今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

「太陽にほえろ」同窓会ですって

2011年09月21日 21時33分50秒 | TV番組レビュー

 帰ってきてテレビつけたら、なんかのバラエティでたまたまそういうのをやってました。あのドラマは一時は相当はまってて毎週見てたので大変懐かしく拝見。金曜8時というと、我が家はなぜかその頃NHKの「天下堂々」という不人気時代劇を見てて、それが終了して後番組がつまんなかったから「太陽にほえろ」を見始めたと記憶してます。あれが何年頃なのかは定かではありませんが、そういう事情でマカロニもジーパンも知らず見始めたときは既にテキサス刑事でした。

 で、その後すごく気に入ってノベライズ本は買うは、写真集は買うは、サントラ盤も買うはで相当のめり込みました。特に好きだったのはサントラで、A面が太陽にほえろでB面が傷だらけの天使というのと、A面が太陽にほえろでB面が俺たちの勲章というのと2種類持ってました。最初の方のサントラは全部井上尭之バンドの演奏で、そのLPのクレジットによるとメンバーは、ギター:井上尭之、速水清司、ベース:岸辺修三、キーボード:大野克夫、ドラム:田中清司でした。岸部さんはジュリーのバックではピック弾きしか見たことないのですがこのサントラも全部そうだったのでしょうか? ピックであろうと指であろうとこういう曲は関係ないのかもしれませんが、どの曲もかっこいいですよね。あんだけ弾けるのにいきなり役者になろうとしたのはどういう心境の変化だったのかわかりませんが、あの人の自伝とかはないのでしょうか。

 なお、「太陽にほえろ」のサントラではメインテーマがやはりいいですが、ギターがかっこいいのは「情熱のテーマ」というの。今もギターを抱えるとついついこれを弾いてしまいます。「傷だらけの天使」の方も好きな曲が多いのですが、あのA面B面を組み合わせたLPをそのままCDにしたのは見つけたことがないので、出てないのかなぁ。あれをあのまま高音質で聞けると嬉しいのですが。それと、LPのクレジットにはSaxとかトランペット奏者のクレジットがなかったのですが、あれは誰が吹いてたのでしょう? Saxは村岡さんとか聞いたことあったようなないような。

 ところで、LPのインナーには各刑事のプロフィールが紹介してあったのですが、竜雷太氏演じるゴリさんはゴリラが語源じゃなくて「ゴリ押し」な人だからってのは知ってました?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブースカブースカ | トップ | ん~ちょっと魅力か »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (DEE-2)
2011-09-22 02:20:38
この番組みました。
「傷だらけの天使」でも、やたらとがなってる理由がよくわかりました。。

しかし、よくショーケン、キャスティングしましたな。
サリーのヴォーカル好き (くすくす)
2011-09-22 09:57:17
「天下堂々」大好きでした。
あれはNHKの代表作です。

サリーのベース。
その道の方に褒められるほどうまいとは知りませんでした。
確か、彼は音楽の仕事が無くなって、
専業主夫でスーパーでお値打ちを買っているような時期に、役者に誘われてその道で芽が出たと本人が言っていたのを観た覚えがあります。
太陽にワオ~ン (ハイパパ)
2011-09-23 00:00:39
>DEE-2さん

途中から見たので「傷だらけの天使」の部分は見てませんでした。再放送ないでしょうか。で、やたらとがなってる理由はなんだったのでしょう???

>くすくすさん

「天下堂々」は不人気で打ち切りになったと記憶してますので、NHKの代表作というと「天下御免」ではないでしょうか? 実は私は「天下御免」は見てなかったのですが…。

で、ノッポのサリーのベースですが、私も専門的なことはわかりませんけど、ロックのベースとしてはかっこいいと思いますよ。ちょっと歪んだ感じで高い方をピックでギンギン弾いてるときの感じが特徴でしょうか。まずは「太陽にほえろ」のメインテーマをボリューム上げてじっくり聞くと堪能できると思います。あとは「寺内貫太郎一家」の第一シリーズのテーマ曲もベースがかっこいいです。ジュリーの「危険なふたり」も井上尭之バンドっぽい気がするのですが、本人達はレコーディングはやってないっていうんですよね。本当かどうかわかりませんけど。

で、音楽の仕事がなくなったというあたりはなんででしょうね。食えなかったのかバンドのカラーと合わなかったのか。元々GSでスターだったからバックバンドとかサントラの演奏ってのが嫌だったのかもしれませんけどね。
Unknown (DEE-2)
2011-09-23 02:56:47
ゴリさんに突っ込まれてましたが、当時声が裏返ったりガラガラだったことが多かったそうです。
朝まで飲んで遊んでたのが理由ということだったと。

まあ、がならないとまともに声が出なかったようですな。
御免なさい (くすくす)
2011-09-23 20:35:32
また、間違えてしまいました。
言われて思い出したのですが、同じ「天下」と付いたので、期待した分、余計、がっかりしたのを思い出しました。
私が好きなのは「天下御免」でしたw
いつもながらの記憶力に脱帽です。

「太陽にほえろ」のメインテーマ聴いてみましたが、音感ない上にほかの人が弾いているのを聴いたことがないのでちがいが?でした。
でも、ベース「らしき音」がかなり効いているのはわかったです。
只今、ジュリー曲に凝っているので、ベース中心に聴いてみます。
ゴリ押し~ (ハイパパ)
2011-09-23 23:29:05
>DEE-2さん

あら、そんな感じですか。そういえばショーケンの「ショーケン」という本を持ってるのですが、あれをじっくり読むといろいろとわかりそうですね。あの本は結構面白いですよ。ドラマ作りの拘りが結構わかって。

>くすくすさん

やっぱり~(笑) まぁよくあることですので、御免と言わず堂々とどうぞ。

で、ジュリーの曲はレコーディングではどの辺からどの辺までが岸部さんなのかってのはわかりにくいですね。テレビ番組画像では「時の過ぎゆくままに」を弾いてるのを見た事があるのですが、年末の紅白の時はもう変わってたと思います。音を聞くと「時の過ぎゆくままに」はピック弾きのような気がするのでレコーディングも岸部さんかもしれません。古いほうだと「君をのせて」とか「追憶」は岸部さんのような気がしますが、どうかなぁ…。ちなみに岸部さんの後任の佐々木隆典さんという方はかなりタイプが違うので一番聴き比べがわかりやすいのは寺内貫太郎一家の新旧かな? ま、岸部さんのベースを聞こうと思うとタイガースかPYGが確実なんでしょうけど。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む