ボナさんの北海道の釣り三昧II

投げ釣り主体に北海道の沿岸に出かけます。夏にはフナや鯉釣りも。

水の冷たい時は、匂いで勝負

2016-11-02 20:21:34 | 釣り
良いにおいは匂い。くさいにおいは臭い。魚達も、悪臭は好みではないでしょう。寒い時には、お腹が減ったなら、深場にじっとしているわけにはいかないでしょうから、カニなどのエサを求めて浅場にもやって来ます。前回の釣りで、カジカの口の中に生きた磯カニが入っていました。磯カニの居る玉砂利の混じった磯が狙いめでしょう。

匂いで誘うには、遠くまで届く良い匂いと血の匂いが決め手でしょうね。30日、釣りから帰った向かいの名人Oさんから、血合いまぶしのカツオが良かったという話を伺いました。例年に倣い、画像を、見ただけでもくさく感じるようなカツオの血合いまぶしに、すりおろしニンニクを混ぜることにしたのです。去年は、二階で血やにおいにまみれてカツオを捌いておりましたが、今、孫たちが住んでいますので、カミさんを日本語ボランテイアに送った後で、窓を開けて、換気扇を回し、1階で少しづつ血合いまぶしを造っていました。

月曜に買った大振りのソーダカツオの冷凍のもの2本をチルドの中で解凍し、水曜日の昼間半身の2匹分、合わせて4匹分を混ぜ合わせていたのです。写真下のように、ビニール袋に容れて出発まで保冷します。夏なら冷凍保存しますが、今の時期はチルドです。針のサイズは、サクラマスのSやフカセの15号でシーガーMaxのFX7号で結んだものを刺します。



公式の大会では今年最後ですので、竿は3本出します。イカゴロ50本、サンマ3尾、塩イソメ少々も持参します。勿論、徹夜で釣ります。イカゴロは、明けても集魚効果はありますので、無くなるまで、使い切ります。養殖に行く気分です。山越から森海岸の噴火湾へ。

『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 魚を捌く | トップ | 野球観戦の後で »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今も釣りシーズン終了近し! (リシャール)
2016-11-03 20:27:12
釣りの例会も終盤戦と成って来たんですね〜〜!(∋_∈) 月日が経つのは早いものですね〜!(*_*) 釣りをする自分でも臭いのだから、釣りをしない家族には敬遠されるのも頷けますよね!(@_@) 例会の日の天候と大漁を祈っております!(^_^)v
Unknown (ボナ)
2016-11-03 23:27:32
リシャールさん、冬のコマイ釣りが出来るように、銭函にコマイが回遊してくるといいですね、楽しみにしています。

コメントを投稿

釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。