silly ski squadronスキー雑記

バカなスキー集団。スキーならなんでもやります京都方面本部。
突撃我ニ続ケ!!

山とサポートタイツ

2016年09月15日 21時55分04秒 | スキーオフトレ
今日は“大”の字を通らない大文字ハイキングに行ってまいりました。
銀閣寺→中尾城→大文字山頂→楼門の滝→銀閣寺
何となく帰りは火床を通らないといけない気になっていましたがw、別にこう言うコースも静かでいいです。
さてサポートタイツの話です。
ワコール社のCW-Xは1991年発売だそうですが、既にスキーで膝を悪くしていたワタシは初期の頃から愛用しています。
最もサポートの強いタイプ+フレキシブルなニーブレスという組み合わせでコブ斜面を滑っています。なのでこの手のタイツは馴染みがあるのですが登山やハイキングに使ったことがありません。
もちろんクライミングの時は膝の動きの邪魔になるので使っている人はあまりいないと思うのですが、トレッキングコースで使っている人は非常に多い。
ただ普段は暑い時期はNorrønaかPOCのハーフパンツ+膝の強圧サポーター+場合によってはふくらはぎサポーターをしているため必要ないように思っていました。
先日比叡山北尾根に行った際にNiiya氏がサポートタイプのタイツ+ハーフパンツで来たので「暑くないですか?」と聞いたらそうでもないとのこと。
それじゃあ確かに脚部の保護にはなるでしょうし、低山でもあるので秋になったら試してみようということで新たに買い求めました。
強圧タイプの脱ぎにくさと、長時間履いていた時の血行不良は良く良く知っていますので、最もコンプレッションの弱い“スタイルフリー”というものにしました。
だからと言ってサポーターなしは怖いので強圧膝サポーターをその上から装着し下りはストックを併用という形で壊れている膝を守ります。
そのスタイルでチョット大文字を上り下りした感想ですが、確かに脚部への負担は減りました。暑いと思った時はハーフパンツを少しめくれば凌げます(あまり人のいるところでは何ですけど)。
故障を抱えている方にはいいんじゃないかと思いました。
(シーダブリュエックス)CW-X CW-Xスタイルフリーボトム(ロング) VCO509 YE YE L
クリエーター情報なし
CW-X(シーダブリューエックス)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Combiさんは偉い! | トップ | ベビィ・ハイキングとapple w... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。