ボンクラ中年の暴走日記

とあるオタク気質な中年男の日記

仮面ライダーゴースト 「第49話 無限!人の力!」

2016-09-18 15:35:41 | 仮面ライダーシリーズ
フレイヤを取り込んだガンマイザーは人間を消去しようとする。タケル達は変身して阻止せんとする。ゴーストをガンマイザーのもとに行かせたネクロムとスペクターの前に仮面ライダーエグゼイドが現れスペリオルとコマンドを蹴散らす。

ゴーストはガンマイザーに挑む。ガンマイザーは巨大化して人々を消去する。アランを庇いジャベルも消去されてしまう。

絶望しかけたタケルに亡き母が語りかける。タケルは出生時のことを知る。

(龍の幻に)タケル:「母さん、最後までオレのことを。父さん、オレ愛されていたんだね。オレ父さんと母さんの子供で良かった。これからもずっと。オレがここにいることこそ父さんと母さんの愛の証。その愛はオレの中で生きている。愛は命を生み出す奇跡の力だ。オレは想いの力を信じる。愛の力こそ人間の無限大の可能性そのものだ。」

タケルは再び変身。

ゴースト:「人間の想いの力を知らないお前に本当の想いを、愛の力を教えてやる!」

ゴーストはガンマイザーに立ち向かう。

アラン、マコト、御成、アカリ、ナリタ、シブヤ、カノン:「タケルはオレ(私)にとって英雄だ。」

ゴーストは15英雄と共にガンマイザーを倒した。

タケルはグレートアイに吸い込まれる。

フレイヤ:「天空寺タケル。助けてくれてありがとう。ずっとあなたを見てきました。あなたは私達に近い存在に進化しています。多くの魂が結合している不滅の存在です。もはや生き返る必要などないでしょう。」

タケル:「オレは普通の人間に戻りたい。みんなとご飯が食べたいし、みんなと一緒に笑って悩んで生きたい。」

フレイヤ:「それがあなたの望みなのですね。だとすると私のやったことは・・・」

タケル:「でも頼みたいのは別のことなんだ。」

フレイヤ:「生き返りたいのではないのですか?」

タケル:「ガンマイザーに消された人達を戻して欲しい。こっちの世界も、眼魔の世界も。」

フレイヤ:「壊された街も、ですか?」

タケル:「それ以上のことは望まない。自分達でやるから。人間の可能性は無限大なんだ。命と人の想いが繋がって未来を創るんだ。」

フレイヤ:「わかりました。願を叶えましょう。」

人間界と眼魔界の人々が元に戻る。

グレートアイ:「人間もいいものですね。私も人間の無限の可能性を信じてみたくなりました。これはお礼です。またいつの日か、近くて遠い未来に会いましょう。」

グレートアイは宇宙に飛び去った。

タケルは生き返る。

人間はいつ死ぬかわからない
でも、最後のその時まで、
命、燃やすぜ!



ガンマイザーを倒してタケルが甦るのは予定調和でしたが、後日談が描かれる冬の劇場版の時は変身する時はどうするのでしょうか。

夏の劇場版に続きエグゼイドが先行登場しましたがカラーリングがプロトドライブに似ていますね。

グレートアイが人間の可能性を信じるというのは「仮面ライダーアギト」の謎の青年が最後は人間を信じるという結末を思い出しました。「サイボーグ009」の完結編では神々が人間を消滅させ009達も負けてしまいますがテレビという媒体でならこの着地が無難なのでしょうね。

タケルが人間達を甦らせることは望んでも復興までは望まずにそれは人間自身の力でやるというのは本作のテーマが人間の可能性であるということを示していると思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仮面ライダーゴースト 「第... | トップ | 仮面ライダーゴースト 「最... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最終決戦の空の青さが印象的でした。 (あさ)
2016-09-18 20:30:29
最後のライダーキックは横向きのアングルで珍しかったですね。戦い全体でもタケルのみに絞ったため慌ただしくなくて良かったです。

最後の願いで父親世代やアデル達を蘇らすことをしなかった。私は蘇るだろうと思っていました。

ユルセンの正体も面白かったです。仙人の肉体の在処やキュビ達も人間だったことなど細かい疑問が解消したことも嬉しかったです。

アラン達は帰還できないと思いますがどう思われますか?
追記 (あさ)
2016-09-19 13:18:41
唐突に登場した。黒いライダーはエグゼイド?次作では自転車に乗るのか?など疑問です。慣れたせいか見た感じの違和感は無くなってきました。
Unknown (紙粘土)
2016-09-19 17:54:15
>あささん

ユルセンについては悠木碧氏が出てくるのではないかと思いましたが違いましたね。画材眼魔の人間の姿は声を担当した松野氏ではなかったようです。

アランは人間として生きると思うので眼魔界に帰ることはないと思います。

あと黒いエグゼイドはゲンムというそうです。調べずに書いてしまい申し訳ありません。あとプロトドライブのような色合いなのは記事を書く前にドライブの再放送を見ていて一瞬プロトドライブが出てきたからだと思います。ちなみに見ていたのは22話です。

コメントを投稿

仮面ライダーシリーズ」カテゴリの最新記事