故郷への想い。IT砂漠に心の潤いを!

仕事はPC,時間が有ればiPhone。無味乾燥で、惰性に流されている感じ。ふと田舎に残した両親を想い出し心に潤いを持つ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

空乳母車

2017-03-13 08:52:19 | 燻炭
春の小川はサラサラ流る
……
咲けよ、咲けよと
囁く如く
1912年、文部省唱歌。
もう100年以上歌い継がれた代表的な懐メロである。70過ぎてもこれを耳にすると突然
故郷の山、川、野山の映像が出現、60年前の自分をふりかえる。
小川の流れを堰止めて、水をかいだすと、フナっこ、なまず、泥鰌がのろのろとあつまる。手でバケツに集めていると昼ですよと婆ーやが呼びに来る。折角、水をかい出しフナっこが集まって来たので、ハイ、直ぐ帰ると言って婆ーやを送りかえす。そう言えば跡を継いだ弟の嫁っ子、もう当時の婆ーやを超えたかな、膝、関節が痛いと空乳母車のお世話になっている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お袋の膝 | トップ | 正座 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
婆ーや何時迄も達者でね (空乳母車)
2017-03-13 09:26:25
春の小川はサラサラ流る
……
咲けよ、咲けよと
囁く如く
1912年、文部省唱歌。

もう100年以上歌い継がれた代表的な懐メロである。70過ぎてもこれ
を耳にすると突然
故郷の山、川、野山の映像が出現、60年前の自分をふりかえる。
小川の流れを堰止めて、水をかいだすと、フナっこ、なまず、泥鰌がのろのろとあつまる。手でバケツに集めていると昼ですよと婆ーやが呼びに来る。折角、水をかい出しフナっこが集まって来たので、ハイ、直ぐ帰ると言って婆ーやを送りかえす。そう言えば跡を継いだ弟の嫁っ子、もう当時の婆ーやを超えたかな、膝、関節が痛いと空乳母車のお世話になっている。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。