田舎でテニスを

ボニートテニスクラブ
日々のレッスンの様子と     
コーチの時々思うこと…

第33回RSK選抜ジュニアテニス選手権大会・中国予選

2017-08-05 | レッスン日記

8月2~4日、松江市運動公園テニスコートで
第33回RSK選抜ジュニアテニス選手権大会の
中国地区予選大会が開催されました。

シンが優勝しました
10月に開催されるRSK全国大会に出場します!

全中や中国ジュニアでは体調不良でドンマイな
結果となり、多くの方のご心配や励まし、アド
バイスをいただきました。負けて学ぶことで
今回の結果に結びつけることができました。


私達は前日入りしましたが、会場で事前練習して
いる選手が何人かいました。真剣です。
シンも一緒に、会場の雰囲気やコートの質を確か
めるように打ち、夕方には みんな明日からの
勝負に向かって真剣モードになりました。
大会が終わって考えてみると、あの時間帯にいた
選手は上位の結果でした。

そして本番。
連日35度に達する(コート上はもっと暑いはず)
天候の中、3日間子供たちは本当に頑張っていた
と思います。中には2時間半を超すロングマッチ
もあったようです。
暑さと戦い、相手と戦い、自分自身の心と戦い、
夏の大会は子供たちにとって本当に過酷だと思い
ます。まず元気に試合ができることが、どれだけ
すごいことか。心からそう思います。
「負けて学んで 勝って知る」と、あるコーチが
中国ジュニアで負けたシンや私たちに教えてくだ
さいました。シンは中国ジュニアで負けて多くの
事を学びました。今回RSKで勝って何を知ったで
しょうか。そしてユウトも。
シンとナナは試合のノートを書いています。
試合後、もう一度自分のプレーを客観的に見つめ
直し、不足していた点と良かった点の両方を書く
ことで、考え次に活かすためです。
 シンのノート。
           書くことがいっぱいです。



中国テニス協会ジュニア委員会のみなさま、
島根県審判団のみなさま、大変お世話になりました。

全国大会、頑張ります!

『テニス』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 益田市夏季市民シングルス大会 | トップ | しまねオープンジュニアトー... »