今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

これは買いだっ!

2009年10月13日 23時18分41秒 | 尾崎亜美

 尾崎亜美さんの11月発売予定のベストアルバムについて、収録曲情報がClubAmiiとかTearoom Amiiにありましたので、ポニーキャニオンのサイトを見てみました。すると、たしかに収録曲が掲載されてました。ということで収録曲は下記の通り。

1. オリビアを聴きながら
2. 天使のウィンク
3. 伝説の少女
4. My Song for You
5. 愛に恋 Love Is Gonna Get You
6. 春の予感 ~I've been mellow~
7. 時に愛は
8. あなたの空を翔びたい
9. Endless Dream
10. Southern Cross
11. 鐘を鳴らして
12. 月の浜辺 ~マヤマヤビーチ~
13. 地中海ドリーム
14. My Shiny Town
15. SWEET CHRISTMAS SONG
16. パステル ラブ
17. Walking In The Rain

 今回の目玉は「My Shiny Town」と「SWEET CHRISTMAS SONG」の2曲。いずれも初CD化です。「My Shiny Town」はシングル「Love Is Easy」のB面だった曲で、。「KBS京都創立30周年記念キャンペーン We Love Beautiful KYOTO イメージソング」だったそうです。当時というか発売後数年たってもずっとKBS京都では毎日かかってましたので、亜美さんのファンでない人にもかなり知られてます。長年CD化が待望されてましたが、何のきっかけか思いがけずにかないました。もしかして、今も毎朝かかってるのでしょうか?(なお、この曲についてはここにも情報があります。)

 一方「SWEET CHRISTMAS SONG」は、アルバム「Air Kiss」のボーナスシングルの曲でした。このアルバムはCDになってますが、そちらには収録されておらずファンの間ではもちろん待望論もあったと。歌詞といいメロディといいアレンジといい、もちろんヴォーカルも含めて「これぞ尾崎亜美!」という仕上がりで、亜美さんの曲の中では私がもっとも好きな部類に入る曲でもあります。(アルバム解説はこちらをどうぞ

 なお、シングル「Love Is Easy」とアルバム「Air Kiss」はともにデイビッドフォスターのアレンジ。が、この2曲とも編曲:尾崎亜美となっております。したがって演奏しているミュージシャンは不明。謎だ。(って、この辺こだわるのは私だけでしょうか?)

 さて、ベストアルバム収録曲については「どのヴァージョンか?」というのも気になるところですが、そこはそれ私が解説しましょう。まず「オリビアを聴きながら」ですが、「編曲:今剛」となってるのでこれは「ラピスラズリ」ヴァージョンです。

 「My Song for You」は編曲者では区別できないのですが、親切なことにサイトで試聴できました。全体的なアレンジでは大差ないのでこれを一瞬で判断できれば上級者ですが(?)、今回はシングルヴァージョンですね。私はわかります(笑) ちなみにCM曲を集めたベストアルバム「CMネットワーク」に収録されてるのもシングルヴァージョンなので、一般的といえばそうですが。

 「春の予感」はポニーキャニオンのCDですので、当然「POINTS」のヴァージョン。問題は「Endless Dream」ですが、アルバム「ナチュラルエージェンシー」では英語詞なので訳詞としてJames Udeskyの名前が入ってるんですね。ということは、シングルヴァージョンでしょうか? 私は日本語詞の方が好きなので歓迎しますが。

 「月の浜辺 ~マヤマヤビーチ~」ですが、実はこれも2ヴァージョンあってシングル「恋するマリンパーク」のB面は「編曲:小林信吾」となってます。ということで、編曲者名を信用すれば今回はアルバムヴァージョンですね。

 こうやって全体を見ると結構「POINTS」からが多いのはファン以外の人のウケを狙ったのでしょうか。それにしては「POINTS-2」からが1曲もないのも意外だったり。いずれにしても、かなり貴重な初CD化が2曲もあるのでこれは買いですね。2100円というのもお得感ありますし。なお発売は11月18日です。どーですか、お客さん。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加