榊原わーるど

日記みたいなもんです。

太陽くんインターハイへ100730

2010年07月31日 | メモ日記

太陽くんが石垣島へ出発した。バスでセントレアへ30分、飛行機は2時間30分ぐらい。上海より少し遠い。今回の沖縄インターハイで石垣島はレスリングだけ。あと宮古島がバレーボールぐらいで、ほとんどは沖縄本島で行われる。かえっていい思い出になるだろう。朝さんも金曜日は早い日で、太陽くんより早く出る予定だったのに、徹夜で寝ぼけてかなり遅れて学校へ。太陽くんはかなり長い間帰ってこない。みんないろいろと便利なことも多く喜んでいる。それでいて、何とも物足りない気分がするのは私だけではないようだ。夜は広々と寝れて、クーラーをつけない日が続くだろう。なぜか太陽くんがいないとどんなに暑くても誰もクーラーをつけない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々に雨100729

2010年07月30日 | メモ日記

空は、車校を修了させてもらえたのは、期限もあって温情もあっての感じがする。とにかく今のままでは平針運転免許試験場へ行っても受からないから、毎日、車校のパソコンで勉強して合格できるようになってから本番へ臨むことになる。はたしていつになるのか。

朝さんは、今が前期の試験やレポート提出時期になっていて、最後の追い込みのために1日おきぐらいで朝まで起きている。弁当でないと財布の心配もある。バイトは週3ぐらいで金銭的にはあまり余裕はないようだ。

太陽くんが明日30日出発ということを前日のきょう知らされた。よくあることで、いきなり「明日から何処々々へ遠征」と言い出す。本人も前日まで知らなかったこともある。そのへんは体育系のことでそんなものでいいのだろう。明日といっても別に特別な用意はいらないが、海で泳ぐ水着だけアピタで買った。帰ってくるのは6日夜。

春さん世界くんは夏休みを満喫している。本来なら中3の世界くんは遊んでいられないはず。春さんのほうが週3ぐらいで塾通いをしている。世界くんはどうなるのか予想がつかなくなった。やはり高校へ行って何かを一生懸命やることというぐらいにしか言っていない。予想もつかないほうがうちの家族らしい。久々の雨になった。多少は寝苦しさもやわらぐ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝イチ重曹ブーム100728

2010年07月29日 | メモ日記

NHK朝のドラマが終わると朝イチがはじまり、ついでにというかちょっと見ることが最近多い。この前、重曹についてやっていてちょっと見て、風呂へ入れて洗濯にも使えて、かなりいいもののようだった。さっそく閉店することになった近所のスーパーの薬屋で購入して風呂へ入れている。入れてもまったくわからない無味無臭。アトピーがひどいのは今は朝さん春さん世界くん。期待できる効果があるかもしれない。洗濯や風呂のよごれはまったく問題なく、むしろきれいで効果がある。毎日の太陽くんの練習着洗いにうまく利用できると消臭効果は抜群かもしれない。昨夜バロー、三洋堂コースで買い物に行って、立ち読みすると重曹の本は軽く10冊以上あった。インターネットでも見ていた。注意すべき点もあるが、非常にいいものであるから使うことにした。ネットで見ていて、もともとは「魔法の粉ベーキングソーダ335の使い方」という外国の本が発端らしい。たくさんの使い方をまとめて紹介する本であって、すべて科学的に検証したものではないということ。まあ、自分の使用目的に最も合った使い方ができるように考え続けて使うこととしよう。まずはみんなが入浴剤として入れるにはどれだけの量がいいかと、太陽くんの練習着の脱臭には石鹸とのバランスはどれだけがいいかを確かめよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盆踊り太鼓練習はじまる100727

2010年07月28日 | メモ日記

さすがに一番下の世界くんが中3になって、夏休みの店が休みでもどこかへ行楽に出かけるという話は出て来ない。銀行へちょっと用があって、夏の寺座布団を1枚作って、昼ごはんを食べて休んでいた。高校野球はあまり見る気がしないが、太陽くんの中学の同級生たちは現在高3であり、この日に県予選で負けて高校でのスポーツのが終わっている。中学のときもいつの間にか太陽くんは、同級生のなかで一人県大会へ出場していた。高校でもまた7月が終わったところでインターハイ、全グレを残して夢をつないでいる。幸運なことだと思う。朝練の時間に毎日出かけている。

盆踊り太鼓の練習が夜はあった。今年は立派な太鼓を地区で購入してくれた。やぐらも組み上がっているが、練習のため屋内でやった。もちろん終わってからは軽く飲み会。盆踊り太鼓の会は大半がわれわれ同年者がやっている。だから楽しい。8月15日はバザーで同年会はだんごを焼いて売る。太鼓もたたいて踊りも踊るし飲むほうもいそがしいことだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱中症に注意100726

2010年07月27日 | メモ日記

世界くんに続いて1週遅れで春さんが夏休みに入った。あとの3人が同じ生活なので気分は休みになれない。春さんは塾は行っている。熱中症でたくさんの人が倒れているという。などと他人事のように思っていたら、実家のじいさんが病院へ行ったら熱中症だった。ボケもあるからわかりにくいだろう。病院で少しゆっくりさせてもらうのもいいかもしれない。うちも毎日それほど余裕はない。ただ、若くて体力に自信のある太陽くんたちのレスリング場にも塩が用意してあるというぐらい熱中症には注意が必要。昔はなかったかというと、自分が高校時代にも倒れている人たちは見かけた覚えがある。熱中症とは言われていなかった。しかし、今よりもそういう注意をしていなくて、多かったのかもしれない。われわれの陸上部は当時から十分に水分補給をした。投てきの私たちはトラックの倍以上飲んで練習していた。炎天下の長時間の練習でも、水を飲ませてもらえない野球部がほとんどの時代だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり相撲ファン100725

2010年07月26日 | メモ日記

異常なまでの暑さの中、太陽くんはインターハイまであと一週間の強化練習に早朝から出かけている。朝さんも学校は夏休みではなく、土日はバイトで毎日出かけるが、ちょっと比較にならない。きびしい暑さが夕方には少しやわらいで、結局は今年も二所ノ関部屋千秋楽パーティーへ出た。やはり例年に比べると人が少ない。現在4人の親方、5人の相撲取りと行司・床山にマネージャーがいるだけ。三段目が1人、序二段3人、序の口1人である。親方とほとんどマンツーマン体制だから、決して環境は悪くない。期待はモンゴル出身の序の口力士。初めての今場所6勝1敗で、しかもその1敗も呼び出しや行司がしこ名を間違えて呼ばれていないと思い違いをした初日の1敗だったらしい。外国人が多い今の相撲界で、まだそんな事件があるらしい。いろいろあってもやはり自分は相撲ファンであり楽しいと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猛暑の中・・・「よかった」100724

2010年07月24日 | メモ日記

今朝は春さんが早く起きて補習へ行かなければならなかった。弁当はいらないというので、もうてっきり休みになるとばかり思っていた。起こさなくても自分で行くのが原則だから、それは自分の責任であることは間違いない。ただ、弁当はいらないけど学校は行くと、聞いていたはずと言われると責任を感じる。まあ、そんなこともある。

猛烈な寝苦しさは、どちらかというと今朝より昨朝のほうがひどかった。そして、昼間の焼けるような暑さは同じようなものだった。空が4時ごろに車校から帰宅して、修了できたとぼそっと言った。あとは試験場で本試験を受かるだけだ。今は車校を修了すると初心者マークをもらえるので見せてくれた。もう間違いなく運転免許が取れたとみていいだろう。昨夜も試験のための見直しをしていたように、おそらく病気がなければ容易くできたことが大変なことばかりだ。記憶障害との闘いは常にありいつまでも続く。コツコツと克服する姿を知っているのは私ぐらいで、ほかの家族でもあまりわかっていない。とにかく・・・「よかった」・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弁当は夏休み100723

2010年07月23日 | メモ日記

どうやら来週は春さんが休みになるらしく、朝さんのためにひとつだけ弁当は作らないでよさそうだ。つまり、今朝を最後にしばらく弁当も夏休みとなる。そうならば、冷凍食品をかたづけておくべきだった。給料を配るために市内北と南隣町までかなり車で走った。暑さはきびしかった。うちの車はクーラーはない。途中で帰宅する太陽くんを見かけたが、おそろしく暑そうなふんいきがただよっていた。早く家のクーラー部屋へ行こうという表情だった。しゃべらなくてもわかってしまう。給料計算も早くすませて、暑さに負けずふとんを作ればいいのだが、さすがにこの暑さではお母ちゃんもやる気しないと言う。パソコンもほとんど支障なく使えている。むしろクリーンインストール効果があって快適。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最高気温より最低気温100722

2010年07月23日 | メモ日記

まだ春さん朝さんの弁当は必要なので毎日作る。そろそろ夏休みにならないと飽きてしまう。ものすごい暑さのため、確かにテレビで注意するのもわかる危険なほどの日だ。最高気温が注目されるので、海が近いわれわれの地方はあまり暑くないと思われているかもしれない。海が近い三重県や愛知県南部は最高気温が内陸部より2度ぐらい低い。しかし、夜は逆転する。これが非常に大きく、実際には最高気温日本一の多治見よりも、この地方の同じ日の最低気温は2度ほど高いのである。日中は高い気温でも夜になればより快適に感じられる地方の暑さと、最高気温が2度ぐらい低くても明け方になってもうんざりする暑さと、どちらがきびしい暑さかというと実は後者だと思う。テレビで最高気温のニュースを見ると、私はいつもこっちのほうがうんざりする暑さなのにと思っている。クーラーを使わないのが普通のわが家ではなおさらである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱中症に注意と言っても100721

2010年07月21日 | メモ日記

今朝の天気予報では、熱中症に注意して激しい運動などは避けましょうと言っていた。そのテレビを見ながら6時ごろには太陽くんは出かけた。強化練習で足がそうとうに痛むとなげいていた。レスリングの練習と言ってもマットの上だけでなく、グランドをダッシュすることはほぼ毎日であり、熱中症の危険は大いにある。ただ、そんなことを言っていられない大事なときである。組み合わせ抽選の結果は、どう考えてもノーシードで一回戦から出る学校のなかでは最も強そうな相手と当たった。しかも、もし勝っても次は3年前のインターハイ優勝校という全国屈指の強豪と当たる。組み合わせなんか気にしない太陽くんが、どう闘うだろうか。相手もそれほど容易い相手とは思っていないはずだ。

空は学科がひとつ受けていなくて、昼帰って夕方にまた行くのもめんどうと、おにぎりを持って車校へ行った。デスモを持っていれば大丈夫だろう。昼ご飯は誰もいないかと思ったら世界くんがいた。大盛り丼納豆ごはんを食べていた。春さん朝さんは弁当持ち。そうとうに暑くみんな大変だろうが、暑さに負けることなくよく食べて元気だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加