走れボルト

遊び大好き、いつも陽気で甘えん坊。ゴールデンレトリバー、ボルトの日々を書きます。ウサイン・ボルトから命名しました。

脚の検査(2)

2017-03-15 21:31:35 | 山陽
瀬戸大橋を渡って 












岡山県津山市にある動物病院にやってきました 


前回の骨盤内の影を確認するため、ボルトは再度レントゲン検査を受けました 


影はなく、心配した腫瘍もありませんでした 

お友達のみんな、心配かけてごめんね 











ほっとしたのも束の間、獣医さんから右後脚の前十字靭帯について、 TPL0という手術を10日後に受けませんかと提案がありました 

ボルトの靭帯は部分断裂でまだ完全断裂をしていませんが、やがては完全断裂する可能性が高いことから、その予防のためです

もうひとつ大きな理由が、今ならボルトの脚の半月板や関節に傷がなく、骨量、筋肉量が十分あるため、リハビリなしで術後の回復が望めるということです

TPLOの術後は10日から2週間入院し、その間、面会はできません 

傷口、痛みの軽減、筋肉マッサージなどすべてを獣医さんが管理してくれるそうです



前回受診の時は手術の緊急性はないということだったので、すぐにお返事ができませんでした 









少し考えることにして、前回みつけたお肉屋さんに寄り 












はちみつのお店にも初めて行ってみました 










ここの苺、とてもおいしい 










はちみつソフトが人気だそうですが、ボルトにはナイショ 

買った苺は持ち帰る間もなく、あっという間に2人と1ワンコのおなかの中へ 










はちみつのお店も近くにあったよ 

色々な味のはちみつがズラリ 







はじめて部分断裂とわかってから、何回か獣医さんに電話をしました

部分断裂が進まなければ、手術しなくてもいいのではないか 

何か方法があるかも?と思ったのです



でも、体重を落としても、なるべく走らせないようにしても、段差に気をつけても、止めることはできないのだそうです

靭帯が再生しないこと、犬の後脚の構造、常にかかる体重から部分断裂は進行するしかないのだそうです 

関節液も専門医だからこそ気づくことで、リンパ液と違いどうにもならないのだそうです




私たちはすごーく悩みました

これはチャンスかもしれない 

















ゆううつだけど、今年も椿は美しく咲きはじめました 


マリーホープテイラーの最初の一輪










タマ・ビューティーのニ輪目










いちばん大きな椿、石鎚の最初のつぼみも開花秒読み










桜狩りも桜に先駆けて開きました










ルッチェンシスと










出雲香はたくさん咲いてきました











これはふきがけしぼりが美しい絞初嵐












将来の完全断裂、部分断裂のままで起こってしまうかもしれない半月板や関節内の損傷、手術するボルトの痛み、麻酔

今手術する利点・・・

多方向のベクトルをいったいどんなものさしで量って、ひとつの答えを出せばいいのかなぁ 










3日間考えて今回の手術は見送ると決め、獣医さんに電話をしました

普通に歩いているボルトの脚を手術することはできませんでした 



獣医さんもおっしゃいますが、大型犬が後脚を使えなくなってしまったら寿命も短くなるそうです

ボルトが一生幸せに歩けることを目標に

手術は靭帯ではなく、関節の問題として考えなくてはならないようです 




すご~く悩んだ3日間でした 





じゃ、またね 




























ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 綱敷天満宮の梅 | トップ | 春の道後温泉祭り »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (小雪かあちゃん)
2017-03-16 00:21:53
そうだったんですねえ。
普通に笑顔で歩いてるのに手術というのは
本当に悩みますね。
手術をすれば回復も早いのかもしれないし、
獣医さんの説明も納得はできますが…
ボルト君にとって何が一番よいのか。
苦痛や不安はできる限り避けてあげたいしね。
小雪の後ろ脚も不安を抱えているので、
考えさせられます。
Unknown (きららママ)
2017-03-16 10:05:19
そうんなことになっているとは知らなかったので、
驚きました
本当に悩みますね。目の方がやっと回復したのに。。。
ママのご心配とご苦労、お察しします
予防のために手術を受けるというのはなかなか決心がつかないですよね
暫く様子を見て、ゆっくり考えるのがいいかもしれませんね

椿きれいですね 珍しい種類がたくさんあって、びっくりです
それにパパの大好きな蜂蜜のお店、一度行ってみたいです
津山あたりなら行けそうかな


Unknown (クーリかーちゃん)
2017-03-16 13:38:06
予防の為に手術する程、気軽な手術ではないので悩むのは当然だと思いました。
しかも、急な話だし・・・。
獣医さんの説明も分かるのですが、普通に歩けている今、決心はつかないですよねえ。

いちごと椿、春ですねえ。
こちらは、雪が融け始めグチャグチャ、ドロドロの季節になりました。
毎年の事ですが、一番、散歩に困る季節です
Unknown (ボルトママ)
2017-03-16 17:04:20
 小雪かあちゃんさま

とても悩んだのですが、結局答えが出せず、
少し立ち止まることにしました 
定期的に診察してもらえば少しは安心かな。

小雪ちゃんの後ろ脚、気になります。

なんか心配してばっかりですね 
Unknown (ボルトママ)
2017-03-16 17:14:58
 きららママさま

獣医さんと大型犬の介護の話をしていて、
ボルトがいつの間にか私たちの年を越えて
しまったのだなぁと思いました。
悩みすぎて、今回は少し立ち止まることにしました 

大輪の椿が咲くと、パッと明るくてうれしくなります。
はちみつの試食をいただきましたが、
それぞれの味の違いにびっくりでした 
Unknown (ボルトママ)
2017-03-16 17:24:58
 クーリかーちゃんさま

もう、考えすぎて頭グチャグチャでした 
それに恥ずかしながら子供の頃から注射が苦手で、
手術のお話がリアルで・・・
でも痛いのはボルトだから、しっかりしなくちゃ!

お散歩のたびに足やおなかが濡れるのは大変ですね。
クーリちゃん、ミナちゃんは雪遊びできて楽しいけど、
雪がなくなる日が待ち遠しいね 
Unknown (のぐっち)
2017-03-18 15:00:13
骨盤は何もなくてホッとしましたが前十字靭帯の手術は悩みますよね
回復の早い今のうちにという獣医さんの話も分かりますが、10日から2週間の入院も必要となるとストレスがかかりそうな気もするし・・・ムズカシイですね。
緊急性のある話でないならゆっくりでもいいのかもしれませんね。

椿のつぼみはどっしりと重そうに見えます!
これからどんどんと暖かくなりお庭が鮮やかな季節になりますね
Unknown (ボルトママ)
2017-03-18 23:27:06
 のぐっちさま

影の次は手術のお話、よほどヒドイ顔をして聞いていたのか、
悲しむと犬にも伝わると獣医さんに教わりました 
犬の寿命が伸びて、腫瘍や関節の問題が出てきたのだから、
長生きして良かったと思ってあげてくださいだって。
できそうもなくて、ボルトにはバレバレだったかもわかりません。
それに先代ゴルは13歳だったから 
入院、長いですよね 

つぼみの椿、石鎚はとても大きな花で重いのです。
下を向いて咲いています。
花粉は苦手ですが、花が咲くといいね 

コメントを投稿

山陽」カテゴリの最新記事