ボンバーのいろいろな日々。

くだらないことばかり書いてますが、やんわり見てくださいな。

今日はドラフト会議!DeNAよ、左腕を獲ってね。

2016-10-20 08:52:16 | さるさる日記
7時起床。
サッと起きれたのはいいが、スマートフォンの充電を完全に忘れてた。1時間あるから今から充電しても間に合うでしょう。朝からいろいろ調べることがあって日記を書く時間も遅くなる。最近はメールチェックするのも遅くなったりするから、ipad miniでいろいろ調べることもあってか?パソコンを見る機会も若干減ってる気がしてならんも、結局はパソコンを使わなきゃ!ってことが多々ある。代表例はワードやエクセルを使うにしても(家で使う機会はないも)、これから使う年賀状の作成もパソコンを使用するんですから(納得)。
今日はドラフト会議、毎年ながらドラフト1位は彼!と決める球団はいろいろ聞くも今年に関しては全くと書いていいほど、そんな話を聞かなかった。それだけ今年のドラフトは豊作と言われてることは知ってるし、その中で彼には7球団が手を挙げるみたい。
<創価大・田中正義/最大7球団競合!右肩不安も156キロ右腕欲しい>
<プロ野球のドラフト会議が、20日17時から東京都内のホテルで開かれる。1位指名は創価大・田中正義(22)、桜美林大・佐々木千隼(22)、作新学院・今井達也(18)、履正社・寺島成輝(18)の4投手に集中するもようだ。田中については19日に、巨人・広島がロッテに続いて指名を公表。日本ハム、ソフトバンク、楽天、オリックスを加えたドラフト史上2位タイの7球団競合となる見込み。/3年春に156キロを計測し、12球団競合の可能性もささやかれて迎えた今年。4月に右肩の違和感、7月に右太腿裏の肉離れを発症した。「4年生になって正直、まともな投球はまだない」。回復した今はエース兼主将として、明治神宮大会出場を目指し練習に励む。一時は故障を不安視していた球団も、相次いで田中を再評価している。>
やっぱり注目してしまうのは“DeNAに左腕を!”ね。去年は今永を獲得した時は拍手喝采だったけど、今年はどんな感じなのかは正直不明やん。
<桜美林大・佐々木千隼はDeNA・阪神2球団競合か/ダルビッシュに憧れ>
<DeNA・阪神から1位指名されることが濃厚な桜美林大・佐々木千隼はドラフト前日、東京都町田市内の同大グラウンドで練習した。153キロ右腕は「不安はあるが、楽しみな気持ちが強い。笑顔で終われれば」と指名を心待ちにした。レンジャーズのダルビッシュに憧れてきた。投球の動画を見て、自身にフィードバック。多彩な変化球を操る“先輩”にならい、球種も7つまで増えた。「少しでも近づけるように頑張りたい」。はるかに遠い存在を一歩ずつ追いかける。>
今年のドラフトと書くよりは全く情報がないせいもあって?(単に私が調べてないのが原因ですが・汗)指名されてからまた書こうと思う。注目する点はただ一つ、DeNAが左腕を獲得することを期待したいもんです。
今週は菊花賞。凱旋門賞に挑戦したマカヒキは年内休養になったが、菊花賞はTVで見るかも???

<マカヒキ始動戦は2・12京都記念/友道康夫調教師「年内は使いません」>
<凱旋門賞に挑戦した今年のダービー馬マカヒキ(牡3)の始動戦が来年の京都記念(2月12日)に決まったことを、友道康夫調教師が明らかにした。ここから来年G1に昇格する大阪杯(4月2日、阪神)か、ドバイ国際競走(3月25日、メイダン)に向かう予定。友道康夫調教師は「年内には使いません。18日に牧場(福島・ノーザンファーム天栄)で馬の状態を確認してきました。518キロまで体も戻って元気。凱旋門賞のレース自体のダメージはなかったんですが、輸送など、疲れもあったと思います。トレセンには年明けに戻し、京都記念での復帰を予定しています」と話した。ドバイ遠征の場合はシーマクラシック(芝2410m)か、ドバイターフ(芝1800m)が候補に挙がっている。>
来年のJRAの重賞日程が発表したのを見てコメントする気もないが(理由はいろいろあってね)まずはマカヒキのライバル達に注目しよう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒田に感謝しつつ、日本シリ... | トップ | ブレイク一丁…441回目。 »

あわせて読む