今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

秋の気配

2016年08月24日 23時07分19秒 | 日記

 一体なにで秋を感じるかというと、50%の人がビールの季節限定商品だと答えるそうです。(当サイト調べ) で、今年も出ました。まずはサントリー「秋の旬味」と、クリアアサヒ「秋の琥珀」。多分ビール4社が全部出すでしょうから、また違うのもあるのでしょう。

 で、今日は「秋の旬味」を飲んでみましたが、やや濃いめの色と黒ビールに近いような口当たりと芳ばしさが特徴。「食事とよく合う」と書いてありましたが、缶のイラストでは松茸とかサンマとかもみじとか。残念ながら今年はどれも食べておりませんが、明日は永谷園松茸の味お吸い物とサンマーメンともみじまんじゅうを味わいながら飲んでみたいと思います。

 が、しかしまだバリバリ夏やなぁ…。ちなみに「ビールじゃなくて第三のビールでしょ!」という突っ込みは受け付けません。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

サブがメインに来たというか

2016年08月23日 23時27分32秒 | 日記

 伊集院光さんがラジオで言ってた話。この人は48歳だそうですが、子供の頃はアニメとかゲームが好きっていうのは胸を張って言えないような環境だったとのこと。もちろん今回のリオ五輪の閉会式の話からですが、本当にゲームとかアニメとかを日本文化の中心として紹介してたので。

 たしかに伊集院さんの言うように、私の子供の頃もまだ「オタク」という言葉こそなかったものの、「子供は外で元気に遊ぶべし、家の中で閉じこもるのは不健康」というのは世間一般の風潮だったと思います。子供がアニメとか漫画が好きなのは当たり前として、何を差し置いてもそれが一番好きというのは言いにくい感じはありました。

 アニメに関しては宇宙戦艦ヤマトくらいから世間的な地位が高まったでしょうか。大人も真剣に見るので、許されるという感じで。あとはガンダムもそうかも。

 何にしても、本来サブカルと言われていたものがメインカルチャーとして扱われるようになったという話は、もうあちこちで嫌と言うほど語られてるでしょうね。いや、それにしても今のようにアニメソングがヒットチャートにガンガン入ってくる状況が昔からあれば、堀江美都子さんなんて国民的な大スターになったでしょうにとか思ったり。あ、水木一郎アニキもそうか。

 そういえば、町山智浩氏はリオ五輪の閉会式について「スタジオジブリが一切なかった」と言ってましたが、そういわれてみれば…。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ツイストプリンス

2016年08月22日 22時17分04秒 | 日記

 体操の白井選手のことを「ひねり王子」と言ったりするのだそうな。「ひねり」と言えば思い出すのが、某コピーバンド。仙台のジャズフェスに出てたのですが、あの世良公則さんのいた「ツイスト」のコピーバンドなので「ひねり」という名前なのだとか。私は彼らのステージは直接見てないのですが、目撃談によるとMCはお笑い系なのだそうですが、その辺もひねってるのでしょうか。仙台では有名な存在のようですが。

 ということで、「ひねり王子」もいっそのこと「ツイストプリンス」としたらどうでしょうか。もしかしたら、ツイストの曲とプリンスの曲をやるバンドでそういう名前のがあるかもしれませんが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「快盗ルビイ」

2016年08月21日 13時15分31秒 | 映画

 ご存じ小泉今日子主演で1988年公開の映画ですがWOWOWで録画しました。先日からマッチと中森明菜の映画とか松田聖子のプルメリアの伝説とか、80年代アイドルの映画をチェックしてて、どちらもあんまりバカバカしかったので怖いもの見たさに(?)この映画も見た次第。

 主演のキョンキョンは確かに可愛いし、当時この人で映画を撮ってみたくなる気持ちはわかります。アイドル映画とすると、大胆なキスシーンがあったりするので、当時のファンの人たちは「キョンキョンはどこまで行ってしまうのだろう」とハラハラしたことでしょう。(私はまったくファンではなく興味なかったので映画もチェックしてませんでしたが)

 松田聖子の映画の方は半分コントというか、CMの延長かプロモーションビデオみたいな感じでしたが、こちらは映画としての雰囲気はあります。ただ、どの辺から面白くなるのだろうと思って見ていたら、そのまま終わってしまったという…。設定自体はすごく面白くなりそうな感じだったのですが。

 あまりネタばらしするのも気が引けるので多くは語りませんが、関心ある方は是非ご覧を…って、なんとこの映画は未DVD化なんですと。そういう意味では今回の放送を心待ちにしてた人も多いのかも。まぁ私は別に保存版にはしませんけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生まれたての小鹿と前髪クネ男と

2016年08月20日 22時47分18秒 | ドラマレビュー

 ファミリー劇場での「あまちゃん」ですが、先週と今週は映画「潮騒のメモリー」の話が中心。先週分はいよいよクランクインで、例の「生まれたての小鹿」で薬師丸ひろ子がマジで大笑いするシーンがありました。古田新太氏のインタビューによると「普通のドラマならNGになる」そうですが、あれは何回見ても笑えます。その前の「4キロ…一里」というのも相当おかしいのですが、あれはアドリブでしょうか。

 今週はというと前髪クネ男が登場。物凄いインパクトだったので何回か出演したような感覚があったのですが、実際は1話だけの登場だったんですね。

 ドラマもいよいよ佳境ですが、原俊作と前髪クネ男を抜きにしてこのドラマは語れないと思います。見たことなくてなんのことかわからない方は今からツタヤへGO!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そんなに減量キツイなら

2016年08月19日 21時29分16秒 | 日記
 昨日はレスリングの競技人口は少ないと書きましたが、知り合いで学生時代にレスリングをやってたのが3人います。みんな共通してたのが「減量がキツイ」ということ。一人は同じゼミの奴だったのですが、試合が近づくといつも学内を走っててみるからに頬がこけてるの。当時ゼミの名簿を作るのに証明写真を持ってくることになったのですが、そいつは減量中の写真で、なおかつその白黒写真を名簿に貼ってコピーしたところ、妙に陰影が濃くなって不気味な様相となりました。それ以来、そいつのあだ名は「死神」となりました。

 我々からすると「そんなキツイなら元気出ないじゃない。思いっきり食べて階級上げたら?」と思うのですが、別の知り合いによると人数が足らなくて体重を増やして上の階級に出てみたら、それこそ「コテンパン」としか言いようがないくらいやられまくったそうです。

 ボクシングなども細かく階級が分かれてますから、思いっきり減量して骨の上に筋肉だけがうっすらついてるくらいがいいのかも。力石徹のようになるのも心配ですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レスリングの強い人

2016年08月18日 23時02分58秒 | 日記

 リオ五輪では女子レスリングの快進撃が続いております。レスリングというのは、柔道とかに比べると格段に競技人口が少ないと思われますので、今までレスリングなんかやったことが無いという人の中にも、もしかすると天性の才能を秘めているダイヤの原石がゴロゴロと転がってかもしれません。

 で、自分はどうかというと、体格の割には力はある方だと思いますが、何しろ身体が硬いので実際やってみるとあちこち傷めやすいと思います。あるいはタックルで足を取られたときに、膝が痛くてすぐ身体を回転させてしまったり。

 それを考えると、レスリングに向いているのはどういう人なのでしょうか。力があって首が強くて身体が柔らかくて敏捷性があって、ということをいうと、そういう人はあらゆるスポーツに向いているような気がします。結局一番必要なのは闘争心なのかも。

 が、女子レスリングの場合にポイントになるのは、「濃い父ちゃん」のような気がします。頑張れニッポン!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パーティーとはいえ

2016年08月17日 23時29分23秒 | 日記

 久しぶりに「リッツパーティー」という言葉を聞きました。リッツが今月で販売終了だそうですが、一体本当にリッツパーティーなるものを開催したことがある人がいるのでしょうか。もし友人から「パーティーやるから来て!」という招待状が来たとして、行ってみたらリッツパーティーだったとしたらどうでしょう。

 リッツパーティーとは言え、リッツ以外の具材がネギ、紅ショウガ、ワサビ、ごま塩、ノリタマ、キュウリ、味噌、大根おろし、だったとしたらいかがでしょう? 

 これで怒らなかったら本当の友人と言えるのかも。あるいは「寿司食わしてやる」と言っていなり寿司オンリーだったり、「ステーキおごる」って言って豆腐ステーキだったり。

 まぁ食べ物がリッツだけだったとしても、わたしゃビール飲み放題なら許します。さぁ最後のリッツパーティーやらなくちゃ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ「私という運命について」

2016年08月16日 21時47分47秒 | ドラマレビュー

 WOWOWのドラマですが、原作は直木賞作家である白石一文さんの小説。永作博美主演で、「激動の十数年を生き抜いた美しくも過酷な大人たちの運命を描いた感動のヒューマン・ラブストーリー。」という触れ込み。

 先月再放送してたので録画したわけですが、もう2年前の作品なんですね。我が家は今年からWOWOWに加入したので、まったく知りませんでした。

 WOWOWのドラマはどれも面白くて質も高いし、何よりこれは永作博美主演だし期待が高まったわけですが…。ん~、まぁ詳しい感想は書きませんが、私には何を言いたいのかわからなかったなぁ。もちろん意見には個人差がありますが。う~む。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日テレのオリンピック中継に喝!

2016年08月15日 23時01分42秒 | 日記
 日テレで女子バドミントンダブルスの準々決勝を見ていたら、セットカウント1対1になったところで中継終了。画面は陸上の女子200メートル予選に変わりました。

 「あれ? なんでなんで?」と思ってチャンネルをNHKのBS1に変えてみたら、同じく陸上の中継をやってて画面は同じ。これって意味ないんじゃないですか? 陸上はまだ予選でバドミントンは準々決勝なんだし、どっちが重要だと思ってるのか。

 これで日テレは全国のバドミントンファンを敵に回しましたね。世界ランキング一位ペアもなめられたもんだわ、フン。これは一生忘れないぞ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加