今日の108円

1日1冊108円・・・・・・最近そうでもない。

CLAYMORE 14幼き凶刃 八木教広 2008年5月7日 集英社

2016-12-10 06:33:20 | CLAYMORE
織を離反したガラテア討伐の命を受けたクラリスとミアータ。幼子のようなミアータだがその力は凄まじく、クラリスはただならぬ恐ろしさを感じる・・・。旅の末、二人はある町にたどり着くが、そこには・・・・・・!?
裏表紙より。



SCENE74 幼き凶刃 Ⅱ

クラリス「聖都・・・」
 「ラボナか・・・」
ミアータの「カン」で辿り着いたのは、
かつてクレアが妖魔と死闘を繰り広げた町。


妖の類を排斥する町としても有名なので、隠密な行動が要求され
兵士「おいお前」
 「背中に何を背負っている?」
 「マントを取って見せろ」
怪しすぎるからね、職務質問くらいされますよ(´・ω・`)


身分を知られたくないクラリスはミアータを連れて逃走。
不審者として兵士たちに追われていた2人に、
懐かしキャラが手を差し伸べました。
シド「飛んでこい
 「できるだろお前たちなら
ベラベラ頭おっすおっす


シドに連れられた先でガークも登場。
兵士がいたことで罠かと慌てるクラリスに、
2人は聖都ラボナの現状を説明。
ガーク「この町は七年前のあの日から少しずつ変わっていった」
 「今じゃその辺は寛容だ」
クレアの闘いは、人の心の妖魔も打ち倒していたのじゃよ。


で、ラボナには現在再び妖魔が入り込んだ可能性があるらしい。
クラリスとミアータが来たのはそれと別件―離反者討伐―だけど、
対妖魔協力と怪しい人物の情報提供でギブ&テイク交渉。
クラリス「この町の住人になっているなら盲目のふりをして目を開かないでいる可能性が高いです」
「妖気を消す薬」の効果は1粒で半日くらい。
年単位の量はさすがに持ち出せないよね。


でも年単位で『盲目のふり』を続けるのも難しいような。
シド「だがいるな・・・」
 「数年前に現れた盲目の若い女は・・・」
ほう?


その女は、教会のシスターとして暮らしていました。
親のない子供たちに、母親のように慕われているようです。
謎の女をシスターにするなんてここの司祭は懐が広いですなぁ
????(シスター)ほんの数年とは言え・・・
 人のように生きられた事は私にとって とても大切な時間でした
司祭「シスターラテア・・・」
 「一体何を・・・」
(。´・ω・)?


そこへ現れたのは――
クラリス「組織の元ナンバー3ガラテア・・・
 「組織の命によりあなたの首を獲りに来ました
司祭「な・・・」
 「クレイ・・・モア?」
つまり、シスターラテアの正体は・・・・・・!


クラリス&ミアータ対シスターラテア、ファイッ!
シスターラテア「片方に比べて随分 小さな妖気だな」
 「本当に戦士なのか?」
 「お前」
クラリス嘘つかないでよ妖気は感じないはずよ
 あたしの髪の色を見て言ってるだけでしょ
今クラリスとミアータは「妖気を消す薬」を飲んでるはずだね?
そしてこの発言から『弱さ』を納得されるクラリスェ・・・・・・
妖気が少なくて剣術もお粗末じゃお話にならないもんなぁ。


で、なんで「妖気を消す薬」を飲んだ奴の妖気がわかるの?
ガラテア「目を潰してから・・・
 「以前より妖気を読む力が上がったんでな・・・
なん・・・・・・だと・・・・・・?


クラリス「あたしたちの妖気が読めるって事は・・・」
 「あたしたちがこの町に来るのも知ってたって事・・・?」
それな、逃げようと思えば簡単に逃げられたはず。
なのに、ガラテアがこの町に留まったことには理由が・・・・・・


聖都ラボナに、何者かの声が響きました。
ガーク「七年前のあの時の・・・」
 「妖魔の声だ・・・」
シドいや・・・
 「あれよりも大きな何か禍々しいものだ・・・
パーティの時間だ





SCENE75 幼き凶刃 Ⅲ

シドな・・・
 なんだよありゃあ・・・

うわあああ((;゚д゚))ああああ


かっ、覚醒者だ逃げ
????(覚醒者)「今まで辛抱した分・・・」
 「今日は豪華に行かせてもらうわ」
兵士たちが次々に・・・・・・!
存在がバレないように『辛抱した』て、小者っぽいっスね。
組織に討伐対象としてロックオンされたくないってことでしょ?
つまり100%コイツは咬ませです。


兵士たちも黙って殺られるだけじゃないぜ!
反撃だー
????(覚醒者)「惜しいわねあと一歩ってとこかしら?」
投げ槍部隊の攻撃を陽動に不意打ち、しかし失敗・・・・・・!


ベラベラ頭捕まった\(^o^)/
ガラテア「努力は買うが」
 「相手が悪すぎたな」
キャーシスター素敵ー


ガラテア、ミアータ、そしてクラリスが覚醒者とご対面です。
????(覚醒者)「色つきを含めてたった三人で討伐とは
 「かつてのナンバー2もなめられたものだな・・・
『かつてのナンバー2』がコソコソしてたのか。
雑魚っぽさが強調されてしまう。


ガラテア「とてつもなく強くて恐ろしく用心深い・・・」
 「鮮血のアガサが確か通り名だったか・・・」
そう、ガラテアがこの町にあえて留まったのは、
離反者である自分を捜索・粛清する任務で、
実力者が妖気を消した状態で現れるのを期待していたのだ!


フツーに討伐依頼出してノコノコと戦士が現れたら、
アガサが自棄になって大暴れしかねなかったからね。
・・・・・・どこが『用心深い』んだよこのナンバー2()
アガサ実質二人で・・・
 私に勝てると・・・?
ガラテア「私の読みでは・・・」
 「五分五分ってとこかな・・・」
ここまではガラテアの作戦通りって訳だ。
つまり楽勝ってことだよ

ガラテア&ミアータ(&クラリス)対アガサ、ふぁ
ガラテア「世の中・・・
 「思うようにうまくは行かない・・・
えっ・・・・・・え?


クラリス「か・・・覚醒者討伐は命令に入っていません・・・」
 ここでの優先事項は・・・
 ガ・・・ガラテアの粛清です・・・
妖気は小さいし剣術はダメだし頭も固いってなにこのゴミ





SCENE76 幼き凶刃 Ⅳ

アガサ「そろそろあきらめたら?
 必死に生きようと踠いている姿を見てると なんだかこっちの方が辛いわ・・・
実質ガラテア対ミアータ&アガサっていう。


元より無謀な賭けだったのはガラテアも分かっていたこと。
それでも、『小さな可能性』に縋った理由は――
ガラテア「この町とこの町に住む人々を守りたかった」
 「ただそれだけだ」
「人間」として大事なものを見つけたんじゃよ(´;ω;`)ブワッ


クラリス とにかく今は・・・
 少しでも早く任務を果たして・・・・・・
 それからこの町の事は組織に報告すればきっと・・・
『組織に報告』した頃には、聖都ラボナ「跡地」になってるだろうね!
クラリスが無能すぎてヒドイ


ラボナの兵士たちは諦めずに攻撃を仕掛けましたが、
やはり相手は覚醒者、ただの人間の力ではどうにも・・・・・・
ガラテアもミアータの相手で手一杯でフォローできず。

さらに、アガサはミアータに対しても手を打っていました。
アガサどう?
 芸術的だと思わない?
ラボナ\(^o^)/





SCENE77 幼き凶刃 Ⅴ

アガサ「残念ね・・・」
 「初めから あなたの思惑通りならうまくいけたのにね」
まずミアータが戦闘不能、そしてガラテアも・・・・・・!


次のターゲットはだれかなー?
クラリス「いや
 「死にたくない
 「誰か
 「誰か助けて
(´・ω・`)


クラリスを守りたい一心で立ち上がろうとするミアータも見捨て、
クラリスはすたこらさっさ・・・・・・ゴミや、正真正銘のゴミやで
ミアータ「ママ・・・」
 「ママ・・・」
アガサ「いいわ それじゃあなたの方から始末してあげる」
 「潔く散ってみせてね」


クラリス「あれ?」
アガサ「え?」
おお!!
お、俺は信じてたよ、クラリスはやる時はやるゴミだって


クラリスうわああああ
 あああああ
※完全にチェックメイトなので壊れました。


アガサ「つまんないわ」
 「この町ごと全部消してあげる」
やっぱりラボナ\(^o^)/


しかし!!
ガラテア なんだ?
 アガサの身体の一部が消滅した!?
なんですとー?


????縁のある町でな・・・
 そう易々と無くなられては困るんだ
アガサ「何者よ」
 「あなたたち・・・」
クレア名乗る名は無い
 お前は ここで死ぬだけだからな・・・
キタ――(゚∀゚)――!!
・・・・・・というところでな?



以下、今巻も週間出張外伝が2つ。

EXTRA SCENE3 北の邂逅

イースレイ「よしそれじゃ行こうプリシラ・・・
 「ここより暖かな南の地へ・・・
何年かかってんだっていう。
それでも元ナンバー1かこの甲斐性無しめ!



EXTRA SCENE4 錆なき覚悟

ルヴル「出来の悪い子ほど かわいいものでな」
なんだかんだで「お気に入り」なのは事実であろう。

この話の戦闘シーン、剣の振り方がどうもよくわからない。
内から外に切り払う(居合いの動き)ならわかるけど、
外から内に切り払うってどうなってんの?



外伝ラッシュはコミックス派には辛いわー中古最強だわー
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 折れない心を支える言葉 工... | トップ | HUNTER×HUNTER 20弱点 冨樫... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL