「北斗の拳」の原哲夫がおくる「森の戦士ボノロン」。その編集部による公式ブログ。イベントなど最新情報をあますことなく公開!

『タスムン通信』 こちらボノロン編集部!

「ラニの青いかさの巻」で季節を先取り?

2017年もはじまって、もう2月!
みなさんいかがお過ごしですか♪

暦の上では「立春」も過ぎていますが、
まだまだ春の足音は聞こえてきませんね…

ボノロンの世界では、春を通り越して雨の季節!?
2月号は雨が降り続ける村のお話です。



表紙で元気にかさをさしているのは、
雨の村に住む主人公の女の子、ラニ。



大きなフタバガキのある森に、
一年中雨がやまない村がありました。

村の住人はみんなお気に入りのかさをもっていて、
子どもたちのかさは母親が作って贈るのが
この村のしきたりでした。

雨がふると、色とりどりのかさがいっせいに咲きます。
子どもたちは、かさをじまんしたり
ほめあったりして楽しんでいました。



その中に、雨が大きらいなラニという女の子がいました。
ラニがお母さんからもらったかさは
なんのかざりもない、青一色のかさ。
他の子からもからかわれ、ラニは自信がもてません。

しかし、ラニのかさには、
なくなったお母さんの秘められた想いが
隠されていたのです…。

今回の胸キュンポイントはラニのおだんご頭。
てるてる坊主みたいですよね…♪
細かいデザインも抜かりない、さすがな永山先生です。


WEB読み聞かせでは、
2005年から『ドラえもん』(EX)のしずかちゃん役を
担当しているかかずゆみさんが登場!



なんと、かかずさんもかさにはこだわりがあって、
お気に入りのかさを持って雨を楽しんでいるそうですよ♪

WEB絵本はこちらから!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ボノロン12月... ホームページ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。