BOOK、CDなど

①BOOK、CD等の購入メモ。②コンサート、旅行等の行事メモ。③株式、競馬等の損益メモ。④個人的メモです‥‥

net news 受信料訴訟、東横インに全部屋分の支払い命令 19億円~裁判官は、国家公務員、NHKは準公務員、仲間であり、友達のようなもの、公平性は期待できない、これが現実。

2017年03月29日 | ニュース

net news 受信料訴訟、東横インに全部屋分の支払い命令 19億円~裁判官は、国家公務員、NHKは準公務員、仲間であり、友達のようなもの、公平性は期待できない、これが現実。

 ホテル各室にテレビがあるのに受信料が支払われていないとして、NHKがビジネスホテルチェーン大手「東横イン」とグループ会社に計約19億3千万円の支払いを求めた訴訟の判決が29日、東京地裁であった。中吉徹郎裁判長はNHKの主張を大筋で認め、請求額とほぼ同額の支払いをホテル側に命じる判決を言い渡した。

 判決は、同グループの235のホテルにある約3万4千部屋について、受信料の支払い義務がある、と指摘。ホテル側は、これまで一定の割合の客室のみ受信料契約することでNHKと合意をしていた、と主張したが、判決は「放送法はNHKによる恣意(しい)的な契約免除を認めておらず、合意が成立していたとは認められない」と判断した。

 東横イン側の代理人弁護士は「この判決の結論には到底承服しかねますので、控訴いたします」とコメントした。

 受信料の支払いをめぐっては、NHKの不祥事が相次いで発覚したことをきっかけに支払い拒否が増加。NHKは受信料の公平な負担を図るとして06年から法的手段に乗り出した。11年からは未契約世帯への訴訟も始めた。最高裁は受信料契約を拒否した男性の訴訟について大法廷で審理することを決めており、放送法が憲法に違反していないか、受信料制度について初判断を示す。(塩入彩)

NHK、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞などマスコミは、嘘の報道が多い。
NHK、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞などが安全と報道⇒危険
NHK、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞などが危険と報道⇒安全
逆に受け取るのが、おおむね正しい。

福島県産、東北産の農産物は安全です。⇒危険

NHKは、国営放送、国策会社。
朝日新聞、毎日新聞、読売新聞などは、民間会社。
朝日新聞、毎日新聞、読売新聞などは、購読しない自由がある。
NHKには、放送法で設立、保護されている。
虚偽報道するNHK、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞など
やらせの報道するNHK、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞など
ウンザリ。

東横インは、虚偽報道するNHKには、支払いたくない。
東横インは、やらせ報道するNHKには、支払いたくない。
NHKには、存在の意味がない。
なぜなら、正確な情報を提供していないから。
放送法は、悪法、改正するべき。
NHK廃止、廃止が無理なら縮小。
職員は、高額な給与を取り過ぎ。
情報公開してない。
独占企業。

NHKは、ニュース、天気予報に限定するべき。
ニュースに対して、MCのコメントはいらない。
情報操作するような報道はすべきじゃない。
右寄り、中道、左寄りの意見を報道すべき。
賛成派、中間派、反対派、多岐にわたる意見を報道すべき。
NHKの方針、当該方針をMCがコメントし、誘導するのは、問題。
裁判官は、国家公務員、NHKは準公務員、仲間であり、友達のようなもの、公平性は期待できない、これが現実。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« net news 「てるみくらぶ」... | トップ | net news 光と影の国鉄民営... »

あわせて読む