ボナさんの北海道の釣り三昧II

投げ釣り主体に北海道の沿岸に出かけます。夏にはフナや鯉釣りも。

黄門さんが

2017-06-22 21:55:14 | 釣り

今週末は、北海道釣魚連盟の全道大会が黄金道路の庶野から広尾港の範囲で開催されます。同行する黄門さんが、大物釣った夢を見ました。そんな雰囲気の釣り場です、モイケシは。

我札幌中央支部も2チームが、エントリーしていますので、後れましたが、今晩より準備を、開始します。

20日、サンフランシスコからFF(Friendship Force)の日本でのホームステーに来日した90歳と76歳のご夫妻が、私の留守中に私の家を訪ねて来るというので、居間に散らかし放題の釣具を、カミさんと二人で、外人さんの目の届かない場所に、押し込みました。

私の出かけた後で、カミさんが移動しております。釣り具は、カミさんにとってゴミのような存在です。何処に納まっているのか、これから宝探しです。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 釣りも同期会も家族迷惑 | トップ | 釣行で気分を乗せましょう »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タカノハの仕掛け (セイント清野)
2017-06-22 22:17:12
ボナさん、こんばんは。連盟の大会、黄門さまに本当に大物釣れるといいですね。ボナさんが釣ったみたいなタカノハの大物だと最高でしょうね。来週、会社の船釣り会があるので、仕事帰りに新札幌の釣り具センターへ仕掛けを買いに寄ったのですが、船釣り仕掛けと一緒に菅原隆のタカノハ仕掛けを見つけてしまい、つい買ってしまいました。笑。今野さんと今日電話で話したら、今はもう、凝った仕掛けは一切使ってないよ、と申しておりました。
Unknown (ボナ)
2017-06-23 23:39:14
清野さん、船釣りは、皆同じ仕掛け、同じ重さで流さないと、お祭りですから、凪だといいですね。最近は、仕掛けもシンプルになって、1本針仕掛けで遠くに飛ばすスタイルになってきましたね。しかし、港内や防波堤では、凝った仕掛けに魚があつまりますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。