ボナさんの北海道の釣り三昧II

投げ釣り主体に北海道の沿岸に出かけます。夏にはフナや鯉釣りも。

釣り会と釣り会の間に大腸カメラ

2017-05-12 16:15:37 | 釣り
がんの手術や抗がん剤治療の後、5年を過ぎると、一般に、その後の定期的がん検診がスケジュールに示されておりません。定期的に検査を続けることなどは、「死ぬまで生きれる」という通説で本人に任されております。

私は、大腸ポリープが見つかって以来、1年に1回、大腸カメラを続けておりましたが、小樽への勤務替えなどがあって一度放置しました。近くにに大腸がんが見つかって手術を済ませた医師がおりましたので、3年目に大腸カメラを実施したところ、大腸がんが見つかりました。

放置していた後悔を経験しておりますので、健やか健診の一環として便検査による大腸がん検診を受けました。その結果、一回目が便ヘモ陽性に出ました。二回目は陰性でした。昨年12月の末の大腸カメラでは異常所見無しでしたが、およそ半年近く経ておりますので、すぐに大腸カメラの検査を申し込みました。

新人の看護師さんからたどたどしい説明を受けながら、下剤や当日の注意書きなどを頂いて帰りました。いままで10回近く大腸カメラ検査を受けております。釣りをする以上、釣り会と釣り会の間の日程を考えながら予約しています。死ぬまで生きれると言われた皆さんも、便検査は毎年受けた方が良いと思います。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 場所が決まれば次は仕掛けとエサ | トップ | 猫に慰められる »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
細心の注意 (セイント清野)
2017-05-13 16:31:06
ボナさん、こんばんは。昨年、私も某スーパーのカキフライでノロにやられ、初めて大変な思いを経験し、胃腸の大切さが身に染みました。北海道の夏も近年とても暑いですし、特に普段から、口に入れる物は細心の注意を払わなければならないと自覚致しました。どうか、いつまでも元気に釣りが出来ます様に。
Unknown (ボナ)
2017-05-13 21:43:49
今晩、230回目の同期会に出て、80前後の同期の仲間と怪気炎を上げているうちに、元気がでてきました。みな、毎年大腸がん検査の便潜血反応を受けております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。