今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

楽しくはないんですがまずは下山事件から

2017年01月25日 23時03分28秒 | 映画

 先週録画した映画は「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」「ふたりのイーダ」「切腹」の3本。どれから見ようかと思ったものの、どれも楽しくはなさそうなので一番ハードルの高そうな下山事件から見始めました。

 これは1981年の映画ですが全編モノクロ。日本アカデミー賞優秀作品賞だったそうで当時は話題になったのでしょう。私はというと当時受験生だったので当然見てません。まぁ受験生でなくとも高校生が見たがる映画ではないですが。

 それにしても、この下山事件は現在の解釈ではどういう意見が大勢なのでしょう? 映画で捜査の状況を見るにつけ、今のように科学捜査が発達してたら…と思います。多分自分が犯人だとか真相を知ってるとか言って売名行為で名乗り出た人はいっぱいいたのではないかと思いますが、真相はいかに。

 ちなみに、下山事件、三鷹事件、松川事件とか聞いても「なんのこっちゃ?」という人はどっかで調べて下さい。凝り出すと抜け出せなくなるかも…。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ「お母さん、娘をやめ... | トップ | 尾崎亜美様がニッポン放送に »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
怖いもの見たさで? (むつら)
2017-01-26 11:44:15
一昨年くらいにBSで見て、凝りだしそうになって抜け出せなくなりかかりました。関連本も最近までいくつか出てるので読んでみようかと思いながら踏みとどまりましたが。
事件現場が元実家(4年くらいしか住んでいないんですけど)の近所なので、変な親近感!いえ恐怖感がつのります。

真相が謎のままなのですが上手く作られてますよね。もっと知りたいと思わせるところで終わってしまい、そこがツボなのかな。だからもう一度見たらまた嵌りそうです。怖いけど。
確かに怖いです (ハイパパ)
2017-01-28 22:49:27
私は10年ほど前に知り合いから「現代事件史」というような本を借りてこの事件を知りました。当然松川事件も三鷹事件も出てたので、なんかゾッとしたもんです。事件現場を知ってたりすると余計身近に感じたりするのでしょうね。

真相が謎というのが魅力的なのですが(?)、じっくり考えるとGHQの関与は?、もしや政府が?とか思って、その当時の時代背景まで気になってしまうので本当にはまります。

埼玉では「狭山事件」というのもありましたし、事件史は軽い気持ちで手を出すと危険ですよね(笑)

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事