弁理士の日々

特許事務所で働く弁理士が、日常を語ります。

ボケモンGOその後

2016-10-18 19:35:42 | 趣味・読書
ポケモンGOについて前回報告したのは9月25日です。始めてから1ヶ月程度でした。
それからさらに20日以上が経過しました。

毎日確実に歩いているので、ゲームは着実に進行しています。
ゲーム開始以降、歩いた距離は累計221kmになりました。
訪れたポケストップは2759回、捕まえたポケモンは1790匹、孵化したたまごの数は212個です。
その結果、ポケモン図鑑に登録した種類は112種類です。
たまごから孵化したポケモンのうち珍しいものはというと・・・。
ラプラスを1匹孵化させたことは前回報告しましたが、その後、2匹目のラプラスも生まれました。また、プテラも2匹になりました。ルージュラも私にとっては珍しいポケモンです。カビゴン、ポリゴン、ラッキーは、前回の時点ですでにゲット済みでした。

歩くルートとしては、ずっと井の頭線の沿線(浜田山と明大前の間)のみでした。ポケモンはたまにしか出現しませんし、出現するポケモンの種類も限定されています。例えば、進化でギャラドスをゲットするためにはコイキングのあめを400個集めないとならないのですが、1日にゲットできるコイキングはせいぜい数匹の範囲内です。獲得したコイキングのあめが350個まで行きましたが、400個はまだまだ先です。

先週、9日の日曜、午前中は雨だったのですが、午後は雨が上がったので、近所にポケモン捕りに出かけることにしました。井の頭公園も近所にあります。そこで、井の頭公園へ行ってみることにしました。
行ってみてびっくりしました。公園の敷地内は、どこもしかこもポケモンがうじゃうじゃ生息しています。一番多いのはコイキングでした。普段、2km歩いてポケモンが数匹捕れる頻度と比較すると、全くの別世界です。
帰宅して整理してみたら、コイキングのあめは軽く400個を超えていました。こうして、進化によってギャラドスをゲットすることができました。

ギャラドス以外で、もうすぐゲットできそうだとして狙っているポケモンとしては、ニドラン♀を2段階進化させてのニドクイン、ニドラン♂を2段階進化させてのニドキング、ナゾノクサを2段階進化させてのラフレシア、イーブイの進化形としてのサンダースなどがありました。しかし、普段の通勤路では、ニドラン♀、ニドラン♂、ナゾノクサ、イーブイなどはほとんど出現しません。

翌10日(体育の日)は、久しぶりに雨が上がったので、家内と高尾山に出かけることにしました。別にポケモンを期待したわけではないのですが、京王線の高尾山口駅を出てからリフト乗り場に到着するまでの間、ここもポケモンがうじゃうじゃでした。一番多いのはコイキングですが、すでにギャラドスをゲット済みなので、コイキングはほとんどパスしてしまいました。そしてコイキング以外では、ニドラン♀、ニドラン♂、イーブイが、群れのように出現するのです。こちらは見かけたらゲット、を繰り返しました。
リフトを降りてから高尾山山頂までは、携帯の電波が届かないところが大部分ですが、山頂ではまた電波が届き、ポケモンGOが作動しました。山頂でも、特にイーブイがたくさん捕れました。

こうして、ニドキング、ニドクインが、あっという間に進化で獲得できました。

イーブイの進化形は3種類あります。シャワーズ、サンダース、ブースターです。このうち、シャワーズは野生で捕獲していました。バスで首都高を走っていたとき、たまたま渋滞だったのですが、高速道路上にシャワーズが出現したのです。うまく捕獲できました。ブースターは初期に進化で獲得していました。
残るはサンダースです。高尾山から帰ると、イーブイのあめは25個を超えており、進化の準備はできています。一方、普通にイーブイを進化させると、3種類の進化形のうちでどれが出現するか選択できません。そこで裏技を使いました。進化させるイーブイの名称を「イーブイ」から「ライゾウ」に変更し、そのうえで進化させると、確実にサンダースが生まれるというのです。やってみたらその通りでした。
こうしてイーブイの進化形3種類も獲得です。

トレーナーのXP値を上げるため、いわゆるポッポマラソンも4回か5回、行いました。キャタピー、ビードル、ポッポの3種類は、普段歩く道路でも頻繁に捕獲することができ、また、進化させるに必要なあめの数がいずれも12個なので、いっぺんに大量に進化させることができます。そしてこのとき、XPを獲得することができます。また、このときに「しあわせのタマゴ」を用いれば、獲得できるXPの値が倍になるのです。

このようにしてXPを増大した結果、現在では、取得したXPが693470、そして、トレーナーレベルは現在24、もうすぐ25です(前回報告時はレベル21)。

 

ところで、図鑑の末尾を見ると、右上写真のように、144の下、ハクリューの右にシルエットが見えます。ここはカイリューの場所です。これまではシルエットもなかったのですが、井の頭公園から帰った夜、ここがシルエットになっていることに気づきました。ということは、気がつかないうちに、どこかでカイリューに邂逅し、うっかり取り逃がしていた、ということになるのでしょうか。
その後、図鑑の004番もシルエットに変わっていました。ここはヒトカゲの場所のようで、ということはヒトカゲをも知らないうちに取り逃がしていたのでしょうか。

その後さらに進化が進行し、フシギバナ、ラフレシアも進化でゲットできました。
当面狙っていたものはほとんど獲得してしまいました。
後は、有名どころでは、カイリュー、カイリキーあたりが残っているのみです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊藤祐靖著「国のために死ね... | トップ | 伊藤祐靖著「国のために死ね... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。