silly ski squadronスキー雑記

バカなスキー集団。スキーならなんでもやります京都方面本部。
突撃我ニ続ケ!!

2017正月モーグルキャンプと体幹・GGG

2017年01月07日 21時59分10秒 | スキーテクニック編
スキーシーズンインです。
今シーズンもなかなか日数が取れないのは間違いないので、正月は贅沢極まりないレッスンを受けることにしました。
祓川貴広コーチを二日間独占しかも一人で。
例年は小生の属するチームKGB公開モーグルキャンプで人員募集をかけるのですが、とにかく短期間にみっちり詰め込んで頂くために申し訳ないですが今回はマンツーマンです。
まずはお手本の低速デモンストレーションショットを横・後ろから。
まさかの今年もさのさかに雪はなし。今回は1月2日-3日の二日間、八方尾根でレッスンです。
スキーするのは昨年3月のスキージャム勝山以来。その時も祓川先生のレッスンでしたので、その間約10ヶ月間は雪上での練習は出来ていませんでした。
そんな状況でレッスンを受けて効果あるのかと言えば、あったんです。

実は昨年秋くらいから腰痛がonset。
知り合いの歯科のY先生に紹介頂いたスポーツトレーナーであり理学療法士の近藤義剛先生に診てもらいました。この先生はフィギュアスケート全日本ジュニア選手のフィジカル・トレーナーもされていますね。
診断では運動時に大腿四頭筋と背筋ばかり使っているため腰に負担がかかっているとのこと。このため腹筋(ドローイン:draw inその他)と正しいスクワット、腰のストレッチをすることになりました。
要するにコアトレーニングです。週に一回をまだ6回程度なのですが少しずつ体幹を意識してトレーニングし、腰痛も改善傾向な状態でシーズンインしました。
近藤先生にモーグルの時のフォームやビデオを見て頂きアドバイスを求めたところ、思いがけない指摘を受けました。
下肢前面と背筋しか使っていないせいで(腹筋とハムストリングが使えていない)骨盤が寝て大腿部が寝て下腿部の角度が立っている。この姿勢になっていること自体は分かっていたのでそれに驚いたわけではなく、それが腹筋群とハムストリングが使えていないためだということが思いがけなかったのです。
そもそも日常生活でふつうに真っ直ぐ立っているだけでバックウェイトになっていたのです。
なのでそれをカバーするために、上体を被せたりしなくてはならない。
股関節が曲がっていない状態で膝下だけで滑るため大きなコブで潰される、つまり股関節と膝の曲げが連動していない(ちなみに近藤先生はスキーに関しては指導歴なし)。
そこで正しいスクワット姿勢を教えて頂いたところ、これって祓川先生のいうモーグルの基本姿勢じゃないですか!
ハムストリング・腹筋も使うことによって、スクワットは非常に安定します。外から少々押されてもぐらつかない状態です。
実は自分の滑りの動画を見ていても、雪面に対してのプレッシャーがかかっていない“軽い”滑りだなあと感じていて、祓川先生は雪面をプレスするためのテクニックを教えておられたのは、このことだったんだと改めて感じました。
昨年の滑りと今回の滑りを比較すると、明らかに少しでも腹筋群を使えるようになったことで、スキー板と重心が外れにくくなっています。
本当に身体の使い方って面白いですね。

ところがまだまだ腹筋群が出来ていないので二日目には生かされませんでした。
今度は祓川先生の指導の話です。
明らかに二日目に入って身体的コンディションが落ちてきたワタシへのアドバイスを纏めると次の3ポイント。
1:右の臀部を常に引き上げる意識(左膝を痛めていて荷重出来ていないので左足への意識を高めるため)
2:コブの肩でスキートップが1/3出たら次の谷足に切り替える意識(具体的なエッジ切り返しタイミングの提示)
3:2:の状況を越したら膝裏に鉄パイプを挟んでいる意識。ワタシのイメージでは単管パイプを挟む感じです。それによってコブ裏へのダウンプレッシャーが得られます。但しバックウェイトで、下へ重心を向けることの出来ないスキーヤーがこれだけ意識してしまうと、お尻が落ちるだけなので要注意。人によっては、より太いパイプを意識すると良いとのことです。
これらにより低下した筋力を補いコブをスピードコントロールすることが出来ました。
これらのことは残念ながら一般的に当てはまるものではなく、私の怪我歴や身体の癖・その日の体力・雪面状況などを総合的に祓川先生が判断してアドバイスして頂いたもので、そこがスキーインストラクターとして超一流なところだと思います。

最後にスキーに何の関係があるかと思われるかも知れませんが、私にとっては今回のキャンプで大変参考になったスポーツ選手のことを書きたいと思います。
ゲンナジー・ゴロフキン(GGG:Gennady Gennadyevich Golovkin:Геннадий Геннадьевич Головкин)。
彼のパンチの打ち方を見た時に「えっ?なぜこんな腰の入ってないロングフック(というよりスイング)が効くの?」(特にマルコ・アントニオ・ルビオ戦のフィニッシュ・ブロー)と思いましたが、これこそゴロフキンの比類なき体幹の強さから産み出されるのではないか?と推測します。
スローVTRにてナックルの軌道とともに全身の、このパンチに威力を与えるであろう筋肉群が強く収縮する様子が分かります。こういう動作が、スキーの動きにどう結びつくのか上手く説明できないのが残念ですが、ひとことで言ってしまえば身体を使う時のコーディネーションかなと。。。とまあ話が逸れに逸れてしまいました。
スキーそのものが楽しいのは当たり前の上に、今更ながら人体の構造の面白さに驚き呆れるのでした。
今回は一流のモーグルスキーレッスンおよびトレーナーの方の力を借りて、少しだけでも技術が前進出来たという他力本願なお話でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の外岩遊び

2016年11月18日 14時36分04秒 | スキーオフトレ
スノーシーズンも近くなって来ました。
今回の糖尿病学会近畿地方会は久しぶりに発表もしないし参加もなしという珍しい状況です。来年の名古屋も特に面白い演題も思いつかないし、興味深い療養指導のことはもうちょっとデータの蓄積とか欲しいですし。
薬関係ならライゾデグやSGLT2i関係なら発表出来るデータもあるのですがのめり込めない。どの薬をどのように組み合わせて如何に使うか、等とかいうのであれば面白いですが、どういう風にまとめたらいいのか難しいので発表はパスですね。ちょっとつまんないですけど。学会ってやっぱり自分のデータ持って、他の方たちとあーでもないこーでもないってのが楽しいじゃないですか。
ってことで昨日は月一回の平日休診を利用し、久しぶりに松井先生に連れられて金比羅へ岩登り。一週間前に古傷の左膝をまた痛めて行けるかどうか怪しかったのですが、前日に痛みが取れたのでCW-Xの上にサポーター二重に巻いて出発。
クライミングの時にCW-Xとか動きの妨げになって好きでないのですが言ってられないです。ちなみに原因はエクササイズなのか、ダンス練習(PSYのDADDY...w)なのか、自宅ボルダーボードなのか不明。その3つやった後からじわっと来たので。さのさかモーグルキャンプまでには治さないと!

さて北尾根を3ピッチ後、舟から北壁。Y懸の頭で昼食を取ったあとホワイトチムニーへ。以前ホワイトチムニー来た時は、チムニー・コーナーハング・ハングルートしか登ってないのでサラワリは10年近くぶりだと思うんです。
相変わらずヘタッピには核心部は難しいなぁ。5.10aなんですけど。。右足上がらないし(笑)
松井先生がルーチンでないラインからあっさり登られたのでビックリ!
早速トライさせて貰うと難しいじゃないですか。一回降ろして貰って(もちろんTRですから)じゅうぶんパンプを解いてから再トライでなんとかクリア。
そろそろ膝も怪しくなって来ましたので持参したストック使って下山しました。
やはり今日は膝がチョットな感じです。
なんだかんだ言っても外の岩は楽しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベビィ・ハイキングとapple watch series2

2016年10月26日 14時32分48秒 | スキーオフトレ
ベビィ初ハイク。mia嬢はリハビリハイク。
安全を考え大文字山火床まで。ベビィキャリアはまだ使えず、BABYBJÖRNアウトドアモデル使って前抱きで行って来ました。
持ち物は当然多いです。
ベビィミルク、テルモスにお湯、オムツ関係、サーマレストマット(子供寝かせ・オムツ替え用)、着替えetc。。。またストックは必須。
火床ではご機嫌でしたが、あまり無理せず迷惑にならないようボチボチ連れ出して行きたいと思います。

ところでapple watch series2が手元に届きました。
これでようやくiPhone7とセットに出来ます。
元々の通信手段の他にヘルスケアに関することがiPhoneを使う大きな理由の一つであると言えます。
それはiPhoneが身体データ、活動量測定、検査値の記録、エマージェンシーIDなどの優れたプラットフォームだからに他ならないのですが、おまけに2016年10月25日からApple Payが使えるようになりました。
これはなかなか便利ですね。
ロードでちょっと走ったりする時も、apple watch単体でログが取れるし、ちょっとコンビニ寄った際もwatchだけで買い物が出来ます。
ちなみにログは他のアプリと併用して比較しても非常に正確です。電池の持ちも良くなりました。防水に関しては以前のモデルからシャワークライミングに使ったりしてましたので、今回一層安心感が増します。
Apple Payに関しては意外なことにiPhone7とApple watch series2とでは別にSuicaカードを設定しないといけない。これは1端末にはカード1枚というJR東日本の仕様らしいので仕方ないです。iPhoneか、Watchの何れか片方でしか、支払いや改札通過しないなら問題ないですが、なんとなく両方Suica入れときたいので、それぞれにSuicaを作ってチャージしておきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山とサポートタイツ

2016年09月15日 21時55分04秒 | スキーオフトレ
今日は“大”の字を通らない大文字ハイキングに行ってまいりました。
銀閣寺→中尾城→大文字山頂→楼門の滝→銀閣寺
何となく帰りは火床を通らないといけない気になっていましたがw、別にこう言うコースも静かでいいです。
さてサポートタイツの話です。
ワコール社のCW-Xは1991年発売だそうですが、既にスキーで膝を悪くしていたワタシは初期の頃から愛用しています。
最もサポートの強いタイプ+フレキシブルなニーブレスという組み合わせでコブ斜面を滑っています。なのでこの手のタイツは馴染みがあるのですが登山やハイキングに使ったことがありません。
もちろんクライミングの時は膝の動きの邪魔になるので使っている人はあまりいないと思うのですが、トレッキングコースで使っている人は非常に多い。
ただ普段は暑い時期はNorrønaかPOCのハーフパンツ+膝の強圧サポーター+場合によってはふくらはぎサポーターをしているため必要ないように思っていました。
先日比叡山北尾根に行った際にNiiya氏がサポートタイプのタイツ+ハーフパンツで来たので「暑くないですか?」と聞いたらそうでもないとのこと。
それじゃあ確かに脚部の保護にはなるでしょうし、低山でもあるので秋になったら試してみようということで新たに買い求めました。
強圧タイプの脱ぎにくさと、長時間履いていた時の血行不良は良く良く知っていますので、最もコンプレッションの弱い“スタイルフリー”というものにしました。
だからと言ってサポーターなしは怖いので強圧膝サポーターをその上から装着し下りはストックを併用という形で壊れている膝を守ります。
そのスタイルでチョット大文字を上り下りした感想ですが、確かに脚部への負担は減りました。暑いと思った時はハーフパンツを少しめくれば凌げます(あまり人のいるところでは何ですけど)。
故障を抱えている方にはいいんじゃないかと思いました。
(シーダブリュエックス)CW-X CW-Xスタイルフリーボトム(ロング) VCO509 YE YE L
クリエーター情報なし
CW-X(シーダブリューエックス)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Combiさんは偉い!

2016年09月11日 18時03分48秒 | その他
先日、娘誕生のことを書きましたが、それに関連して当然チャイルドシートというものを新規購入しないといけない訳です。
2000年4月以降は新生児でも専用シートが義務付けられています。
ダッジチャージャーSRT-8(2009年)とFiat500Xクロスプラス(2016年)というあまりポピュラーではない車だけど、そこはさすがに本国ではメジャーな車種だし、どのチャイルドシート・メーカーも持ってるでしょうと思ってましたがこれが大間違い。
最初スポーツシートで有名なドイツ製のベビーシートを考えてましたがFiat500X用、ISOFIXのチェックはしてないのでお売りできませんと。
ベビィザラスの方が調べてくれたら、Combiさんだけ適合してるとのこと。もちろん即決(上の写真)。
問題は2009年式・ダッジチャージャーSRTのほう。
シートをチェックするとISOFIX用のバーは付いている。でもどこのメーカーも適合表に載っていない。仕方ないので従来通りのシートベルト固定用で調べたらやっと一つ見つかりました。
おお!またCombiさんでないの。
正規輸入が2年間で100台しかしてない車を適合表を載せた貴社は偉い!

今まで特にCombiと云う会社をどうこう思ったことはありませんが、今回のことで、その会社のあり方(社風?)に大いに感動させられました。
売れるものだけチェックして少数派は知らな〜い、なんていうメーカーは結局はCorporate Social Responsibilityが低いとも言えるでしょう。


こちらはダッジに取り付けたの図(後ろ向け装着はリアの真ん中のみ)


車の話のついでに、ちょっと面白いなと思ったFiat500Xのオプション紹介。
上の写真のようにリアの収納スペースはそう広いわけではありませんが、このラゲッジ・カバー便利です。
ヨゴレ物やスキーエッジなどから車を守ってくれます。
これは2016年6月26日のゼログラビティーさんの松井先生に連れて行ってもらった比良・白滝谷の帰りの写真。シャワークライミングで濡れたものもポンポン放り込めるのは助かります。


松井先生、核心部の滝をリード


増水後で意外や手強かったです。写真は小生とNiiji氏(Niiya氏とTKDさんも行きました)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大文字大文字大文字

2016年08月25日 01時26分48秒 | スキーオフトレ
娘ができたりKick myu嬢が運動できなかったりで近場で遊ぶことが多いのです。
空いた時間にちょっと、となると大文字が最適。
いろんなルートがあって楽しめます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

比叡山北尾根から南庄

2016年08月17日 23時29分55秒 | スキーオフトレ
友人のNiiyaさんとトライ。
けっこきつかったです。
でも大尾山以降は道が廃道寸前になってたりなかなか良き(面白い)ルートです。

タクシーでNiiyaさんピックアップ。

セブンイレブン八瀬で降ろしてもらって買い物

徒歩3分くらいでケーブル駅
↓(叡山ケーブル)
ケーブル山上駅

スキー場跡(スター食堂跡やレンタル小屋も撤去されてた!)

比叡山北尾根

横高山

水井山

仰木峠

小野山

大尾山

滝寺(旭滝)

南庄
↓(運良く江若バス)
JR堅田駅

大尾山から湖西側への激下りで、尾根から谷に移行するポイントを見過ごしたようで、パラグライダーのテイクオフ場所に出ちゃったりして余分な時間がかかりました。
逆ルートなら分かりにくくないと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

娘ができました!

2016年08月05日 01時23分15秒 | その他
7月下旬に産まれました。
小生には32才になる息子がおりますので、超超ひさしぶりの子育てとなります。
男児も楽しいですが、女児も可愛くて違った面白さデス。
このブログとは直接関係ないものの自分にとっては人生の大きな出来事なのでご報告まで。
(いずれ歩けるようになればスキーや山記事に登場するかも)
記事を更新出来なかった理由の一つがこれだったのです。
よろしくお願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

金比羅北面サーキット(トレーニング?)

2016年05月21日 23時07分21秒 | スキーオフトレ
リードする松井先生をビレイ中のワタシ

夏かなー?な天候が続きます。
学会終わったら、松井先生にガイドお願いして金比羅登りに行こうと以前より計画してたところ、Niiya氏・Macky嬢・MSYN氏とうまく予定があって、総勢6人(松井先生のお手伝いYM嬢とで)。
たくさん楽しく登りたーい!というワタシのよく分からないリクエストによる松井先生セレクトコースはどんなだというと...

北尾根1P→MK数本遊び→北尾根2P→北尾根3P→舟→北壁(上部)→ビビリ数本

てことで10ピッチくらいですか。金比羅北面サーキット、だそうです。
トレーニング怠っていたから(一週間前クラックス京都でシバかれただけ)ビビリの正面でパンプしてしまいましたがな。
ワイワイ楽しいクライミング日和。
今度は花崗岩を触りたくなって参りました。


北尾根1P目(45m)、楽しい順層↓



そこからMKへ逸れて数本遊びます。大っ嫌いなMフェース(笑)↓



北尾根に戻って2P目(15m)つなぎ的なピッチ↓



北尾根3P目(30m)、快適かつ高度感のある一番気持ちいいとこ↓




舟(20m)、おおなんだ!?このRCCボルトの宝庫は↓



北壁右上半分(25m)、舟から素直につなぎます。下からしか登ったことないのでこっち側は初めて↓



最後にビビリ(10m)でも数本。遊びくたびれて下山と↓



はい皆様、お疲れ様でした~♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第59回日本糖尿病学会年次学術集会 2016年5月19日-21日(京都)

2016年05月20日 23時12分25秒 | スキー・自転車・糖尿・メタボリック
やっと地元で糖尿病学会総会です。今回は当診療所から2演題応募しました。
初日朝、空いてるうちにモチベーション上げるためにシーウォークをしています(HIPHOPステップの方。本家CripsのC-Walkではない)。ちょっとシャッターチャンスのタイミング悪かった。
さて演題。

◎5月19日:クラウド型自己血糖測定管理アプリおよびスマートフォンを利用した糖尿病療養指導(オーラル発表:当院栄養部)

アークレイ社のグルコカードGブラックと同社アプリを用いたリアルタイムSMBGの発表。この介入によりHbA1cが有意に改善したこと、クラウドを用いることにより何時でもどこでも血糖が確認出来るメリットや、使っている方のエンパワメントが上がったことを報告。

◎5月20日:イプラグリフロジン(Ipra)の臨床効果とBIA法を用いた体成分変化の検討(オーラル発表:小生)

12か月間のイプラグリフロジン投与で各検査値がどう動き、InBody770を使って減った体重の内訳を報告。体重減少のほとんどは脂肪であり適切な食事と歩数計やアクティビティトラッカーを使った運動定量化が効果的であった。上記のチェックでサルコペニアの心配はなしと。実質的に第3報となります。

とまあ簡単にまとめれば上記のようなことです。
19日の発表も続報なんですが、未だに医療関係者にICTが浸透してないことが分かりちょっと驚き。
ウチも使い切れているとは言いませんが世間さま並みにはこなしているはず。
そう、糖尿病療養側のインテリジェンス(情報)不足です。患者さんをなめちゃいかんですよ。
60才、70才でもスマホ・PC・クラウドなんかフツーに使われます(あ、じぶんも60なんだった)。

20日の発表はセッション分けが不適切で(ごめんなさい京大の先生方、親しくしていただいている方も多いので言いにくいのですが)体成分分析でまとまっていなかったのが少々不満です。
できればInBodyやデュアルスキャンの発表をまとめて欲しかったです(昨年の下関は学会場所としては不適当でしたがセッション分けは良かった)。
にしても未だに筋肉量が減るから心配とかいう方が多いのにびっくり!
体重が3kg減って、脂肪が2.5kg減って、筋肉が0.5kg減って心配ですか?
体重が減ればそれを支持する骨格筋が減る(必要でなくなる)のは自明です。特に全身を支える下肢の筋肉が減るのは当たり前。シンプルなことです。
筋肉量を体脂肪率のように%で出せばむしろ数値は上昇します。その意味でも体重を考慮に入れないサルコペニア診断基準の一つであるSMI(skeletal muscle mass index:骨格筋指数)をこの薬のfollow upに用いるのは適切ではないのです。

シンポジウムに体組成のものが一つもなかったのは、うがった見方をするとお偉いどっかの大阪の電気会社系病院の先生がBIA法なりDXAなりのことを勉強してないか、よくご存じないのでしょう。
自分ちで測定できない(いや測定は出来ると思いますけど)ものはコメント出来ず知らないというのも嫌なので取り入れなかったとか?重要性がお分かりでないようにすら思えます。
ああだこうだの推論ばかりで正直なところあんまりSGLT2阻害薬に対する踏み込んだディスカッションがいまだに進んでない印象でした。
やっぱ食事も運動も定量化しないとダメですね。

と悪いことばかり書きましたが、国際会館のみならず、みやこめっせの療養指導系の発表やポスター発表には素晴らしいものが多かったことは力説しておきたいと思います。偉そうなこと書いてごめんなさい。
稲垣暢也先生はじめ主管の京都大学の先生方は本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加