ぼんつこ日記

着物、針仕事、趣味の記録の日記

映画『3月のライオン』みる

2017-04-23 21:50:11 | 鑑賞事



本日神木隆之介くんと大友啓史監督が山形へきております。

運よく舞台挨拶の回のチケットとれたので、後編見てまいりました。





前半の影の主役は香子。

有村架純ちゃんが香子をやるとしって俄然見る気になったのだけど。

原作ではこういう性分の子だと思ってた部分が、

ああこの人は、一番初めに大好きだったのはお父さんなんだな、だから同じ世界を目指したし横から入ってきた零くんが邪魔だったし、お父さんの言葉で絶望につき落ちてしまったのだと、勝手にすとんと納得できる。

一方零くんの方がスッキリしない。

普通こんだけ痛い部分攻められたら、身を切るよう思いで家は出ない。
むしろ晴れ晴れ。
香子を大事にはしない。

それが後編、一見無くてもいいような、歩との場面で納得してしまう。

この家での思い出は、罪悪感と嫌な思い出ばかりじゃなかったんだな。

まさか、こんなに泣かされるとは思わなかった…。

いや、勝手に一人で納得して、泣いてるだけなんだけども…。

思った以上に救われる後編でした。

まさか後藤までかっこよく見えるとは。

まさか妻子捨男に名字があるとは。

加瀬亮最高。



上映後、神木くんと監督登場。

最後の山寺のシーンは、何度も録って8千段は登ってるはずだけど、バッサリカットされてたとお話されてました。

綺麗なシーンだったなぁ。



その後、神木くんと監督がゲストで来てた天童の人間将棋に行ってた友人と合流。

写真見せてもらったら、ほんとすごい人だった!


登檀するとき近くで見れたそうな。


それもうらやましいけど、「ラブミー・テンドゥ」も生で聞きたかった!




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | グッジョブ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。