花鳥虫風月

α9,900の、主に京都の花鳥写真で綴る重め写真ブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平等院 夜間拝観

2017年11月28日 00時20分35秒 | 秋冬の風景
宇治の平等院鳳凰堂、紅葉の時期のライトアップ。
良さそうだと思って行ってみたが、広角レンズを用意したつもりで忘れる痛恨の失敗。
50mmレンズでも、まぁ撮れるが、いちばん肝心の正面から全体がまるで収まらず。
横からならそれなりに見えることは見える。

 

という、そこは残念だが、それより問題は時間。
夜景写真で一番いいタイミングは、日が沈んで暗くなりつつある、空に青さが残る頃。
このイベントのポスターでも、そういう空がキレイな紺色の写真である。まさにそれだ。
今なら4時50分から5時10分くらい。この夜間拝観は6時から。
すでに日はとっぷり暮れてしまって、これなら昼間の拝観(5時30分閉門)のほうが良かったじゃないですか。

べつに写真のためのイベントじゃないと言われれば、そこまで。



目で見るぶんには十分に一見の価値があることは太鼓判を押せます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嵯峨野・広沢池の鳥

2017年11月22日 00時57分25秒 | 


毎度の広沢池で、いくつか鳥写真を撮ったが、これぞというほどでもないので、まとめて。
まずは鳧(ケリ)。
地面にいるときは地味なばかりの鳥だが、羽根を広げると堂々としていてそれなりに美しい。
背景とか、位置関係とか数がもっと都合良ければ見るべき絵になったが。



鵤千鳥(イカルチドリ)。
流木かと思ったが、パイプのゴミか何かを枕のようにもたれかかって休んでいる図。
今年もかなり寒くなったが、もう少し寒くなる頃にはもっと数が増えるので、その頃再挑戦したい。



鶚(ミサゴ)。
この池は冬には水を抜くので、今時分でもすでにずいぶん水位が減っている。
上空から池に飛び込んで魚を捕るには池が浅すぎるという判断か、
しばらく池を確かめるようにして飛んでいたが、やがて何もせずに去っていってしまった。
また春に、池に水が戻るまでさようなら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SONY Planar T* 50mm F1.4 ZA 附 α700十周年のこと

2017年11月12日 22時23分09秒 | Weblog
α9に付けるべき50mm単焦点レンズが欲しかったが、Eマウント用の50mmF1.4ZAよりも
せっかくだからα900にも付くAマウント用の50mmF1.4ZAにした。
少し古いモデルだが、発売当初には高価すぎることで話題を呼んだレンズだった。
その後、他社も同じくらいの値段の50mmF1.4レンズを揃えてきたところで、
さらに高価なEマウント用が登場したという流れ。

このレンズの感想としては、
・手触りに高級感あふれる
・AFモーター音は案外大きい
・色のノリ、解像感は大変好ましい
・絞り開放だと光がにじむ、偽色はそれなりにある
そんな感じ。
紅葉を撮ってきた。

  

左から錦木、楓(フウノキ)、楓。カメラ本体はひさしぶりのα700。

そのα700、2007年の10月末に発売から2017年でなんと10周年である。
1年後にα900が出る、それまでの間しかメインで使うことがなかったので使用期間こそ短かったものの、
ちょうど無職になったタイミングで入手したため、みっちりがっつり使った濃さでいえば、かなりのものだ。
下取りに出さなかったのはもしもの時の予備、電池を共用していたからでもあったが、
良い写真も少なからず撮ったので思い入れがあったからでもある。
ひさしぶりに使うと、独特な高音のシャッター音にテンションがあがる。
しかしフルサイズ機に比べてファインダーがとても小さいことに改めてショック。
基本的には今でも馴染んでいて特段古さは感じないが、やはり、あえて今使うなら900の方であってこれではない。
「何も悪くはないが、他が良いだけ」とは、700の発売当時にニコン、キヤノンと比べられたときと同じ物言い。
そういうのはやはり最後までついて回るものだ。

SONYのαは今たいへん好調であるようだが、SONYα自体の10周年も、今回の記念碑的プロダクツの10周年も
公式でも私的にも特に何もなかった。クールなのか、この辺は無かったことにしたいのか。
来年は今でもわが愛機であるα900の10週年だ。
その頃の物言いでいえば「フルサイズ元年」(の2度め。EOS5D初代のときが1度目)だったので、
2018年はデジカメフルサイズ暦10年ということになる。
なにか特別なことがあれば良いが、なくても私はお祝いをしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

褄黒豹紋蝶 16

2017年10月24日 00時47分46秒 | 蝶・蛾
コスモスの花とツマグロヒョウモン(オス)。
いろいろ試してみても、いちばんふつうの図がいちばん良かったりもする。



飛んでいるツマグロヒョウモン(メス)。
上手いタイミングではあるが、蝶自体がわりと傷んでいる減点ポイント。
ここまでは肉眼ではチェックしきれない。



オスとメスの求愛行動。
こちらのメスは新品同様にキレイ。ポーズにはもう一声ほしかった。こればかりは運。
朝に降った雨が地面の草で玉になって光っている。
これも、もっとぼかせて大きい玉にできれば良かった。これも狙いきれない。
やはり、絵的には、止まったものをじっくり狙うのが良い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大透翅蛾 17

2017年10月18日 21時48分42秒 | 蝶・蛾
カメラ・レンズを新調して一番撮りたかったオオスカシバを、今年の虫の季節の終わりギリギリでやっと遭遇できた。
前回のオオスカシバの更新は2012年で、なんと5年前だった。
府立植物園は、その辺からずいぶん整備が行き届いてどこの藪もきれいになって、
このような大芋虫出身の生き物などは姿を減らしたような。



見えなかったとはいえ、居るにはずっと居たようで、もうかなり擦り切れている姿。
アゲハなどの蝶は古くなると羽がボロボロになるものだが、この蛾は背中や尻尾の毛がボロくなっても羽はきれい。
そういう辺り、基本運動性能のスペックの高さが伺える。

 

カメラ的にはもう手慣れた感じだが、レンズ性能の良さにも改めて感服。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅葱斑蝶 13

2017年10月09日 23時16分13秒 | 蝶・蛾
毎年、フジバカマの花のためにやってくるアサギマダラ。



同じような形で、日陰と日なたで撮れたもの。
日が当たるほうがコントラストが強くて単純にきれいであるが、日陰のほうが羽の白い部分の半透明感がきれい。
花が、もう少しきれいな種類の花であればとはいつも思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瑠璃星蜻蜒 3

2017年10月01日 23時36分31秒 | 
飛びもの写真のお手軽自動化にも程々に慣れてきて、これはこれで楽しくなって来てもいる。
そんなときに出てきてくれた、お寺の庭のルリボシヤンマ。

日差しが強く、青色が浅く見えるのが少々惜しいが、明るさが十分で画質が上々で撮れたのは嬉しい。




腹を見せて向こう側へカーブしていくところ、斜めにこちら側へ飛んできているところ、そしてほぼ正面に近い見え方のところ。
まあキレイに撮れるものだと感心する。
遠かったので、掲載したものは随分トリミングしている。写真作品的にはもっと周りの風景を入れたいが、トンボがあまり小さくなるのもここでは不本意なので、こうなった。
見せ方というものはままならないものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彼岸花 21

2017年09月24日 22時45分26秒 | 秋冬の花
毎年秋、熱心に撮っているヒガンバナ。
今年はカメラ本体もレンズも新調したが、明るいところで止まっているものは、撮り方も絵もほぼ変わらない。
安心安定のお花写真。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒揚羽、麝香揚羽、青条揚羽

2017年09月21日 00時50分26秒 | 蝶・蛾
α9に100-400GMで撮っていた蝶写真。まずはふつうのクロアゲハ。

もっと良い被写体に出会えればそれで更新しようと思っていたが、それがなかなか無く。



こちらはジャコウアゲハ。かなり暗い場所であったので、さすがにこれくらい地味だと飛んでいるところに自動でピントは合わない。
しかしISO感度6400でも使い物になる画質なのはさすがの今どきカメラだ。



アオスジアゲハ。
こういうわかりやすい模様があれば、ファインダーに収められるかぎり自動のピントがだいたい外れない。素晴らしい。
シチュエーションは、キレイな方がボロい方に交尾をせまるもののガン拒否されているところ。


このカメラでは、バカチョン的にこういう写真が苦労なく撮れるので、それは実に楽しいことだが、
とりあえず動いている写真、だけでなくそろそろちゃんと考えてキレイな写真を撮ることを考えていくべきタイミング。

秋の花の終わるまでにはその方面も気にしていきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FE 100-400 F4.5-5.6 GM OSS

2017年08月09日 01時02分40秒 | Weblog
5月末に出たα9のためのレンズ、7月末にやっと出たものがコレ。

いろいろと各所でレビューされているが、人間のような大きいものは従来のAFで問題ないので、
それもやってはみていたが、それはそれとして野に出てみた。

 

で、まさかまさかで、飛んでいるギンヤンマを、工夫しないワイドモードAFの全自動で撮れました。

それもまぁ微妙なところで、流石にトンボのサイズとスピードでは、
ピントが食いつくかは100発10中といったところで、それでも前後の動きが大きいと追いつかず、まっすぐ横な動きでも体にピントが合うか、羽に合うかも5分5分レベル。
ただ、全手動でそれをやろうとしたらそんな立派な確率にはならない。
かなりショック。

単体のものは、等倍6000*4000ピクセルからの切り抜き。
今まで、基本的に観賞用途では低感度でも50%以上の縮小でデジカメ写真は見るべきものであったと思っていたが、
ISO1250だというのにこの画質だというのは世界が違って困る。



ほの暗い森のなかでフラフラ飛んでいたナガサキアゲハ。こちらは急なことで、
あまり良いようには撮れなかったが、それでもいちおう何かそれっぽく写った感じには撮れた。
蝶の動き自体はゆっくりだが、黒い蝶であることでもあって手動では全くお手上げの相手だ。
感度もISO6400まで上がっていて、ある程度、ノイズ調整は手でした方がキレイになるが、やはりこの自動力はただならない。

撮っていた瞬間には、
フ、フーン、コレもできるんだ、あー、そう。やるねー。
と、無駄に機械に敵意を抱くことすらあったが、後からデータを整理して落ち着いてみると、
まだ5~8年は全自動夢いっぱいには遠く、まだ人力アドバンテージはあるなという感じ。
逆に言えば、それよりもっと先の人には、今の人は手動で頑張っていたんだゼと、
せめて知識として知っておってもらいたいと、そういう気持ちになる最新デジタルガジェットである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

競艇

2017年07月30日 01時46分58秒 | 春夏の風景
α9用の100-400GMレンズがやっと発売になったので、早速購入して試すべく。
この真夏時期、特に近年は鳥さんも蝶々さんもなかなかこちらの都合に合わせて出てきてはくれないので、
あくまで人の都合で見られるものを見に行った。
最初は競馬が良いと思ったが、いま京都競馬場ではレースをやっていなかったので、住之江の競艇場にした。

競艇は、マンガのモンキーターンで最初から波多野くんが手を切って回復するあたりまでは読んでいた。そのほかの知識は一切ない。
それも、もうかなり古い。20年近く前か。



写真的な見栄えどころは、船が波で跳ねて宙に浮くのがダイナミック感あって格好いい。
跳ねたぶん推力のロスになって遅くなるので、速い人ほど横綱相撲的に地味になるのは、そういうものだろう。



レンズの使用感はまた項目を立てて述べることにするが、やはり今までのαで写真を撮っていたこととは質的に違うことをしている感が強い。
とりあえず、せっかくなので今までやってなかったこともしてみようとか、いろいろ夢は広がるが、かなりお金を使ってしまったので
財布と相談しながら可能性を広げたい。

賭け事は面倒なので今回もしていません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

団扇蜻蜒 7

2017年06月19日 01時20分33秒 | 
ひさしぶりに、ウチワヤンマ。
ひさしぶりというのは更新的な意味ではなく、自分の中でも2011年の更新分以来、たぶん6年ぶりに見たという意味。
いる場所には普通にいるのに、そこ以外では全然見かけないのはどういうことだろう。



とは一瞬思ったが、そもそもふつうの生活のなかでトンボを探して眺めるという事自体が、ない。
ヒマと余裕があればこそ遊びというものが存在しうる。
いつまでも遊んでばかりもいられないが、いつまでも働いてばかりもいられまい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腰赤燕 4

2017年06月10日 23時45分48秒 | 
α9の連写は十分に試したので、あとは肝心のFEマウントの100-400レンズを待つのみだが、その過程で撮ったコシアカツバメ。
さすがにツバメほど速いと、パラパラ漫画的にはならない。
しかし、かつてのヤマセミのときの天を仰いだ連続写真と比べると、いかにもポテンシャルが高い。



ほか、ふつうのツバメ写真。
すこし高いところから、さらに高い位置のものを狙ったので、見事に背景がない。

こういうのもシンプルでいい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電車

2017年06月04日 23時29分59秒 | 春夏の風景
カメラ雑誌の試写の定番といえば電車だ。動物園もそうだが、今のタイミングでひとり動物園はフレンズになってしまうので、α900のときは敢行したが今回はナシ。
そういうことで京都駅に発着する電車。
昭和ソリッドな、宇治から奈良へゆくこの車両は、いま調べたところ国鉄103系という、昭和38年から昭和59年まで生産されていた歴史のなかに消え去ろうとしているマシンだという。

カメラのことに話を戻すと、α9が真価を発揮するべく作られている100-400GMの発売はまだ先なので、
今回はまだAマウントの70-400GをLA4のミラー付アダプタを使って撮っている。
LA3の素通しアダプタだとα7II以降なら、モーター入レンズに限り本体のAFを機能させられるのだが、
α7Iのときに買ったものだし、モーター入りレンズも2つしか持ってない。
要するにα9のAFまわりの先進機能は封印状態であるということ。

で、試写に電車が良いのは故のないことではない。
大きいものだからAFに乱れが出にくいし、動きが直線的でイレギュラーがない。つまり失敗しにくい。
そして背景にいろんなものがあるのでレンズの癖も見えやすい。
そういう環境であれば、微妙にレトロなこちらの事情でも全く問題なく使える。
連写具合はとても良いが、まあ写真を並べてアピールするほどのこともないか。



もう一つは流し撮りにした湖西線の、国鉄113系という。これも昭和38年から昭和57年まで生産されていた、らしい。
おっさんには深緑とオレンジの毒々しいツートンカラーのが印象深い。緑単色だとなかなかいかめしい。

電車が高速で走っているわけではなく、1/8秒の遅いシャッタースピードでついている嘘だ。
さすがにシャッタースピードが遅いとファインダー像が滑らかに動くはずもないが、
普通のカメラならファインダーがブラックアウトするべきところ、いま撮れている像が次々に映るので、
カメラを振るのが早いか遅いか判断しながら撮れるのは好ましい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

α9

2017年05月29日 01時13分33秒 | Weblog
ブログの更新は久々だが、写真は辞めていたわけではなく、
ただ、今も文章を書きながら面倒さが勝ってきて、怠惰に流されていく気分。
ただ、今回のこれは記録しておくべき買い物。噂の新製品α9。

半年ほど前に出たα99mk2も購入をだいぶ検討した。
しかし見た目が気に入らなかったので、いずれのFEマウントの新作と秤にかけた結果、これだ。

連射力とAF力がクローズアップされるα9だが、私が特に気に入ったのはファインダーだ。
ずっとα900のファインダーにこだわっていたものだが、ついに、これなら納得できるEVFがでてきた。
α55の頃からぶつぶつと書き記していたことを考えると実に感無量だ。

次に良いのがシャッターフィーリング。
いまだFEマウントのレンズは小さい35ミリのひとつしかないので、AF力や連射力はまだしばらく真価が見えないが、
噂の電子シャッターだけでなく、メカシャッター使用時も実に軽快なレスポンス。

で、早速の撮影。
まずは木曜日に購入したその夜の本願寺夜間拝観の飛雲閣。



手ぶれ補正も高感度画質も露骨にパワーアップしている。比較対象はやや古いが。
ちょっと残念なのはマルチショットノイズリダクションとかスイングパノラマとかの連射力が活きそうな機能が不採用なこと。
いうほど使わないが、無いと不満。にんげんだもの。



あと、唐門。日中だとくすんでいるが、夜に照らすと肩書通りに派手だ。
もっと派手にしようと画像補正したので、柱にはかなりノイズが浮かんでしまったことに今気づいた。
そこは私のヘマで、細部の描写などは上の写真ともども、iso1600の感度であれば十分以上であろう。



今後もっと良いのが撮れればまた更新もしようし、興が乗れば休止中の写真なども使って再開することもなくもないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加