ぼんさいメモ

介護用ベッドで考えたり、調べたことのメモです。(妻に感謝)
転載:自由(校正・編集不可)。内容:無保証。

GB8%0:心房細動

2017-02-12 11:07:18 | 未削除

@http://blog.goo.ne.jp/bonsai-chat/e/7f743b2c3cb6f9b16451157ddcb5563f
=GB8%0:心房細動
/


心房細動と心房粗動 - ハート先生の心電図教室ONLINE
http://www.cardiac.jp/view.php?lang=ja&target=af_af.xml
心房細動 | 日本不整脈外科研究会
http://plaza.umin.ac.jp/~arrhythm/arrhythmia/atrium/index.html
不整脈 | 病気について | 国立循環器病研究センター 循環器 …
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/disease/arrhythmia.html
心房細動に対するアブレーション治療の進歩と適応の拡 …
http://igaku.co.jp/pdf/1204_circulation-03.pdf
発作性心房細動に対してはPVIのみでも非常に有効 だが,
持続性,慢性心房細動に対してはPVIだけでは 治療成績に限界があるため,
とくに左心房の心房筋をアブレーションすることにより,
不整脈基質に修飾を加え て治療成績を向上させている.
このように心房内線状焼灼法を加えることで,
とくに持続性心房細動における 洞調律維持率の向上が得られる.
具体的には,左右の 上肺静脈をつなぐ左房天蓋部ライン(roof line),
左肺 静脈と僧帽弁輪をつなぐ僧帽弁峡部ライン(left mitral isthmus line;LMI),
心房粗動の焼灼法として知ら れる下大静脈三尖弁輪間峡部ライン
(cavo tricuspid isthmus line;CTI)である.
発作性心房細動にPVI を単独で施行する場合に比べて,
これらを併用する ことにより69%→87%に14, 15),
持続性心房細動でも 39%→75%に治療成績が改善すると報告されている 16).  
また,心房細動中の連続性分裂電位
(complex fractionated atrial electrogram;CFAE)を焼灼する方法や 17),
4本の 肺静脈と左房後壁を,両上静脈間天蓋部(roof line)と底 部(floor line)
にライン状に通電して同時に隔離する,左


 /

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日米首脳会談 | トップ | 再生医療による脳梗塞治療 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

未削除」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。