ボンクラ中年の暴走日記

とあるオタク気質な中年男の日記

仮面ライダーエグゼイド 「第3話 BANしたあいつがやってくる!」

2016-10-16 12:25:23 | 仮面ライダーシリーズ
パラドが大我に一番強く、一番多くゲームをクリアするライダーが誰かという賭けを申し出る。

永夢が受け持つ患者の勇樹からバグスターリボルが出現、大我はスナイプに変身して応戦。

大我は5年前CRの仮面ライダーだった。5年前にバグスターウィルスに感染した大勢の患者が消失したゼロデイという事件が起こり、その時に衛生省が幻夢コーポレーションと協力しCRを発足。その当時大我に適合者の白羽の矢を立てたが、医療ミスを犯し患者を死亡させた。大我のライダーとしての腕は確かだという壇に対し大切な物を大我に奪われた飛彩は大我を認めない。

医者に恐怖を抱く勇樹に永夢はともに闘おうと約束する。


大我は永夢にガシャットを賭けてリボルを倒す勝負に出る。

CRを脱走した勇樹がリボルに捕らえられてしまった。永夢と大我が変身しリボルに立ち向かう。飛彩も変身しスナイプを狙い参戦するが勇樹が危機に陥りブレイブはバグスターに挑む。エグゼイドとブレイブのライダーゲージが残り少なくなり、飛彩は変身を解き、エグゼイドは勇樹との約束のためリボルを倒す。だがゲームはクリアされずスナイプがリボルを倒した。大我は永夢からガシャットを奪う。

貴利矢が参戦の機会をうかがっていた。


今回は花家大我=スナイプを掘り下げていました。大我はかつてCRにいたライダーだったそうですが、何やらいわくつきのようですね。

そして今回ゼロデイという事件が5年前にあったという説明がありましたが、ここから大我とグラファイトが因縁があったようですがいずれ明かされるでしょう。

今回は坂本浩一監督だったのでいつもより火薬量が多かった気がします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仮面ライダーエグゼイド 「... | トップ | 仮面ライダーエグゼイド 「... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あさ)
2016-10-18 08:27:25
病気と向き合う恐怖は大変なものです。説得力がある設定でした。永夢の覚悟が目立っていましたが飛彩達のスタンスも描かれていました。大我はバグスターを倒すことに拘りを持っている様ですね。

ゲンムや貴利矢を含めて5人のライダーです。一人が多数のガシェットを所有するのか十人のライダーが揃うのか興味深いです。現状では同じゲームでも色が違うガシェットが存在します。

背後で起きる爆発は特撮の定番であり花ですね。近年は合成による加工が増えて寂しい気がします。
Unknown (紙粘土)
2016-10-20 19:35:03
>あささん

永夢が小児科医なのは病気の子供を励ますには絶好の設定だと思います。昔のヒーローモノでは主人公が病気の子供を励ますという描写がよくありましたが、エグゼイドで久しぶりにこのシチュエーションが描かれています。

爆発に関しては70年代がピークでしょうね。80年代に入ると色々制約が出ていたようですし。いや、ダイナマンなんかは爆発させていましたっけ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL