榊原わーるど

日記みたいなもんです。

にっぽんの現場080630

2008年06月30日 | メモ日記

北大の脳外科医、澤村先生と子どもたちが「にっぽんの現場」という番組で、土曜日にNHK総合TVで全国放送された。ずっと以前からネットのおかげで知っていて、私が描いていた印象とまったく違って、やさしくやわらかに話をされるのに驚いた。録画して、もう2回見た。愛知県から行く子どもが紹介されていたのは、やや気になってしまう。先生自身も名古屋地区出身というし、小児脳腫瘍の治療がこの地域では心もとないとも思えないのだが、わざわざ北海道まで行くものがあることも理解できる気もする。空はちょっと見て、女の子のピアノが上手だなあというのが第一の感想。

「その子が成人して結婚して、子どもができるところまで考えて、はじめて初期治療ができる。」この言葉が頭からはなれない。そこまでできるのは、残念ながらごくまれだと思う。まず命が助かることが第一というのが当然の思いだ。空の主治医は、著名ではないが謙虚さがあり、しっかりとした賢明かつ正しい判断をしてくれるやさしい先生だった。放射線科の先生も主治医だと思っているが、非常に研究熱心なおだやかなすばらしい先生だった。発見してくれて、早くから放射線治療計画を考えて待っていてくれた。おふたりとも現在は転勤されており、もし、5年遅く今の先生だったらと思うと、実は今はよくわからないから失礼な話ではあるが、何となく幸運だったと思える。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やるべきこと080627

2008年06月27日 | メモ日記

今朝は余りごはんのおにぎりを太陽くんに持って行かせたので、パンとうどんにウィンナーなどが朝食になった。昨日は名古屋で県の子ども会会議で、帰宅後にびくドへハンバーグを5人で食べに行った。春さんは塾、太陽くんは帰りが遅いので200gをひとつテイクアウトした。朝ごはん用にちょっと買い物をしたが、あまりいいものがなかった。

県の子ども会も今年度で降りる予定。どうしても、やっておかなければならないことが、ようやくはっきりしてきた。しかし、これを提案すると、事務局と決別するなど、収拾がつかないことになってしまうと予想される。現在の地区ブロック代表5人がやめるだけでなく、県子連そのものが一時的になくなる可能性もある。しかし、穏便に現状で進めていては、子どものためにあるべきものとは遠い遠い子ども会のままで、むしろマイナスの存在と非難されてもしかたないと、最近では考えている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試験期間中080626

2008年06月26日 | メモ日記

梅雨空が続くが、ふとんを作るのに微妙な日が多い。ここ2・3日はまずまずできた。梅雨時には急いで作らないことにしている。どうしてもふとんを作らない日が続くと、気分的にいろいろあせってしまう。みんなが学校になじんできたものの、空も朝もバイトして、車の免許取ってというところまでなかなかできない。どんどん多くを望んでしまうのが、親心というものだろう。ふたりは前期試験が近い。

朝ごはんの基本は、ごはんとみそ汁に玉子とのりと何か1品だろうか。パンは週1回もないぐらいでいい。みんなごはんがあればというタイプ。太陽くんだけがこのところカロリーメイトのブロックとヨーグルトがいいと言ってそうしているが、おにぎりを2ヶ(うちで作ったものに限る)持って行って1時間目が終わると食べているそうだ。寝る前にプロテイン牛乳を飲むし、注文は多い。試験中でもおにぎりは持って行くのだが、朝部は勉強会なのに腹は減る年頃だから、コンビニで買うおにぎりはいらないというのはいいことだ。

世界くんは試験には無頓着。春さんはがんばっている。学校の試験の点数で、自分の子どもの能力を判断する親にはなりたくない。そうならなかったのは、空の病気のおかげだ。最近は中学校なんか何も教えてくれないし、何もやってはくれないと思っている。春さんは中3の今年は、絶対に事件が起きるはず。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

がんばればあっという間080625

2008年06月25日 | メモ日記

また今週も激動の日々が続くだろう。もう賞与の計算が終わったが、早くもそんな時期かという感じだ。あっという間の前半終了間際というところ。空は補講が入って連日いつものように早い。短大はわずか2年ということもあって、日程はきついかわりに終わりも早いからついて行けば何とかなる。「こいのぼり」を、ようやくピアノでうまくひけるようになってきた。体力も気力もどんどん上昇している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナゴヤドームへ080622

2008年06月22日 | メモ日記フォト

Nagoyadome3Nagoyadome2 Nagoyadome1 毎年ナゴヤドームへ行けるので、空は比べてみるとここ5年で大きく変わっている。昨夜はドーム前のジャスコで弁当とすしとお好み焼きなどたくさん買って、食べきれるかというのを足りないぐらいだった。入場口で「次回から飲食物は持ち込まないでください」と、毎回のように注意される。治療後すぐのころは、今の10分の1も食べれなかった。ドラゴンズか快勝。横浜から来たばかりの小池が、いい働きをしていたのが目に付いた。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春さんのみやげ080619

2008年06月20日 | メモ日記

春さんは、無事に修学旅行から帰ってきた。みんなにちゃんとみやげを忘れない子なので、何も言っておかなくてもみんな何かあるだろうと思っていたみたいだ。案の定というやつではあったが、予定金額を半分ぐらい余して買ってきてくれた。常に節約する性格なのだからしかたない。父にもチョコのお菓子などあって、太陽くんが買ってきてまだ作っていない雷おこしセットなどみんなで共有みやげもある。キーホルダーとか置物など決して買わないところがおもしろい。悪く言えば貧乏性とも言える。でも、みんな期待通りにみやげをもらって、昨夜はにぎやかだった。

3日も留守にすれば、何事もないはずなどなく、何があったか教えるのはめんどうだ。ともかく今週もみんな学校へ行けた。世界くんが昨日弁当だったのと、空が夜中まで実習記録の作成で睡眠不足でめずらしく朝起きれない状態だった。あと、太陽くんはちょっとけががあって、春さんは修学旅行など平穏無事とはほど遠い毎日ではある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週もきつい080618

2008年06月18日 | メモ日記

空は保育実習の記録とピアノの試験があるらしく、今週も火曜日でも通常どおり6時起きでお疲れモード。朝さんは、ほとんど決まった時間割で、毎週過ごしている。目標が定まらないのは続いているのだろう。

太陽くんは始発電車が続く。昨日はまぶたを切って、ボクシングの選手みたいになっていた。病院へ一応行って、縫う必要はなく抗生剤を飲み、薬を塗ったぐらい。監督の先生が連れて行ってくれて、連絡があった。同時に、オリンピックで先輩応援ツアーへ、学校から参加させてもらえる話があった。3泊4日の北京旅行は、お盆とオリンピックで高額である。グレコ全国大会と重なったこともあって、2・3年生が太陽くんを行かせてくれるようにしてくれるらしい。いろいろな事情が重なって、中学・高校の先輩の応援に行けることとなった。

春さんは修学旅行中。こちらの2泊3日はそれなりに大変なことだろう。市内の中学はみんなディズニーランドをやめるという話を聞いた。われわれの修学旅行は新幹線でなかったので、初日はすぐに夜だったし、3日めはすぐに帰路だった。しかもかなりの雨で、箱根も横浜も富士急HLも、真っ暗な白黒写真しか残っていない。今は初日の昼から東京を満喫できる。近くなったものだ。みやげは名古屋で赤福と、いうことはない。世界くんはひとりで学校へ行くのがようやく普通になってきた。部活もパソ部で、うちの兄弟ならばもうちょっとサプライズがないとおかしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実習終了080614

2008年06月14日 | メモ日記フォト

Hoikujishubento 最終日の弁当は、サンドウィッチをぎっしり詰め込んだ。焼きそばやバナナやうどんやおにぎりに余りのサンドウィッチは、みんなの朝ごはんになった。昨日はこれでは腹が減ってしまい、帰りにコンビニでおにぎりとお茶を買ったそうだ。スタミナドリンクとコートリルで体力を維持し、何とか乗り切ってみると、やはり実際に幼稚園の子どもたちと接してみて、楽しかったこともたくさんあったみたいだ。春さんのピンクの水筒を毎日持っていって、子どもたちはそれが似合わずおもしろいので、いろいろ話ができたとも言っていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実習3日め080611

2008年06月11日 | メモ日記

Youchienjishu 空は今週、付属幼稚園で実習。3日めの朝となる今朝は、のどが痛くかぜっぽく、疲れもあるのか体調はかなり悪そう。コートリル2錠飲むようにして、とにかく何か食べて、忘れ物がないように準備して通常より30分早い電車で3日めも何とか出かけていった。

帰宅時間もいつもより1時間は遅くなって、「疲れたあ」を、連発している。もう実習ということになって、親の方がついて行けない。大丈夫なのだろうかと心配なんかしている場合じゃなく、弁当、水筒、エプロン、タオル、帽子、いつものかばんには財布、定期券、携帯、最後にデスモプレシン。いっしょに確認するうちにすぐ電車の時間になってしまう。

子どもたちにとっては、「そら先生」なのであって、友だちも先生も、空は脳腫瘍という病気と闘い現在もその後遺症をかかえていることを、誰も知らないようになってきている。それでやっていかなければならないのだと、本人も親も思っている。幼稚園の小さい子たちは、みんな十分にすごいことばかりだそうだ。にぎやかに楽しくやっていることも間違いない。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

金曜はほっとする080606

2008年06月06日 | メモ日記

金曜の朝、みんな学校へ出かけてしまうとほっとする。あと数年はこういう状態が続くことになるのだが、大丈夫なのだろうか。朝、起きることに苦労をしたことはないから平気だろう。

パソコンはずいぶんと変化させている。24ワイド液晶を購入したことで、さらに大きなアップグレードの道が開けている。DVIやHDMIを活用できるので、PC切替機よりもモニタの入力で切替た方が明らかにいい。そもそも切替機ではアナログD-SUB15pinにしか対応できない。今はD端子対応切替機がようやく2台用で出てきたぐらいだ。5せんえん程度のビデオカードを付けると、見事な大画面に圧倒される。あと1まん出せば、3Dゲームもバリバリ。CPUもデュアルコアが安くなって、メモリも夢のような大容量時代だ。あとはいかに使いこなし、その恩恵を受けるかだ。

現在10台のうち、no5が故障以来休止中。Core2 Duo が2台、Athlon 64 X2が1台、Pentium4が5台、Athlon XPが1台。Windowsで見ると、Vistaは4台、XPは3台、2000が1台、Meも1台ある。no5は780Gで組む予定。悩みはパソコンで遊んでいる時間がないこと。先月、地区の事務所にコピー機が60まんぐらいで入った。当然、会計の私が振り込んだのでいくらかすぐわかる。このときレーザープリンタをサービスでもらったが、店の机が片付いていないのでまだ箱の中だ。他に使える人もいない。昨年5月に公民館でレザープリンタを購入したばかりだ。公民館はパソコンは遅く使い物にならない。確かceleron1.2GHzだったと思うが、XPが起動するまでに根がなくなっている。最近のデュアルコアマシンとは比較しようもない。ただ、プリンタだけは新しいので速い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加