榊原わーるど

日記みたいなもんです。

170617 ガラ紡の原料になるわた棒

2017年06月17日 | メモ日記
思いついた時に書いておかなあかんということに、このスマホを使うのが便利。ところが、ふっと忘れてしまって何を書こうとしていたのかわからなくなることもある。今がまさにその状態。
で、店へ来てテレビの録画した番組を見てから思い出した。ガラ紡の筒の中に入れるわたを4月に頼まれて100ヶ作った。それは数年前にも作ったことがあったが、もうほとんど忘れてしまっていて何とか作った。それが2・3日前にあと400ヶ作ってほしいといわれて、あれでよかったんだなと安心した。ガラ紡の紡ぐもとになるわたの棒は、ふとんのわたを巻けばできる。世界くんがうまいこと考えてくれて100ケ巻くのはあっという間にできた。わたは繊維の長いメキシコを主にしているのでいい綿糸ができるはずだ。オーガニックコットンとかいう3年間無農薬・無肥料だったか良く知らないが自然の綿から作るやつがいいらしい。しかし、綿糸を見てさわってオーガニックがわかる人などいないのではなかろうか。おそらくガラ紡の不ぞろいの綿糸で織られた布の風合いが、オーガニックを感じさせているのだろう。テレビでカンボジアのガラ紡を見たが、オーガニックとかいってマフラーなど高価な価格に驚いた。そういう商売上の戦略なのだろう。もっと手軽に手に入る製品としてガラ紡があってほしい。三河の技術がカンボジアで生きているのはいいことなんだろう。テレビで見たカンボジアのガラ紡のベルトが、長さ自在につなげるうちの開綿機の修理で使ったやつと同じ緑色だったのが印象に残っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 170616 松屋のカルビ定食と... | トップ | 170621 ちょっと休み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。