ボナさんの北海道の釣り三昧II

投げ釣り主体に北海道の沿岸に出かけます。夏にはフナや鯉釣りも。

熱中症、昆虫、昆布採りがキーワード

2017-07-08 09:27:03 | 釣り
30度を超える今日と明日。熱中症対策に水の他に、ミネラル補給を忘れずに。夜には、いろんな昆虫が手ぐすねして待っています。防虫スプレーは持ちましたか?

エリモ界隈は昆布漁師が1年の稼ぎを昆布の育ちの良かったこの夏に集中させています。船が出て行く朝5時からは、十分な釣りはできないでしょう。なぎですので、沖の昆布を狙うでしょうが、すぐに満杯にして戻ってきます。

釣りバスが着いてから5時までには、イカゴロやコマセを使い切りましょう、昆布に臭いが付いたなら、値段がつきません。ゴロは目の敵にされます。コマセもブロック一つにします。イカゴロは30にします。5時から船が帰って来るまでには、竿数を減らして、釣り終了の準備にかかります。

夏のエリモの釣りの歳時記はコンブ漁です。豊漁で漁師一家のニコニコ顔をみたいものです。絶対にコンブ漁の邪魔をしないように、心配りしましょう。釣り人の義務です。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 天気が良いので軌道修正 | トップ | 医釣会例会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。