を占めている。

多数決なのに、なぜ、強行採決という記載をする?

マスコミが理解できない。

多数決が民主主義の基本。

多数決により、民主的に可決したと記載するマスコミは存在しないね。

民主主義の基本を否定する民進党、マスコミ。

多数決を否定する民進党、マスコミ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« net news 「結婚したくない... | トップ | net news 電通本社と支社を... »

あわせて読む