榊原わーるど

日記みたいなもんです。

170712 ふるさと納税になってないのか

2017年07月12日 | メモ日記
盆踊りシーズンが目前にせまって、お寺もグランドも準備などいそがしくなる。今年はお寺で8月13日の最終日に、子供が来るように水風船や綿菓子をやって盛り上げるという。長い間近所のおばさんばかりで年も取ってきてさびれた雰囲気を一新したい。うちのお母ちゃんほか太鼓の会メンバーが協力して最近はちょっと変化している。私は古いメンバーの内かもしれないが、裏方でやることは多い。テレビでふるさと納税が返礼品競争というのをやっていて地方の自治体が活発になっている話題をやっていた。私はてっきりふるさと納税とは都会へ行った人が自分のふるさとへ納税できるものだと思っていた。どこでもいいから寄付として収めて控除としてかえって来る納税のやり方になっていたとは驚いた。返礼品を目当てに納税するというやり方は、私はぜんぜんいいことだとは思えない。そんなことをぜずに正しい方法で販売しなければ商いの道からはずれる。現状のふるさと納税には大きな過ちがある。地方を活性化させるのも、遠く離れたわがふるさとへ納税できるようにするのも、非常に重要なことは間違いない。ふるさとという言葉は使ってはいけない。地方応援納税ぐらいか。やはり寄付と納税と返礼品というシステムがおかしいように思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 170710 年寄りの病気は気の... | トップ | 170713 エアコンはええ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。