ぼんさいメモ

介護用ベッドで考えたり、調べたことのメモです。(妻に感謝)
転載:自由(校正・編集不可)。内容:無保証。

もんじゅ(原子炉)

2017-05-14 15:05:00 | 備忘録

@http://blog.goo.ne.jp/bonsai-chat/e/a4456e130366f34726b8f65eda28ef20
=もんじゅ(原子炉)
/


[G4F]原発の推進する理由、反対する理由まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133619963096819001
自民党は「もんじゅ」を廃炉にしません.原子爆弾の材料であるプルトニウムを持ちたいからです.
[1]http://ja.wikipedia.org/wiki/MOX%E7%87%83%E6%96%99
[2]各政党の原発政策
http://www.magazine9.jp/osanpo/121031/ 
[3]もんじゅの維持費は1日5500万円(0.55億円/日=550億円/100日)
http://goodboone.com/izime/science/5500.html
HTTP 404 エラーMicrosoft Edge でこのページを表示できません
[4]核燃料サイクルに12兆円 コスト年1600億円 国民負担続く
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201511/CK2015111702000135.html
本紙はもんじゅを中核に国が進めてきた核燃料サイクル事業にかかったコストを、あらためて調べた。
いずれ必要になる廃炉費用も考慮し集計した結果、少なくとも十二兆円が費やされ、
もんじゅが稼働していない現状でも、今後も毎年千六百億円ずつ増えていくことが分かった。
実用化のめどのない事業に、巨額の国民負担が続く実態が浮かんだ。 (小倉貞俊)

「□」=「もんじゅ運用コスト」をgoogleで検索すると多くの資料が見つかります.
・夢の高速増殖炉もんじゅは大飯食らいのカネ食い虫 -
・もんじゅは電力消費のみならず、イニシャルコストとランニングコストは総額2兆4000億円で、毎年500億円の ... 核燃料の効率的な運用が出来る高速増殖炉は、1956年に政府が
・難しいもんじゅの存続―再稼動費用、数千億円か
・もんじゅを運用できる組織はもうないだろう。三菱重工などの建設、管理を協力した会社がコンソーシアムをつくる方法があるかもしれない。しかし、金がない。
・東京新聞:核燃料サイクルに12兆円 コスト年1600億円

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北方領土 | トップ | 領海侵犯 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。