今日の108円

1日1冊108円・・・・・・最近そうでもない。

ゴルゴ13⑨[女王陛下の憂鬱] さいとう・たかを 2002年12月30日 リイド社

2017-05-26 06:39:04 | ゴルゴ13
マニトバ●MANI TOBA(後編)

CIA指揮官「CIAのメンツにかけても、やつに、ゴルゴ13に仕事させるわけにはいかん!」
『メンツ』で死ぬ兵の身にもなった方が良いかと





そして死が残った

ゴルゴ 休暇旅行の水兵の妻が狙撃され、そのうしろにおれがいた・・・・・・まちがった引き算というわけらしいな・・・・・・・・・・・・
狙撃手の腕次第ではゴルゴが死んでいたケース。
敵に現在地を知られていたらゴルゴでも危ういというお話。
情報漏れをやらかした依頼人は、有罪判決でもおかしくない。


コール「この次のチャンスには、必ずやつをしとめてみせますよ!」
超一流の世界に『次』なんてない、これがな


娼婦「あたし、もとの道にいるからね。なんだったら呼びにきて・・・・・・・・・・・・」
追跡者に対するカムフラージュで「買った」ため、
宿に入ってすぐ女を外へ出したら、女はゴルゴが『できない』と勘違い。
気の毒に思われたのが悔しかったのか(?)、
敵を片付けてから女の勘違いをキッチリ正しておくゴルゴでした。


「それでは、そういうことでよろしく・・・・・・じつは、おそらく日本人だろうと思う男が、たった今あなたの所へ向かいましたよ!」
「二重売り」が何をもたらすかもわからんとは所詮二流の悪よの・・・・・・


カバネラ「さすがはガルシアさんだ、それは成功しますよ! きっとやつもひっかかります!」
狙撃の腕だけが一流の殺し屋相手なら上手くいっただろうけど・・・・・・
残念ながら相手はゴルゴである。





女王陛下の憂鬱

プレストン「いいかデューク・東郷!おまえがしゃべりたくなければ、こちらでしゃべりやすくしてやる!」
紳士の国()


ヒューム「あの男にしては・・・・・・けじめの仕上げをしたにすぎないのだろう・・・・・・」
冤罪の原因となった連中を始末し、ついでに一連の騒動の元凶も始末。
真犯人に踊らされてゴルゴを拷問したプレストンはお咎め無しか。
真摯に詫びた『ヒューム・・・・・・さん』に免じてだろうか。





ゲートイン GATE IN

モーガン「作るんだよ!われわれの手でアクシデントを!」
英国ダービーを狙う陰謀・・・・・・!


計画通りなら大儲けだけど・・・・・・確実性低すぎじゃね?
そんな間抜けな計画でもゴルゴに頼めばなんとかなりそうで困る。
モーガン「め、名刺だよミスター・ゴルゴ13!」
 「名刺・・・・・・」
一味のボスなのに頼りなさすぎぃ!
しかも計画の末路は・・・・・・


ゴルゴ「おれは依頼人と二度会うことは好まない・・・・・・・・・・・・」
これ報酬後払いで引き受けたってこと?
(依頼人の言い方は事が済んでから入金したようにしか思えない)
前払い一括のルールは、何故かたまに守られてないんだよなー。





Voo Doo(前編)

ハシェル「ところでミスター・東郷、あなたはブードゥーの呪いを信じますか?」
『機械』対『呪術師』!


はっ、『呪い』がどーのなんてチャンチャラおかしくて
ゴルゴ「ちょっと頭痛がするだけだ・・・・・・」
( ゚д゚)!!!



しかし次巻へ続く!
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴルゴ13⑧[ラオスのけし] さ... | トップ | HUNTER×HUNTER 32完敗 冨樫... »

コメントを投稿

ゴルゴ13」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL