途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。ごめんね、文字化けして解らないところがあるかもしれない。

ボブ・ディランで思い浮かんだこと

2016年10月14日 10時40分53秒 | watakusi事
【ボブ・ディランにノーベル賞】と昨日から話題になっている。
最初に聞いた時、ボブ・ディランって、あのボブ・ディランなの!?と思った。
私の知っているボブ・ディランって、“ガロ”の「学生街の喫茶店」で歌われていたあのボブ・ディランなんだけど、まさかね。
調べたらそうらしい。
考えたらボブ・ディランって、歌手だったのに歌は知らないよね~
あれっ!?「風に吹かれて」って、あの「風に吹かれて」なの?
流れる歌はまさしくあの「風に吹かれて」だった。
知ってる!
すご~~く若い時に聞こえていたあの歌はボブ・ディランで「プロテストソング」だったんだ!
団塊世代の次の次の世代の私たちには流れていただけの歌だったけれど、記憶に残っている。
そういう意味ではさすがノーベル賞受賞者だわ。
それにしても、ガロの「学生街の喫茶店」を聞いた時、既に過去の人だと思っていたから、今は歴史上の人になっているかと思ったボブ・ディランって意外に若かったんだね。
既にガロのメンバー、3人中2人は鬼籍に入ってるのにさ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「スキャンダル:非常に衝撃... | トップ | 2度目の「シークレットガーデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。