途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

「火のみち 下 (3)」感想

2016年12月20日 14時06分03秒 | 乱読本感想
「火のみち 下 (3)」
乃南 アサ
講談社 2008年9月12日

2008年10月14日 19:28
★4
下巻になってから作品の様相が一変したような感じに・・・
狂ったように汝窯、青磁にのめりこんでいく次郎。


次郎を魅了した汝窯の青磁なるものとはどんなものか・・・過去にテレビで紹介された時に観たっきりだったので、故宮博物院のHPをのぞいてみました。
悲しいかな写真なので心が震えるほどのことはありませんでしたが、非常に美しい焼き物であることは解りました。

が・・・周りの人を不幸にし、周りの人に迷惑をかけて、そこまでのめり込むほどの物なのか!?
凡人の私には解りませんでしたわ。「魔王」探しをしてみよう。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「魔王」感想 | トップ | 「火のみち 上 (1)」感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL