今日の108円

1日1冊108円・・・・・・最近そうでもない。

ゴルゴ13①[ビッグ・セイフ作戦] さいとう・たかを 2002年10月30日 リイド社

2017-05-15 06:40:08 | その他漫画
最近ビジネス書の類を買う気がしない原因がわかったぞ!
既に世界最強のビジネス書を持っているからなのだ!



ビッグ・セイフ作戦


????「うっ」
暴力、ダメ、ぜったい。
この男こそ主人公、通称ゴルゴ13。
超一流の狙撃手である。


ゴルゴ「たしかに・・・・・・」
 「領収書はいらないだろうね?」
「・・・・・・・・・・・・」が多いイメージだけど、初期は無駄口が多い。
表情も「計画通り」的なニヤリがよく出る。


じゃー全然別のキャラなのかというと
ゴルゴ「人を殺す時にはつまらんおしゃべりをしているひまに引き金をひくことだ・・・」
要塞のように守りを固めた標的も、依頼人の裏切りも見事粉砕。
実力はこの時点で間違いなく世界最高峰。
つまりまだ若いんやろ(てきとう)





デロスの咆哮

ボネ「あるのは事実だけだ。」
 「プロには主観的な物の見方はいらん。必要なのは客観的事実を冷静に見る目だけだ!!」
敵の側にも一流がいるからこそ、ゴルゴが超一流であることが際立つ。
罠に引っかかっちゃったのは逆転の演出だから(開き直り)





バラと狼の倒錯

紳士淑女()「す、すごいっ、こいつはすごい!!まさに世紀のショーだ!!」
地位や権力を手に入れると趣味は下劣になるのかしら。


ゴルゴ「ありがとう・・・・・・」
質問に答えて貰ったらお礼を言うのが真の紳士


ゴルゴ「どういう意味だ!?」
衝撃の事実を聞かされるとフツー驚いちゃう。
いや、こういった場面に何度も接したからこそ、
どんな時も無表情で冷静に対応できるようになったと考えるべき。





色あせた紋章

ゴルゴ「プロがプロをやとうはずがないと思ってね!!」
ならなんで来たし。
何かしらウラがあると分かっていたのに・・・・・・
自身に対するある種の挑戦だから確かめてやんよってこと?




アクション性重視というか、カッコイイプロな面が目立つ1巻。
プロフェッショナルな今と比べると未熟者に見えるかも・・・・・・
しかしだからこそ、ゴルゴグローインアップを確かめるに必読である。
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HUNTER×HUNTER 31参戦 冨樫... | トップ | ゴルゴ13②[白夜は愛のうめき]... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL