ボナさんの北海道の釣り三昧II

投げ釣り主体に北海道の沿岸に出かけます。夏にはフナや鯉釣りも。

医釣会50周年記念ファミリー大会

2016-09-18 17:05:30 | 釣り
17日から18日にかけて、医釣会の50周年記念大会が、31名の参加を得て積丹一円を舞台に繰り広げられ、家族や同じ職場の友人が、釣りバスや自家用車に乗って参加しました。

バスは、午後6時半に札幌を出発、自家用車組は、交代するか、仮眠するかで、事故を起こさないように、気を付けました。記念大会の例会長は、積丹の主のような鈴木さん。例会長を支えたのは、積丹通の天崎先生と栃真賀さん。

私の初めに入った余市は、風がまともで、盛んに雨が降っているのに、他の釣り場は晴れているというように、積丹半島の表、裏、では、風も違うように、条件が異なっておりましたけれど、みな酷い夏枯れで、子供さん達には気の毒な目に合わせてしまいました。しかし、ファミリーやゲストに厚く賞品を揃えた会長、例会長と幹事には感謝です。写真下は、会員の部の入賞者。優勝したのが、半年ほどこの日の為に調整し、当日も、何度も参加者の消息を確認するなど一生懸命に務めたのを釣りの神様が見ていたのでしょう。例会長の鈴木さん(積丹入舸に入漁)。ありがとう、楽しかったよ。左、準優勝は、岸壁釣りの王者と言われる国際ジャンプ審査員でもある太田さん(美国)。右は、3位のササデン笹島さん(美国)。4位は、氏家会長、5位は、大内さん、6位は天崎先生。7位は、栃真賀さん、8位は小山さん、9位は私。





ゲスト、ファミリーの部。優勝は、上の写真、左に座っている高橋なおきさん(入舸)。準優勝は、私と同じ職場の伊熊華子さん(写真右、美国)、入賞ならなかったご主人は、表彰式後リベンジに引き返しました。3位は、柳生家を代表して圭太君(中央、美国)。4位は、柳生悠太君、5位は、菅井えりさん、6位は、長谷川あきらさん、7位は、斉藤なるきさん。写真下は、私は、4時間雨にあたった後、雨が降らなかった古平の岸壁に移りました。吉本さんと友人の車が、写真の奥に見えます。



『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 敬老の日の釣り | トップ | 釣りで流した汗は、財産 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。