ワンワン村の仲間達

ワンとの生活中心の最終章へ

車中泊での犬旅ポイント

2017-05-19 18:41:17 | 旅行
犬旅はやはり犬達のストレスを無いようにが優先なので飼い主の勝手は控える事に。早朝は水をたっぷり飲みます。家の犬達は軽い散歩、朝食から散歩です。時間は用足しが済むまで付き合いますが日常が変わる為、普段とは時間が必要な様でした。ポイ太君というトイレに流せる処理袋を使いました。そのままの飼い主もあり注意書きがある所が多いね!日本人としての恥を思う心が消えている。そのほかごみ箱が一杯でも周りに投げ捨てたり、ポイ捨て禁止の看板の前にポイ捨てしたりね。
休憩は10時頃に水やり、散歩です。昼休みは人間の食事と犬達の水分補給と用足し。場所は経路の地図で道路に接する河川敷緑地等幾つか経由地にしておきました。高速のパーキングエリアは休憩場所になりますが昼食は良くないです。外食の昼食は長時間暑い場所に放置で絶対駄目。
夜は道の駅、パーキングエリアでの車中泊が多く日が落ちれば外食も、後はコンビニの弁当をチン。神社仏閣、行楽施設、美術館など犬達が入れない場所ばかりなので曇り雨などの気温が低い時以外は長時間放置出来ませんので計画も出来たらとなります。
犬旅です。


海ほたるで。
東京は車中泊は難しいと思いますが釣り場のある埠頭、
キャンプ場などになります。河川敷、公園のパッキングも管理され時間に閉鎖される事が多いです。
私は子供、兄弟、義母がおり都内で車中泊は無いです。
いずれにしろ、キャンプで無く駐車場です。テント、オーニング、火器厳禁。注意書きがあってもカセットコンロ等使っている人がいます。事故があれば車中泊禁止になると思う。此処では静かに休むだけの計画を。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 窓フィルムの張替え等 | トップ | 失敗その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL