ボナさんの北海道の釣り三昧II

投げ釣り主体に北海道の沿岸に出かけます。夏にはフナや鯉釣りも。

イカゴロが・・・

2016-09-15 21:36:39 | 釣り
先日、銭函のHさんから、イカゴロはないよ。とすげなく断られました。今日、帰宅途中で苗穂のOに顔を出したところ、イカゴロは、Sサイズしか見あたりませんでした。

巷からイカゴロが減った理由の背景は、何か、と聞きますと、エサの卸の筋がイカゴロからソーダカツオにシフトしているとのことでした。スルメイカの大きいのが獲れなくなったと言われた数年前からの理由だけではありませんでした。

道内の日本海沿岸や太平洋沿岸、それにオホーツク沿岸のサケ釣り場に行かれると分かりますが、投げ竿が乱立しております。大量の季節釣り人のターゲットが、サケ釣りに動いているために、サケの投げ釣りのエサに繁用されるカツオが売れ筋になったせいでもありました。

エサの卸商がイカゴロの収穫が少なくなったせいもあり、ゴロよりもカツオに向いたのは、わからないでもありません。Sサイズでも、臭いで集めるつもりで買ってきました。節約しながら使う時代になったのでしょう。エサにイカゴロを使わないでアカハラを釣る算段も始めなければなりません。長くアカハラを釣る為の賢い手立てを考えて行かねばなりませんね。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« アカハラをリスペクトする | トップ | Mサイズ確保、泥縄で仕掛け造り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。