ボナさんの北海道の釣り三昧II

投げ釣り主体に北海道の沿岸に出かけます。夏にはフナや鯉釣りも。

怪我(けが)外来、知っていますか?

2016-12-07 15:35:23 | 釣り
釣りに関する怪我の功名は、釣りバスで自分が入ろうと思っていた釣り場に、先輩が入ると言っているのを聞いて、別の場所に入らざるを得なくなって、たまたま入ったその場所で大漁することはよくある「怪我の功名」。実際に怪我をした場合、昨年の夏。雨が強くなってきたので、淡水の釣りを止め、道具を片付けている最中に、滑って土手から落ち、ひっくり返った際に右の拇指(親指)に切り傷と打撲傷を負い、適当に処理していたのがたたって化膿し、近くの救急外来にある怪我外来(札幌に此処だけかもしれません)を受診しました。写真の上は、指負傷の現場、次いで増毛別狩のカレイ場、下は、雨のGW,増毛港内






患者の数の割に、担当されている医師をはじめ、スタッフが少なかったせいか、5時間以上待たされました。受付してから4時間以内に出庫したなら無料の駐車料金が、5時間以上でしたので有料になりましたのは、不満でしたが。診て呉れた医師。整形外科の先生でしたが、長く待ったのを気の毒がって、次回は、私が外来に出ている日に予約してください。再来ですから、少しは早く診れるでしょう、と日程を調整して呉れました。今でも痛みますが、数回通って、釣りが出来るようになりました。

この先生との出会い。診察での態度は出色ものでした。診て呉れた先生とは大学も異なり、保険証は、後期高齢者医療被保険者証を使っており、私が医師であることを知っておりません。素晴らしい対応。自分にはないものと、感心していました。フアンになって、カミさんが手指の怪我をし化膿した時、この怪我外来に連れて行きました。

診られた先生は、違っていましたが、局所麻酔の注射も痛いですから、注射と怪我の処置で2回痛がるより麻酔無しで1回の方が良いと思いますがと、膿と一緒にトゲのようなものを抜かれ、無事、排液されて帰ってきました。これも有りかな、と私は思っていましたが、カミさんは、不服たらたら、「私は、麻酔無しで太い針を刺された。」と武勇伝のように、近所のおばさん方との集まりでぼやいております。怪我のような些細な、小外科の外来が見当たらない現在。素晴らしい応対をされたお二人の先生方を知ったのは、怪我の功名でした。

『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 手書きの釣り場メモ | トップ | 釣り会を続ける秘訣って »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。