今日の108円

1日1冊108円・・・・・・最近そうでもない。

ゴルゴ13③[狙撃のGT] さいとう・たかを 2002年10月30日 リイド社

2017-05-18 06:38:39 | その他漫画
駅馬車の通った町

リッキー「こ、こんなやろう!」
 「こ、こんなやろう!!」
一流は一流を知るけど、ド三流は一流を知らず。





狙撃のGT

ゴルゴ「習慣なんだ・・・・・・」
 「気にすることはない・・・・・・・・・」
解説に同意で「2人寄越したせい」に1票。


俆生「私のことは水に流してどうか協力していただきたい!!」
ルール違反をやらかしても、真剣な訴えであれば許しはする。
仕事が仕事だけに隠し事をしたがる心理はわからなくもないんだろうね。
隠したままにするのは絶対に許さないけど。


ゴルゴ「たったひとつ・・・」
 「針の穴を通すような可能性がある!!」
素人目には無理ゲーな依頼も「とにかくやってみよう」でやるゴルゴが、
依頼人と検討を重ね、さらに訓練も一緒に行うという高難度ミッション。
それだけ今回の件は依頼人を信用したと言える。





メランコリー・夏

ホステス「ああ、あの女・・・・・・」
 「きのう使ってくれってきたんだけれど事情を聞いてうちのママすっかり同情しちゃってねえ!」
水商売だーなんて馬鹿にする奴がいるけど、
これは町の連中がゴミカスすぎてワロエナイ
工場や市場が何でもいいからブッ潰れればいいのに


ゴルゴ「世界じゅうどこにいるのかわからない男を、面子のために・・・・・・か。」
依頼内容について正直なんだかなー感があった模様。


それゆえか、
ゴルゴ「いいかっすぐにだ!人がさわぎだすまえに・・・・・・」
 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
 「たのんだぞっすぐにだ!」
やり遂げた仕事の後始末を急かすゴルゴ。
バーのママと同じく、例の彼女に同情したんだろうか。
緊急性の高い仕事だったらこういう配慮はしなかったんじゃないかと。





猟官・バニングス

バニングス「反対です!私はぜったいに反対します!やつはそんな男ではない! もし囮捜査ということがやつの手で、逆に公表されるようなことになったら・・・・・・」
ICPO上司「口ごたえは許さん!決定だバニングス!」
 「おまえの調査でやつの手口がわかった以上、それがもっともふさわしいやり方だと私は考える。」
3年もの間、ゴルゴについて調査していたバニングス刑事。
ゴルゴに消されずにいたのは慎重な捜査だったからに違いない、有能。
その報告書は貴重な資料には違いないけど、
それを読んだだけで『手口がわかった』と言い切る上司、無能。
本当に『わかった』なら触らぬ神に祟りなしだろ・・・・・・


案の定返り討ち、ICPO\(^o^)/
バニングス「おれはバニングス・・・・・・・・・」
 「おまえに鈴を・・・・・・手錠をかける方法はただひとつ・・・・・・」
08小隊のノリス的なプロ。
バニングスの刑事魂に敬礼!( `・ω・´)ゞ





WHO!?

シャーロッテ「WHO!?」
 「い、いったいだれなの!?」
昔自分を利用し、そして自分が裏切ったために死刑寸前だった殺し屋が、
恨みを晴らすために周辺に潜伏しているらしい・・・・・・!
誰がヤツなんだー


アンドレ「どうしてなんだ!?」
『女心の綾』メンドクセェェェェ





殺意の交差

ジョナサン「三千ドルあります!」
 「ふつうの人にはちょっとお目にかかれない金額ですよ。」
大袈裟じゃね?
超一流の狙撃手ゴルゴ13とは知らずにゴルゴに話しかけ、
その正体について『推理』したことをベラベラと話す姿は笑えて来る。


ジョナサン「ま、私だってあなたの将来のことを考えてあげてもいいと思っているんです・・・・・・・・・」
 「もちつもたれつってことでいきましょう!」
全部計画通りうひひひひって状態が、
実は全部『ピエロ』でしたって相当恥ずかしいな・・・・・・
つまり浮かれ気分は表に出さないのが得策である。


ゴルゴ おれには関係のない何かがもうひとつ・・・・・・・・・・・・・・・」
 起こっていたらしいな・・・・・・
前巻の「白夜は愛のうめき」もそうだけど、
「自身への敵意以外に対する警戒」がまだ少し足りないゴルゴでした。
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新明解国語辞典 第五版 [小型... | トップ | ゴルゴ13④[最後の間諜―虫―] ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL