ボナさんの北海道の釣り三昧II

投げ釣り主体に北海道の沿岸に出かけます。夏にはフナや鯉釣りも。

釣りの翌日に

2017-04-17 13:10:33 | 釣り
ぐっすり眠れて朝6時前から起床態勢。カミさんが朝餉の支度を開始、嫁さんも洗濯機をまわしてます。クックが朝の挨拶にやってきて、朝ドラの桑田けいすけの声に起き出しました。窓の外には、紫つつじが芽を咲かせ、土の上にふくじゅそうが春を告げていました。初釣りが安全に終わったことを祝ってるかのように。







ぶっちぎりで一番の釣果を上げたセイント清野さんの写真が目がないように映っている(3番目の写真)ので、他のまじめな写真(4番目の写真)を探しているうちにPCの調子が悪くなり、眠ってしまいました。清野さん、済みませでした。

あまりにも天気が良いので、物干し竿を洗ってベランダに干し、夕べ洗った釣り具を干しました。レジャーシートが嬉しそうに風になびいていました。孫たちの部屋の網戸も洗って納めました。





釣から帰ると、私は、クーラーにバッカンや水汲み(写真上)、料理ハサミ、ナイフ、まな板、レジャーシート、手ぬぐい、コマセ投げ、針外しなどは、即日洗いですね。使用済の仕掛けは、すべて針をカットし、針供養にだします。針を外すと色んな展開が見えてきました。フナ釣りをして以来、使用済の針は、使いません。頂いた未使用の仕掛けは、そのまま保存していますが、使用した場合は例外なく針をカットします。清野さんから頂いた仕掛けを眺めているうちに、私の造ったものが、如何に不合理な時代遅れな物かが見えてきました。今年の課題の一つに、未使用の自家製仕掛けのバラシを掲げます。釣れなかった背景が見えてきました。来週も黄門さん、アイナメさんと瀬棚に出陣です。

『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 始竿会に行ってきました。 | トップ | ラーメンの後では »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
釣り師の楽しみ。 (セイント清野)
2017-04-17 23:20:21
ボナさん、こんばんは。ご自宅のお庭で春を満喫できるなんて、ほんとに幸せですね。我が家の庭は、やっと雪が融け毎年楽しみにしている山ワサビの新芽が顔を出したところです。実は今日、近所のお寿司屋さんでアブラコを捌いて頂きました。釣り師の特権、至福のひとときはご想像にお任せ致します。
Unknown (ボナ)
2017-04-18 16:50:45
清野さん、南面は借地であけわたしを、迫られています、猫の額ほどの土地が残りました。ほっけは5人で分けて食べました。ご馳走様でした。また、ご一緒しましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。