ボンクラ中年の暴走日記

とあるオタク気質な中年男の日記

仮面ライダーエグゼイド 「第29話 We’re 俺!?」

2017-04-30 10:09:06 | 仮面ライダーシリーズ
永夢に憑依したパラドは退却。グラファイトが永夢を始末しようとするがパラドが制止。

永夢は子供の頃一緒にゲームをする相手が欲しく、それがパラドであり、永夢に感染しているバグスターでもあった。パラドは永夢の願望から生まれたために2人は戦う運命にある。パラドは再び永夢に憑依しダブルアクションゲーマーに変身。2人は戦い始める。

16年前に檀が永夢に植え付けたウイルスが10年かけてパラドに成長した。檀は財前を利用して永夢からパラドを分離させた。永夢の体からパラドが抜けたことで本来の永夢に戻り医師を目指すようになった。パラドを倒せば永夢のゲーム病は治るはずだ。

全てを知ったニコはパラドを倒す決意をする。

ポッピーの中に感染していた女性の記憶がよぎる。それは檀が少年時代に考えたゲームのことでバグスターを扱うのはリスクがあるが感染対策をしているというものだった。

永夢が消滅せずに済んでいるのはパラドがコンティニューしているためだ。エグゼイドはパラドを倒したかに思えた。だがそのリプログラミングの結果パラドに人間の遺伝子が組み込まれた。パラドは檀が使っていたゲーマドライバーでパラドクスパーフェクトノックアウトゲーマーに変身した。ブレイブとスナイプがパラドクスに応戦するが歯が立たない。永夢はエグゼイドに変身しパラドクスに立ち向かう。だが敗北してしまう。パラドが永夢に憑依。

一方ポッピーは幻夢コーポレーションに潜入、極秘のレベル0マニュアルとゲーマドライバー、プロトマイティアクションXガシャットを発見した・・・


パラドが永夢のバグスターであることがわかりました。永夢にとっては己自身との戦いとなるわけでこの厄介な問題にどのような決着が着くのか見守っていきたいところです。ポッピーが発見したプロトガシャットが永夢を救う切り札となったりしそうですがどうなのでしょう。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

仮面ライダーエグゼイド 「第28話 Identityを超えて」

2017-04-23 09:25:41 | 仮面ライダーシリーズ
永夢はポッピーの笑顔が気がかりだった。

永夢と飛彩は変身してライドプレイヤーを救助しようとするとポッピーが現れ違反行為だとして変身してブレイブとライドプレイヤーを攻撃。エグゼイドはポッピーを説得しようとするがポッピーは聞く耳を持たずパラドクスがエグゼイドに執拗に攻撃する。ポッピーがナビゲーターに逆らうのも違反行為だとエグゼイドを攻撃する。エグゼイドはポッピーを攻撃。ポッピーはエグゼイドのリプログラミングの力で正気に戻る。だがポッピーはパラドに連行されてしまう。

プレイヤーの鮫島はポッピーの攻撃を受けてゲーム病に感染してしまう。

飛彩はパラドが永夢に執拗なまでにこだわっていることが気がかりだった。鮫島がゲーム病に感染したことを永夢から聞いた飛彩は鮫島を救うには切除するしかないと言う。だが永夢はポッピーも救いたいと返す。だがポッピーは人の体を犠牲にして生まれたバグスターであった。ポッピーにその時の記憶がよぎる。グラファイトによるとそれは宿主のセーブデータだ。グラファイトにも飛彩の彼女の記憶があるのだ。

パラドは仮面ライダークロニクルのルールに従い人間と戦うよう葛藤するポッピーをけしかける。

永夢達はポッピーの居場所に向かう。エグゼイドはパラドクスに応戦、ブレイブ、スナイプ、ライドプレイヤー(ニコ)はポッピーに挑む。エグゼイドはパラドクスをはねのけポッピーを倒そうとするブレイブ達の前に立ちふさがる。

ポッピー:「私は人の命を犠牲にして生まれたから。バグスターは人間に憎まれる存在なの。」

エグゼイド:「でも、人の命を救うためにずっと協力してくれた。お前は違う!」

ポッピー:「バグスターは人類の敵だから!」

エグゼイド:「そうかよ。わかったよ。だったらオレと戦え。人間を攻略したいんだろ?この世界を支配したいんだろ?(バグヴァイザーを自身の胸に突きつけ)攻撃しろ!」

ポッピー:「戦いたくない。誰も悲しませたくない。誰も傷つけたくない。みんなで仲良くドレミファビートがしたいよ。」

永夢:「やろうぜ。みんなで一緒に。」

ポッピーを笑顔にしたためにゲームクリアー、鮫島は回復。

パラド:「オレ達は戦う運命なんだよ。永夢、お前はオレだ。」

パラドが永夢の体を乗っ取る。

永夢:「やってやろうじゃないか。最高にスリリングなゲームをな。」


永夢の決死の努力でポッピーが正気に戻りましたが、意外と早かったですね。もう少し引っ張ると思いました。バガモンの時のようにバグスターが皆が皆人類の敵というわけではなく、その代表がポッピーなのでしょうね。

ポッピーの問題は解決しましたが今度は永夢とパラドの因縁絡みの問題が浮上しました。この厄介な問題を永夢はどう切り抜けるのでしょうか?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仮面ライダーエグゼイド  「第27話 勝者に捧ぐlove&peace!」

2017-04-16 09:17:57 | 仮面ライダーシリーズ
恋は会見で仮面ライダークロニクルのプレーヤーを増やすためにゲームをクリアすればゲームオーバーになったプレーヤーが復活するとデタラメを言う。

ニコがライドプレイヤーに変身して仮面ライダークロニクルに参戦するがゲーム病に感染してしまう。大我がCRに駆けつけるもニコに愛想を尽かされる。飛彩にニコとちゃんと向き合わなかったことを指摘された大我は苛立ちを見せる。

失った命を取り戻せると分かったためにクロニクルのプレーヤー人口が増え始める。

大我は恋を押しかけ恋がバグスターだと知る。

バグスターが現れるが通報したのは恋だった。恋はラブリカバグスターに変身、永夢、飛彩、ニコは変身して応戦。スナイプも駆けつけるがラブリカにエグゼイド達の攻撃が効かない。ニコがバグスターの攻撃を受けてしまう。

大我:「人にはそれぞれ未来がある。だから失うものがないオレだけが戦えばいい。どんなに悔しくても、誰に恨まれようと、オレだけならって。でもお前は免許のないオレを主治医だと言ってくれた。嬉しかった。ゲームができなきゃストレスだっていうなら止めはしねえよ。ただし、オレのそばから離れるな。(変身して)お前はオレの患者だ。何度ゲーム病になろうがオレが治してやる。」

スナイプはバグスターを倒した。ポッピーが一瞬安堵の笑顔を見せる。永夢はそれを見逃さなかった。

大我によっていつの日かニコに笑顔が戻るだろう。

(ポッピーの笑顔を思い出し)永夢:「あの笑顔は・・・」


ニコを煙たがっていた大我が自分の気持ちに素直になり、それまでのツンデレだった大我がニコにデレましたね。それまでの大我とは違った面が垣間見えました。

恋は何かあると思ったらやはりラブリカバグスターでした。只者ではないのは薄々感じていました。

ポッピーが一瞬見せた笑顔は恋に完全に洗脳されているわけではないのでしょうか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仮面ライダーエグゼイド 「第26話 生存を賭けたplayers」

2017-04-09 10:12:57 | 仮面ライダーシリーズ
衛生省は仮面ライダークロニクルの回収と使用禁止を発表。被害状況は衛生省でも把握しておらず、混乱を避けるために日向は永夢達に待機を命ずる。

患者であるテンマは仮面ライダークロニクルをプレイ、永夢は変身してプレイをやめるようテンマを説得。そこにポッピーが現れ仮面ライダーポッピーに変身、ルール違反をしたエグゼイドに挑む。スナイプがポッピーを攻撃するが歯が立たない。

ポッピーがCRに協力したのはデータ収集のためにゲンムがプログラムした一時的な役割に過ぎず、仮面ライダークロニクルが完成した今本来のバグスターに戻った。そして仮面ライダークロニクルは人間とバグスターの互いの生存を賭けたゲームなのだ(パラド談)。

テンマは攻略のためにプレイヤーを集める。

大我の前にグラファイトが現れる。

日向の記者会見が始まった。ネットで流れている情報が事実と認めながらも永夢達を信じるように記者達を説得。

永夢、飛彩、大我は変身してバグスターに立ち向かう。バグスターを倒しパラドクスを退ける。

テンマ達のゲーム病は治り、永夢はガシャットを回収。テンマはCRを信じるようにネットに拡散。


パラド:「次の手を打て。衛生省の会見でプレイヤーが減ったらつまんないからな。」

天ヶ崎:「わかってる。人間どもは夢中になってプレイするさ。仮面ライダークロニクルの真の魅力を知ればね。」



永夢の性格からして衛生省の待機命令に背いてまでテンマ達を救おうとしたことは日向もわかっていたのでは、と思いつつも永夢達を信じようと記者会見で発したのは患者を救えるのは永夢達しかいないということの証なのでしょうね。永夢達を信じていなかったテンマが永夢達に助けられたことでCRを信じるように拡散したことに繋がったと思います。

天ヶ崎もただ指をくわえて見ているはずもなく次の手段を打ってくることも容易に想像できますし、これからが仮面ライダークロニクルの真の計画発動という感じでしょうか。

それと変身したポッピーは別に歌いながら戦うわけではなかったですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仮面ライダーエグゼイド 「第25話 New game 起動!」

2017-04-02 10:44:19 | 仮面ライダーシリーズ
パラド:「楽しんでるか?永夢。ようこそ、究極のゲームの世界へ。」


永夢は近頃CRにポッピーの姿が見当たらないことに気付く。と同時に救急通報が殺到。永夢が診察すると今までのゲーム病と症状が違っていた。患者は仮面ライダークロニクルのガシャットを手にして変身、永夢が行方を追うと変身した多数のプレーヤーがバグスターと戦っていた。 別の現場で飛彩も同じ光景を目にしていた。その頃、幻夢コーポレーションの株価が暴騰していた。

ポッピーがナビゲーターとしてエグゼイドの前に現れる。今日発売のこのゲームはプレーヤーがライドプレーヤーに変身し、現実世界でバグスターと戦うゲーム・仮面ライダークロニクルである。ライドプレーヤーは攻略のためにレアキャラであるエグゼイド達を狙う。永夢はプレーヤーの一人の症状が悪化したためにCRに搬送。

大我は幻夢コーポレーションに出向き天ヶ崎になぜ事前告知なしで檀が開発していた仮面ライダークロニクルを発売したかを問い詰める。天ヶ崎は企業秘密だと煙に巻く。続けて飛彩がなぜポッピーが関わっているかと聞くとゲームのイメージキャラクターとしてオファーしたと返す。

飛彩は檀がバグスターのデータを集めていたことを思い出し、ポッピーが仮面ライダークロニクルに必要な存在だと考える。現時点で判明しているのは仮面ライダークロニクルがヤバということだ(大我談)。

永夢は変身して仮面ライダークロニクルに参戦するがライドプレーヤーにアイテムを奪われてしまう。

(ここで冒頭に戻る)パラド:「仮面ライダークロニクルこそがオレの求めていたゲーム。その夢をゲンムが叶えてくれた。」

永夢:「このゲームを奪うためにゲンムを殺したのか?」

パラド:「そういうこと。楽しませてもらうぜ。」

パラドも変身して参戦、ライドプレーヤーはパラドクスに挑むが相手にならずゲームオーバー。プレーヤーは消滅。

永夢はパラドに怒りを燃やす。

パラド:「許せないんだよ。この世界で一番偉いと思い込んでいる人間どもがな。仮面ライダークロニクルは人間がバグスターを攻略するゲームじゃない。バグスターが人間を攻略して人類を滅亡させるゲームだ。たっぷり味わえよ、ゲームで攻略される気分をな。」

天ヶ崎はポッピーにバグヴァイザーとガシャットを渡す。

パラド:「そう、ゲームはじっくり楽しまなきゃ。」



折り返し地点に突入と同時に仮面ライダークロニクルの計画が発動しました。仮面ライダークロニクルが物語後半の主軸となるのでしょうか。

当初個人的に抱いていた以上に本作がハードでシリアスな様相になっている気がします。

ポッピーが変身アイテムを天ヶ崎から受け取りましたが、ポッピーが変身したら夏から第4部が始まる某アニメのように歌いながら戦うのでしょうか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仮面ライダーエグゼイド 「第24話 大志を抱いて go together!」

2017-03-26 11:14:00 | 仮面ライダーシリーズ
幻夢コーポレーションの新作ゲームの最終オーディション中にロックバンド・ネイロンズのボーカル・ソラが負傷、さらにドラムのシシドとシンセサイザーのシドとともにゲーム病にかかってしまう。

バグスターが出現。ラッキーと名乗る男が現れる。ラッキーは宇宙戦隊キュウレンジャーのシシレッドだ。永夢は変身してシシレッドと共に3体のバグスターに挑むが逃げられてしまう。

最近ネイロンズはケンカする事が多くなり、永夢は3人で話し合うことを提案。永夢は飛彩と大我に協力を申し出るが分かり合えずにいた。

幻夢コーポレーションの新社長・天ヶ崎恋がソラの見舞いに来る。恋はポッピーをスカウトして新作ゲームのテーマソングの歌唱を依頼。ポッピーは新作ゲーム・「仮面ライダークロニクル」の歌姫となった。

エグゼイド、スナイプ、ブレイブはバグスターに挑む。3人はバグスターを倒した。

ネイロンズの仲は修復された。ソラが倒れ永夢達は協力して応対。永夢達3人のチームワークは知らないうちにできていた。

パラドがグラファイトを含め9体のバグスターを復元、ポッピーを入れて10体のプレーヤーが揃った。全てはポッピーを洗脳するための天ヶ崎の作戦であった。

パラド:「仮面ライダークロニクル、ゲームスタートだ。」



劇場映画「超スーパーヒーロー大戦」の関係で「宇宙戦隊キュウレンジャー」のラッキー=シシレッドがゲスト出演しましたが顔見せ程度でした。前枠の「キュウレンジャー」の方にもエグゼイドがゲスト出演していました。

幻夢コーポレーション新社長・天ヶ崎は檀とは正反対のキャラかと思いましたが、ポッピーを洗脳して仮面ライダークロニクルのプレーヤーにするほどとんでもない男でした。

プレーヤーが揃った仮面ライダークロニクルがシリーズ後半の主軸となるのでしょうか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仮面ライダーエグゼイド 「第23話 極限のdead or arive!」

2017-03-19 13:29:50 | 仮面ライダーシリーズ
日向は永夢達に檀の陰謀を阻止できなければ衛生省は永夢と飛彩を除名し、ライダーの資格を剥奪することを決定したと通達。 衛生省の指示を無視し檀を取り逃がして幻夢コーポレーションを占拠され、ゲーマドライバーの一機が破壊されたためである。

ゲンムに太刀打ちするには貴利矢が残したデータがシステムとして入ったガシャットが必要だ。飛彩は新型ガシャットを調べ、永夢は貴利矢が遺したドライバーで変身しスナイプと共にゲンムに応戦。エグゼイドはブレイブから新型ガシャットを受け取り使用するが失敗。

飛彩:「永夢!お前の運命はそんなものか!お前が信じた監察医はお前に全てを託したんだぞ!」

永夢:「貴利矢さんが残してくれた希望を絶対に無駄にしない!オレの運命はオレが変える!」

新たなガシャットが完成、永夢はエグゼイドレベル99に変身、ゲンムの能力をリプログラミングした。永夢はなおも檀を救い、罪を償わせようとする。檀は退却。

大我は檀を救おうとした永夢に怒りをぶつける。

飛彩:「オレ達ドクターの仕事は人の命を奪うことじゃない。」

ニコ:「はぁ!?アイツを倒さなきゃまた誰かが犠牲になるのわかんないの!?」

大我:「あの男の命か、大勢の命か、お前はどっちを取るんだ?」

永夢:「命に優先順位なんてつけられない。」

パラドは永夢に檀を倒すようけしかける。

檀はドレミファビートとドラゴナイトハンターZのバグスターを探す。永夢は変身してブレイブ、スナイプと共にゲンムを倒した。

檀はリプログラミングされたために適合者ではなくなり変身不能となった。パラドは檀を始末。

永夢は檀を救えなかったことを悔やむ。

日向:「永夢、誇りを持て。君は人類の命を救ったんだ。」

飛彩:「失った命とどう向き合うか、それもドクターの大切な仕事だ。」


永夢は檀の命を救えなかった悲しみを乗り越えられるだろうか。



檀の陰謀は阻止できたものの、命までは救うことはできなかった永夢は悔やみましたが、今回のことは永夢にとっての試練ではないでしょうか。飛彩の言うようにドクターである以上は人の死と向き合うことになりますし。

檀が殉職した今、パラドがラスボスポジションになるのでしょうか。

今回はトピックとしてエグゼイドレベル99が登場しました。

全く関係ないですが、次回は映画絡みでキュウレンジャーにエグゼイド、エグゼイドにシシレッドが登場しますが、昨日の夜私の地域でニンニンジャーとドライブの合体スペシャルの再放送をしていました。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

仮面ライダーエグゼイド 「第22話 仕組まれたhistory」

2017-03-12 10:15:08 | 仮面ライダーシリーズ
檀にバグスターウイルス散布の容疑がかかっているため、檀のアジトに衛生省の捜査が入る。檀が突然ゲーム病に感染。

バグスターが現れ永夢が変身して応戦。飛彩と大我は変身してパラドクスに挑む。

永夢は衛生省の反対を振り切り檀をCRに護送。飛彩も同意した。

16年前、中学生だった檀は幻夢コーポレーションでゲームの開発に関わっていた。その時、永夢から商品化してほしいゲームのアイデアが書かれた手紙が届く。檀はその時自分の才能が一番ではないと思い知る。その手紙が永夢と檀の運命を大きく変えた。バグスターウイルスを利用しかつてないゲームを作ろうと考えた檀は永夢にサンプルゲームを送った。そのゲームをプレーした永夢はバグスターウイルスに感染、檀は永夢の体内のバグスターウイルスが成長していることを確認、6年前に財前に成長したバグスターウイルスを採取すり手術を依頼。バグスターウイルスは永夢から採取したものが元になっている。檀は永夢に許しを乞うが永夢はドクターとして罪を償うことを条件に檀を救う決意をする。

小星はガシャットを完成させる。飛彩がそのガシャットに亡き貴利矢が残したリプログラミング・・・バグスターの能力を書き換えるシステムをインストール。幻夢コーポレーションにバグスターが出現、飛彩は変身して挑む。リプログラミングのインストールが完了しスナイプがガシャットを使うが失敗。

エグゼイドはバグスターを倒す。その時檀はウイルスを採取。檀は衛生省に嗅ぎつけられ、CRに身を隠すためにわざとゲーム病にかかり永夢を騙していた。檀はゲンムに変身、エグゼイドのゲーマドライバーを腐敗させる。

檀が幻夢コーポレーションに帰還。

檀:「ようやく私の計画が身を結ぶ。仮面ライダークロニクルの完成は近い。」



16年前から永夢と檀に因縁があること、そして永夢がゲーム病になった経緯が明かされました。檀が執念深いのはこの頃からだったのですね。

永夢に許しを乞うたのはそれは芝居で人は簡単に変わるわけがない、ましてや狂人の檀なだけに妙に納得しました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仮面ライダーエグゼイド 「第21話 mysteryを追跡せよ!」

2017-03-05 11:59:57 | 仮面ライダーシリーズ
ゼロデイの謎を追う上杉刑事がゲーム病にかかってしまう。

バグスターが出現、永夢と飛彩は変身して応戦するがバグスターは退却。スナイプとゲンムが対決、スナイプはゲンムからガシャットを取り戻す。ゲンムは貴利矢のようになりたくなかったら余計な詮索はするなと言い残し退却した。

上杉のせがれはバグスターウイルスに感染し消滅したために、ゼロデイの真相究明とせがれの無念を晴らすために上杉はゼロデイを調べていた。犯人である檀の親父・正宗が捕まったことで事件は解決したかに思えたが、正宗は過失は認めたものの、バグスターウイルスが発生した理由については曖昧な供述しかしておらず、檀と貴利矢が失踪したために上杉は事件は終わっていないとする。永夢は上杉を飛彩に任せ、上杉の笑顔を取り戻し、貴利矢の命が奪われた理由を知るためにゼロデイの真相究明に乗り出す。

永夢と明日那は正宗と面会。正宗によると全ては2000年問題から始まり、何事もなかったかに思えたが、コンピューターのわずかな誤作動により人知れずバグスターウイルスが生まれており、檀がそれに気づいた。檀はバグスターウイルスを利用し5年前にゼロデイを引き起こし親父の正宗に濡れ衣を着せた。檀によれば究極のゲームを作るために捕まるわけにはいかなかった。

大我は幻夢コーポレーションの開発社員・小星にゲンムに対抗するための新たなガシャットを作るよう依頼。

バグスターが現れブレイブが立ち向かう。エグゼイドはゲンムに挑む。スナイプはパラドクスと対決し相打ちとなる。パラドは大我にゲンムがレベルXを越えようとしており、気をつけろと忠告。

ブレイブがバグスターを倒す。

檀:「仮面ライダーも、バグスターも、究極のゲームの一部にすぎない。仮面ライダークロニクル。一般人が仮面ライダーに変身し、現実の世界でモンスターと戦う命懸けのサバイバルゲームさ。」

永夢:「人の命を危険にさらすゲームなんて、そんなことのために貴利矢さんを犠牲にしたのか!?」

檀:「多少の犠牲は仕方ないさ。満たされない人々に夢と冒険を与える、それがゲームというエンターテインメントの使命だ!そしてそれを実現させる神の才能が私にあるのだからな!」

永夢:「おまえのせいで大勢の人の命が亡くなった。上杉さんの家族の無念を、飛彩さんの恋人の無念を、貴利矢さんの無念を晴らす!」

檀:「君には止められない。レベルXの力を手に入れた私をな。」

永夢はゲンムを止めるべく変身して立ち向かうがゲンムは退却。

上杉は回復。上杉はせがれの無念を晴らすと言った永夢のことを衛生省に報告、檀の計画を阻止することを誓う。。永夢は目の前の患者だけでなく亡くなった人達の想いも背負っていた。それを知った飛彩は永夢を見くびっていたのかもしれない。



ゼロデイの真相が明らかになりつつあるので2クール目の最後に前半の山場としてゼロデイの解明をやるのでしょうか。

永夢は亡くなった人達の想いを背負って戦うというのはまさに主人公ヒーローという感じがします。永夢を見くびっていたと気づいた飛彩は永夢に対する見方が変わっていたのを認めていたのは変わったことを現していましたね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仮面ライダーエグゼイド 「第20話 逆風からの take off!」

2017-02-26 10:10:39 | 仮面ライダーシリーズ
飛彩は永夢を治療しようとするが永夢からバグスターは出てこない。永夢は自身がゲームをする時に性格が変わることに恐怖心を抱く。

大我から永夢達に緊急通報が入る。江上大介がジェットコンバットのバグスターに乗っ取られた。飛彩が変身してバグスターに挑む。永夢は変身できずにいた。永夢と明日那は大介をCRに護送。パラドクスがブレイブに挑む。ブレイブはレベル50の力を使いこなせずにいた。

大介は好きなクラスメートの女子に遊園地に誘われるが絶叫マシンが苦手なために克服しようとしていた。

大我が飛彩に治療を施す。飛彩はまだ大我を許しても認めてもいなかった。バグスターを切除するために最も現実的な手段を優先し大我を行かせた。

大介からバグスターが出現。さらに檀も現れゲンムに変身。大我が現れレベル50のガシャットでスナイプに変身、バグスターに立ち向かう。

永夢は恐怖心を乗り越えエグゼイドに変身、ゲンムに立ち向かう。スナイプがバグスターを倒した。エグゼイドはゲンムを退ける。

大介は回復。

永夢はドクターとして患者とも自分自身とも向き合う決意をする。

デンジャラスゾンビガシャットはレベル10であると同時にレベルX、つまり未知数ということでもある。



大我が変身するスナイプがレベル50に変身しましたが、重火力のライダーになりかつての仮面ライダーゾルダを思い出しました。というよりは戦艦モチーフなのでよく言われているように艦これのようにも見えます。

飛彩は大我のことを許していないままですが、大我を行かせたのは現実的な手段を取ったとは言うもののゲームが分かってきたニコが言うように飛彩に変化があったように思えました。

恐怖心にかられていた永夢が立ち直り変身できるまでに立ち直りましたが、今後も永夢にレベルアップのための試練が与えられる気がします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加