BOOK、CDなど

BOOK、CD、DVD、LP等の購入メモ。コンサート、旅行等の行事メモ。株式、競馬等の損益メモ。個人的メモです。

news 明治の津波教訓 死者ゼロ不明1人 高さ15メートルを超える防潮堤と水門が普代村を守った。(読売新聞)

2017年03月21日 | ニュース

news 明治の津波教訓 死者ゼロ不明1人 高さ15メートルを超える防潮堤と水門が普代村を守った。(読売新聞)

 津波で壊滅的な被害を受けた三陸沿岸の中で、岩手県北部にある普代村(ふだいむら)を高さ15メートルを超える防潮堤と水門が守った。

 村内での死者数はゼロ(3日現在)。計画時に「高すぎる」と批判を浴びたが、当時の村長が「15メートル以上」と譲らなかった。

 「これがなかったら、みんなの命もなかった」。太田名部おおたなべ漁港で飲食店を営む太田定治さん(63)は高さ15・5メートル、全長155メートルの太田名部防潮堤を見上げながら話した。

 津波が襲った先月11日、店にいた太田さんは防潮堤に駆け上った。ほどなく巨大な波が港のすべてをのみ込んだが、防潮堤が食い止めてくれた。堤の上には太田さんら港内で働く約100人が避難したが、足もとがぬれることもなかった。

 村は、昆布やワカメの養殖が主な産業の漁村で、人口約3000人は県内の自治体で最も少ない。海に近く狭あいな普代、太田名部両地区に約1500人が暮らし、残る村人は高台で生活している。普代地区でも高さ15・5メートル、全長205メートルの普代水門が津波をはね返した。

 防潮堤は1967年に県が5800万円をかけ、水門も84年にやはり35億円を投じて完成した。既に一部が完成し60年にチリ地震津波を防ぎ、「万里の長城」と呼ばれた同県宮古市田老たろう地区の防潮堤(高さ10メートル)を大きく上回る計画は当初、批判を浴びた。

 村は1896年の明治三陸津波と1933年の昭和三陸津波で計439人の犠牲者を出した。当時の和村幸得村長(故人)が「15メートル以上」を主張した。「明治に15メートルの波が来た」という言い伝えが、村長の頭から離れなかったのだという。

 今回の津波で、宮古市田老地区は防潮堤が波にのまれ、数百人の死者・不明者を出した。岩手県全体で死者・行方不明者は8000人を超えた。

 普代村も防潮堤の外にある6か所の漁港は壊滅状態となり、船の様子を見に行った男性1人が行方不明になっている。深渡宏村長(70)は「先人の津波防災にかける熱意が村民を救った。まず村の完全復旧を急ぎ、沿岸に救いの手を伸ばす」と語った。

 

当時の和村幸得村長は、想定していた、立派。
計画時に「高すぎる」と批判を浴びたが、当時の村長が「15メートル以上」と譲らなかった。
批判を跳ね返して、15メートルの防潮堤の建設実行。
行政のかがみ。

一方、「万里の長城」と呼ばれた同県宮古市田老地区の防潮堤(高さ10メートル)は、役立たず。
宮古市田老地区は防潮堤は。波にのまれ、数百人の死者・不明者を出した。
宮古市長、田老地区の責任者は、無能。
役立たずの防潮堤を建設した責任は大きい。

福島の原発を設計、施工した技術者、東電の幹部は、和村幸得村長を見習ってほしかったね。
和村幸得村長は、想定していた、予見していた。
この村長の存在がある。
想定外だった、との責任逃れは出来ないよ。
政府、福島県、東電は、賠償責任を果たさないとならない。

原発の国策に対峙した福島県知事佐藤栄佐久は、突然逮捕され「 収賄額0円」という奇妙な判決で有罪となった。
原発誘致したのは 民主党の渡部恒三議員。
そして原発容認派の佐藤雄平を知事を選択したのは、福島県民。
渡部恒三議員佐藤雄平知事の利権を押した、福島県民に罰が当たった。
福島県の一部を居住出来ない地域にした責任がある。

更に、福島県の農業者、漁業者は、汚染して農産物、水産物を市場に流通させようとしている。
福島県の農業者は、汚染した農地で農産物を生産しないでほしい。
福島県の漁業者は、汚染して海域で、水産物を捕獲しないでほしい。

被災者の立場から、他の都道府県の人たちに、害悪を与え加害者の立ち位置を選択。
甘い検査数値で市場に流通させようとしている。
外国から、信頼を失い、輸入禁止になった。
国内では、甘い検査数値で検査済で、農産物、水産物が市場に流通している。
他の都道府県の人たちは、買わない。
必ず福島県産は、売れ残る。
政府、NHK、マスコミは、購入を促進しているが、もう騙されないよ。
売れ残った福島産の農産物、水産物は、産地偽装で流通。
諦めるしかない。

防ぐには、下の方策だけ。
福島県の農業者は、汚染した農地において、農産物を生産しないこと。
福島県の漁業者は、汚染して海域において、水産物を捕獲しないこと。
狡猾な資本主義者、利己主義者だから、無理。
嫌な福島県民、避難地で排斥される要因。
堕落した福島県民、支援したくない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年3月20日(月)第31回フ... | トップ | net news 福島避難の児童生... »

あわせて読む