ボンバーのいろいろな日々。

くだらないことばかり書いてますが、やんわり見てくださいな。

陽岱鋼が巨人へ!早く発表したら(かなりソッポ)。

2016-12-07 14:41:55 | さるさる日記
7時半起床。
遅くなりました、そして三宮。内容が中途半端になり、パソコン→スマートフォンでリレーまではよかったけど、堺筋本町で阪急が点検作業で遅れるわで書く時間もなく、移動中に書いたらいいわと考えたら今度は寝てるわではね…。「12月だから」などの言い訳とかではないが、体調も本調子じゃない。朝起きると若干ノドもおかしい。咳もしてるしマスクはしてるけどね…。そんでもって今日の寒さは少し体に堪えれば、夜はボウリングがあるし、なんとか耐えてほしいもんです。
巨人入りが決定的な陽岱鋼について?代理人に任せるのはいいとしても、断りの内容をメールで返答ではなく電話で言うプランはなかったんかいな?
<陽岱鋼も巨人決定的!オリックスに断り、楽天“撤退”/巨大補強完成へ>
<日本ハムからFA宣言した陽岱鋼外野手(29)の巨人入りが、決定的となった。糸井嘉男外野手(35)のFA宣言にともない獲得の意思を表明していたオリックスに6日、代理人を通じて断りを入れた。楽天の交渉も難航しており、今月に入ってから争奪戦に緊急参戦した巨人が3年総額10億円以上の条件で大逆転。山口俊、森福に続く、初のFA選手「トリプル獲り」によって、今オフの24億円超の大型補強が完成する。/京セラドーム内のオリックス球団事務所に陽岱鋼の代理人からメールが届いたのは、この日の早朝。長村裕之本部長は「非常に難しい選択で、オリックスの誠意には感謝していますが、今回は他球団に行かせていただきますということでした」と内容を説明した。>
巨人に行きたいならどうぞ!ですよ。そんなオリックスには阪神から外野手を獲るであろう。
<オリックス/陽岱鋼にフラれた/糸井の人的補償は外野手中心>
<FA宣言した糸井の慰留と同時進行する形で獲得へ名乗り。糸井の阪神移籍が決まった後も「マネーゲームはしない」という大方針を堅持しながら3年~4年の複数年契約を軸に交渉を進めてきた。当初は楽天との一騎打ちとみられた争奪戦。日本ハム2軍監督時代に陽岱鋼を指導して厚い信頼を得ていた福良監督の存在も“追い風”と思われた中、巨人の緊急参戦があった。/ただ、“ポスト糸井”候補だった陽岱鋼を逃したことで外野手の補強は急務。6日に阪神からは糸井のFA移籍に伴う人的補償のプロテクト選手名簿が届いた。台湾で開催中のアジア・ウインターリーグを視察している福良監督の帰国を待ち、週明けの12日にも田口2軍監督や編成調査担当を交えたミーティングを予定。外野手が中心となる見込みで、「基本は人的補償を頭に入れている。チームの状況を見て総合的に考える。しっかりと考える期間も必要だが、長引かせるつもりもない」と速やかに人選を進める方針だ。>
仮に陽岱鋼がオリックス入りしてたら、投手にポイントを置いてたんでしょうよ。現実は違ってたとはいえ、阪神から誰を獲るのかに注目やん。
今週日曜は阪神ジュベナイルフィリーズが行われば、香港4レースも行われますよ。ライアン・ムーア騎手は人気あるよね。

<ライアンムーア挑む!香港国際競走でG1・1日4勝の大偉業へ>
<海外馬券発売第4弾となる香港国際競走(11日、シャティン)は、日本でも大活躍している英国の巧腕ライアン・ムーア騎手(33)が席巻する。G1・4競走のうち、既に騎乗が決まっていた香港カップのモーリス、香港マイルのネオリアリズムに続き、香港スプリントも日本馬ビッグアーサーに乗ることが6日決定。残る香港ヴァーズは凱旋門賞2着→ブリーダーズカップターフ1着でブックメーカー1番人気のハイランドリール。“同日G1・4勝”の大偉業が現実味を帯びてきた。>
日本でも人気なのは書くまでもないが、当初は香港スプリントの騎乗はなかったけど福永祐一騎手が負傷した関係で騎乗依頼が来たのもビックリした。ちなみに香港カップにラブリーデイも出走するが、無事に回ってきてほしい!の一言に尽きますわ。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鹿島と浦和、同じ赤でも鹿島... | トップ | 写真の撮り方以前に、ちょっ... »

さるさる日記」カテゴリの最新記事