まんじゅうのつぶやき

まんじゅうです。司書をしている一女の母です。
読んだ本の感想や日々のつぶやきを。
鶏頭なので忘備録を兼ねています。

最近の読書

2017-06-11 07:32:45 | 愛車
今日も暑くなりそうですね。
お仕事行ってきます。

さて 最近の読書ご紹介します。

小松エメルの「うわん」第二巻。
うわんは相変わらず姿も何考えているか分からないところも不気味ですが・・
主人公の淡い恋。妖怪うわん・・・この先どうなるのか?

うわん: 流れ医師と黒魔の影 (光文社時代小説文庫)
小松 エメル
光文社



書評で拝見して読んでみました。
タハール・ベン・ジェルーンの「娘に語る人種差別」

娘に語る人種差別
松葉祥一
青土社


高里椎奈「うちの執事に願ったならば」
9巻まで出ている「うちの執事の言うことには」の続編です。
普通に話は続いていますし 作風も変わらずミステリー仕立てです。
何故にここでタイトル変えたのかな?
 
うちの執事に願ったならば<うちの執事に願ったならば> (角川文庫)
高里 椎奈
KADOKAWA / 角川書店



三上延「ビブリア古書堂の事件手帖」の第7巻
ビブリアは 巻を重ねるごとに面白くなってきている気がします。
もどかしい主人公二人の間も 事件をきっかけに大進展します!

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
三上 延
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス



そして現在読んでいるのが 森絵都の「みかづき」。
分厚い上に字が小さく なにより主人公に共感できず なかなか読み進めずにいます。
後ろにも長い列ができているので 読まなくてはなんですが・・・

みかづき
森 絵都
集英社




いがぐりおは どの本が好き?
いがぐりおをクリックしていただけると嬉しいです。いつもありがとうございます。^^/
人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 探し物は何ですか? | トップ | 初試乗 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (maki)
2017-06-11 21:58:24
こんばんは。
あら・・・ほんとに何で変えちゃったんでしょう?
願ったら全て叶えてくれるから?そうだったらいいなぁ。
分厚い、字が小さいというのは、初めからパスです。
今日やっと 時の鐘を読みました。十一谷朋代さんって初めて知った方です。
もう一度読み返してみたいと思いました。
makiさんへ (まんじゅう)
2017-06-13 07:02:12
おはようございます。^^

本当に何故変わっちゃったんでしょね。
大人の事情?^^;

十一谷朋代さんですか。
今度読んでみたいと思います。^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。