カジテツそのやんのお気楽にっき

未だにモラトリアルな
カジテツ「そのやん」のお気楽くらしのにっきです。
最近若干右側に重力が・・・・

トレンチコートを自分で洗ってみた(やるときは自己責任で)

2017-04-05 20:07:01 | カジテツ故に・・・
そろそろ衣替えの季節ですね。

近所のクリーニング店が閉店して以来、
クリーニングに出すのが不便になり困っています。
大手チェーンではなく、個人経営の仕上げも丁寧なクリーニング店だったので
自分の中で大事にしていた物だけ出していました。
その分クリーニング料金も割高でしたけどね。

さて、クリーニング店もなくなった、チェーン店は今一信用出来ない。
となれば、自分で洗うしかないじゃない?
という訳でコートを自分で洗う事にしちゃったのだ。

実は秋に別のコートを洗ったのです。
大昔に買ったヴェルサーチのロングコート。
ロングコートが最近また流行りだしたので
「ボタンを付け替えたら、ひょっとして又着れるんじゃね?」
と思って。
でもず〜っとクローゼットに眠っていたし、今更クリーニングする程でもない。
じゃぁ、自分で洗っちゃおーって事で
洗濯機の手洗いコースでエマール入れて、ブンブン洗っちゃいました。
厚手のウール地だったけど型崩れも伸び縮みもなく意外に簡単に洗えました。

これに気を良くした私は今回バーバリーのトレンチを攻めてみました。

さすがにこれはちょっとネットでググってみましたよ。
誰か先達はいないかと。
さすがに世の中には色んな方がいらっしゃって、
トレンチコートをお家クリーニングしたブログがありました。

長い事着てるとクリーニングしてても襟周り、袖口に付いたシミが地味〜に取れてなかったりします。
うちにあるコートも25年以上モノなので、それなりに汚いです。
ブログを読むと、洗濯する前に襟周りは染み抜きするとあるので、
早速記載通り、酸素系液体漂白剤と重層(同量)を混ぜた液を
歯ブラシを使って叩くようにして汚れを落としていきます。
袖口なんかも意外に黒っぽくなっているのでエイエイってやります。
叩くようにしないと生地が傷むって事らしいけど、案外ゴシゴシしても
トレンチの生地は丈夫みたいで大丈夫でした。
生地を濡らすと汚れが分かりづらくなるので、乾いているうちに
よく確認しておかないと失敗します。(それワタシ…。)
裾の内側がくすんでたのを乾いてから気付きました…。


染み抜きが完了したら、液を洗い流してから次、洗濯機の出番です。
手洗いコースやクリーニングコースで洗います。
洗剤はエマールを使いました。
柔軟剤も使いました。
ちなみに洗濯ネットは使ってません。

私は脱水の時間を基準より2分程長くしたんですが、
結果は基準通りの方が良かったかもしれません。
(基準は干していると裾から水が落ちる程度のゆるさなのよ)

ハンガーに掛けて干すだけで結構シワは取れますが、
脱水が短い方がよりシワは付かずに済みます。
一応アイロンもかけました。
襟周りも袖口もゴシゴシした所は綺麗になりました。(見落としもあったからね)

洗濯で困った所はベルトです。
ベルトってバックルは皮でしょ?
どうやって洗濯するんだろう。
私は限界までバックルを濡らさないように手洗いしたんですが。
あれって外れたりするんですか?
誰か教えて〜

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 定年が無いという事とプライド | トップ | 新しい洗濯表示 »

カジテツ故に・・・」カテゴリの最新記事