ボナさんの北海道の釣り三昧II

投げ釣り主体に北海道の沿岸に出かけます。夏にはフナや鯉釣りも。

指を切る

2017-05-16 22:10:00 | 釣り
今週の釣り会で釣れなくなったなら、砂浜なら遠投の練習でもしようと、作業用に売られている皮手袋の指を切りました(写真下)。

このアイデアは、10年以上前だったと思います。勤め先で出会ったキャスターさんからでした。その後、寅の沢では、横で釣っていました。投げる、釣るを両方出来る、このアイテムを気に入りました。その後、投げるのをきちんと系統的にトレーニングしなかったので、まったく進歩していません。



10年以上も前から、既に指の切ってある釣り用手袋以外の手袋も、人指し指の部分は残し他の指は適当に切っています。餌をつけて投げる場合に、右手指の関節を痛めることが多いので、淡水釣りの場合でも、このタイプの手袋で投げて、着いたならタモですくって、タオルでつかんで水に浮かせたネットに収容しています。布製の手袋で指を切ったのを使っています。

魚の釣れた場合、吊り上げた後では、タオルで魚を抑えています。極力、手袋をはいた状態を続けて、水で手を洗わないようにしています。皮膚が弱いので、生手で、魚に触らないようにしています。個人の経験と感想ですので、釣果や距離は保証はできません。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ジンクスは生きていた | トップ | 寒くなったり熱くなったり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。