「北斗の拳」の原哲夫がおくる「森の戦士ボノロン」。その編集部による公式ブログ。イベントなど最新情報をあますことなく公開!

『タスムン通信』 こちらボノロン編集部!

雪のふらない村でおきた奇跡『春の雪の巻』

早いもので、2017年もあとわずかですね。

年末にむけてあわただしくなりますが、
ボノロン12月号で心をほっとゆるませてください

『春の雪の巻』本日より配布スタートしております!



淡いパステル色で、まさに「春の雪」なイメージ。
寒いはずの雪景色がなんだかほっこりあったかく感じます♪

今回の表紙、「ボノロンおいしそう!」なんて声も?
降りかかる雪が粉砂糖に見えなくもない…
そういえば、12月はケーキの時期でもありますね♪

お友だちや家族と過ごすことの多い12月。
あそびのページ「あそんで!ボノロン」では
ボノロンすごろくあそびをご紹介しています。

どうぞ楽しい年末年始をお過ごしください。


・・・あらすじ・・・

むかしむかし―――
一年中あたたかい春の村がありました。

コニファーの巨木のそばの病院に
入院している男の子パーレは、
となりのベッドの女の子ミラとなかよし。

本が好きなミラは、いろんなおはなしを
パーレに聞かせてくれるのです。

今日は、雪のふる町のおはなしを
はじめようとしました。
でも、パーレは雪を知りません。
この村には雪がふらないので
見たことのある人はいませんでした。



ミラは「水よりもつめたくて、
白い、ふわふわしたもの」と教えます。
窓から見える遠くの山のてっぺんには
白い雪が見えました。

その夜、ミラは高熱を出してしまいます。
パーレはあわてて、ミラのために
水よりもつめたい雪をとりに行こうと、
病院をぬけだすのですが…。

・・・・・・・

WEB読み聞かせの担当は
『名探偵コナン』で江戸川コナン役でおなじみの高山みなみさんです!



なんと警察官になりたかったという高山さん。
「探偵」にはなれたけど…?ご自身のことをお話してくださったインタビューも合わせてごらんください!

WEB読み聞かせはこちらから




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 絵画コンクー... ひとりで悩ま... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。