Digital photo's diary

自称「暇人」によるデジタル写真日記。

デビュー

2017年06月15日 | デジタル写真
先月末に紹介した、水郷公園の猫の話題の続きになります。
その後も、釣り人から貰った小魚を、子猫の為にせっせと運んでいる母親の姿が見られたのですが、最近になって、ようやく子猫が人前に姿を現すようになりました。
と、言っても未だ人に慣れていない様子で、草むらの中からこちらの様子をこっそり窺っていると言った感じです。
ですから、人が近くを通るだけで一目散に草むらの奥に逃げて行ってしまいます。
今までもそうでしたが、もう少しすると釣りの邪魔になる位にまで慣れてきて、釣り人から小魚をねだる姿が見られると思います。
野生の猫でも、接する人間次第では家猫と同じ位にまでなついてくるものですね。
行動の自由を制限される代わりに、1年中エアコンの効いた部屋で、食べるものにも困らず、病気になれば直ぐに医者に連れて行って貰える家猫と、夏のうだるような暑さでも、冬の凍える様な寒さでもジッと我慢をするしか無く、その日に食べられない事もある代わりに、自由気ままな生活を送っている野良猫とではどちらが幸せと言えるのでしょうね。
おそらく、幸せかどうかは、関わってくれる人間次第なんじゃないのかな・・・なんて思ったりします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 消えた川? | トップ | ブドウ狩り。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む