梵3の部屋~From Daily Life to Vacation

食べ歩きと旅行が大好き!レストランの情報・旅先での様子や日常を気ままに綴っています

ドイツ国内旅行-ハノーファーへ移動&観光

2017-01-04 | フライブルク観光・ドイツ国内と周辺国
9時の列車なのでサクサク朝食を取って荷物をまとめてチェックoutします。


シャンパンありましたが敢えて飲まず(笑)


ブレーメン駅構内
大聖堂に市庁舎、音楽隊の絵が描かれていて面白いです。


そして!!
ものの1時間で到着!
ハノーファー!!


チェックインまで時間がありますが、荷物だけ先に置かせてもらい街に繰り出します。
ホテルはノボテル・ハノーファーシティ


まず向かったのはハノーファー・ツーリズム
ニューイヤーの翌日ってことでしっかり開いていました(笑)


いわゆるインフォメーションセンターなのでマップやお土産など色々置いています。


こちらには何やら賑やかそうな屋台がたくさん!
大晦日も元旦もきっと賑やかだったんだろうな、、、(笑)


まずはマルクト教会


イエス誕生


教会内


祭壇


街と教会のコラボ


続いてハノーファー歴史博物館を見学!


可愛いアイアン看板♡


お祭りの時の衣装


乗り物など


大好きドールハウス☆


そして、St. Aegidienkirche(エギディエン教会)
1943年の空襲で焼けてしまった教会ですが、戦争の悲惨さを伝える為にそのまま保存しているとのことです。


教会内部


この辺りが祭壇だったのでしょうか。

ドイツの歴史は詳しくありませんが、ハノーファーも被害を受けていたのですね。。。


更に、ケストナーミュージアム
市庁舎の隣に立地。
古代エジプト、古代地中海文化、中世から現在までの美術工芸品、貨幣を展示しています。
その大部分は市に寄贈されたオーギュスト ケストナーのコレクションとフリードリッヒ クールマンのコレクションだそうです。


子どもが、「ママ、マミーだよ!」と言うの見たらミイラでした。
ママがマミーなんて単語覚えたの受験の時だったな、、、
4歳で既にそんなの知っているのね。
なんだか置いてけぼりな気分(笑)


紙幣


陶磁器


最後に市庁舎


冬期は閉庁していますが内部の見学は自由です。


一階の大ホール
結婚式していました〜テンション上がりますね♡


この大ホールにはハノーファーの発展の歴史が展示されています。


帰りにビッグホットドックを買って帰宅〜


お部屋はスーペリアスイートʕ•ᴥ•ʔ
メインベッドルーム
ベッドの下に更に小さいベッドがあるなんて機能的!
でも別室にもう一つベッドあるので使わないかな(笑)


バスルーム
バスタブとシャワー室が別でした〜╰(*´︶`*)╯♡

あと、ディナーはクラウンプラザホテルのラウンジで頂きました〜



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へにほんブログ村
『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツ国内旅行-ブレーメン観光 | トップ | ドイツ国内旅行-クラウンプラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。